アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
溝!
ブログ紹介
Mizo!

mini netlabel Mizou
the unknown lovely sound from the frontier of net world
Free & Independence

いろいろな音楽を、ひっそりと紹介しています。

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed.
We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal.
zoom RSS

Starcardigan: Zhele

2017/04/01 02:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Starcardigan: Zhele
スターカーディガン「ジール」

画像



Artist: Starcardigan
Title: Zhele
Genre: Electronic Pop, Synth Pop

Tracklist:
01. Gella
02. Birdie
03. Zhele
04. Tay-na
05. Lechi
06. Electrosemafour
07. Born (Rara Aviz Rework)
08. Taxi

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
Floppy princes of pacific chill, Starcardigan (Electronic Pop, Synth pop) - one of the most progressive Russian band. Starcardigan's music is modern electro-dance and sentimental dance. Vladivostok city (East Russia) is the homeport for the band.

Album Description:
Zhele is the brand new release from Starcardigan. It is the first time they release the album. The most of album track were made by band while touring great China during from summer to autumn in 2016. You can enjoy the tastes of eight rich electronic pop. It is a mixture of soulful vocal and emotional eclectic band sound. When a deep drum beat synchronized with the human heart beat is engraved, the integration is sublimated to pure musical bliss.

Produced by Starcardigan
Mastering by Up! Up! Up! Music
Cover by Alex Zhu

Band members:
Ivan Sosnovtsev: Vocal, Synth, Guitar
Alex Zhu: Synth, Keyboard
Alex Zolotukhin: Drums
Konstantin Loskutov: Guitar

画像



For more information
www.facebook.com/Starcardigan
vk.com/strcrdgn
soundcloud.com/starcardigan
www.youtube.com/channel/UCTyKKTQbp3V0jBpaAnKBvzg
musicmama.ru/musician/STARCARDIGAN

Creative Commons License



Starcardigan: Zhele
Mizou MZ015

Starcardigan is four piece electronic rock band that active based in Vladivostok, Russia. This new one following "Men EP" released in 2015 is the first album from the band. Eight songs are recorded for the album "Zhele", and almost all of them are truly new songs. Just one last track "Taxi" which was included in "Men EP" is also appearing here. The band has frequently conducted tours in the last few years and has dramatically improved the musicality to the sound that appeals to the audience on that practical live stage training. The band who has been active in East Asia such as Korea's Indy Music Festival, participation in the outdoor big festival in China and Russia, has gained popularity in various cities and has been enthusiastically reacted. And, the most songs of album were written while the band were touring great China during from summer to autumn in 2016.

The characteristic of the sound of Starcardigan is in the fusion of electronic sound production and sentimental and emotional melody. And now more soulful melody on the vocals are prominent. Its deeply songs that appeals to the emotion gives a special taste to the sound of Starcardigan. It is obvious if you listen to the album "Zhele" that actively incorporates acoustic musical tones and that the beautiful and dreamy band sound of Starcardigan is refined. There is a dramatic music world filled with much sounds elements waiting for you. It is this Starcardigan' album that declares the beginning of the 21st century electronic disco soul music.

スターカーディガンは、ロシアのウラジオストックを拠点に活動する四人組のエレクトロニック・ロック・バンドである。15年にリリースされた「Men EP」につづく待望の新作は、スターカーディガンにとっての初のアルバム作品となる。アルバム「ジール」には、八曲が収録されており、そのほとんど全てが新曲である。前作に収録されていたお馴染みの“Taxi”が、ここにも収録されている。バンドは、ここ数年頻繁にツアーを行っており、その実践的な武者修行の中において聴衆の心と体に訴えかけるサウンドへとバンドの音楽性を格段に向上させてきた。韓国のインディ音楽フェス、中国やロシアでの野外フェスティヴァルへの参加など、東アジアの各地を精力的に回ってきたバンドは、行く先々で好評を博し、熱烈な反応によって迎えられてきた。そして、本アルバムの楽曲も、そのほとんどが16年の夏から晩秋にかけてバンドが中国をライヴ・ツアーした際に書かれたものとなっている。

スターカーディガンのサウンドの特徴は、エレクトロニックなサウンド・プロダクションと人間臭い感傷的で感情的なメロディとの融合にある。そして、ここにきてますますソウルフルなメロディのヴォーカルが際立ちつつあるのだ。その情感に訴えるような歌が、スターカーディガンのサウンドに特別なテイストを与えている。アコースティックな楽音も積極的に取り入れ、スターカーディガンの美しくドリーミーなバンド・サウンドに磨きがかかっていることは、このアルバム「ジル」を聴けば一目瞭然であろう。そこには様々な要素が入り混じるドラマティックな音楽の世界があなたを待ち構えている。21世紀のエレクトロニック・ディスコ・ソウルの幕開けを高らかに宣言するのは、間違いなくこのスターカーディガンのアルバムである。

Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


mini netlabel Mizou

2016/12/01 03:00
mini netlabel Mizou


Mademoi Selle: Bipolar Disorder (MZ001)

画像

Artist: Mademoi Selle
Title: Bipolar Disorder
Genre: Jazz/Experimental/Electronica
Country: Indonesia
Release date: 2011.01.25

Tracklist:
01. Anima Delusions
02. Hazardous
03. Psyche's Key
04. Himitsu
05. Manic Depressive

All music played by Mademoi Selle
All song written by Mademoi Selle,
except "Himitsu" written by Shiina Ringo
"Himitsu" originally performed by Tokyo Jihen
Produced by Etza Meisyara
Artwork by Etza Meisyara

more detail
download


Neko Nine: Summer is you (MZ002)

画像

Artist: Neko Nine
Title: Summer is you
Genre: Post Metal/Post Rock/Electronic/New Prog
Country: Russia
Release date: 2011.10.25

Tracklist:
01. Breathe In
02. Some people are not like me
03. Summer is you
04. What can you feel when the day dies
05. Supernova
06. NeverNeverNever
07. Ayumu (interlude)
08. Let me explode
09. I wanted to be
10. Breathe Out
11. My stars I - Shining
12. My stars II - Colours of your little universe
13. My stars III - My stars so cold
14. My stars IV - Birds come home

Produced by Neko Nine
Mix & Mastering by Neko Nine
Artwork by Neko Nine

more detail
download


Vasteras: Made of Reeds (MZ003)

画像

Artist: Vasteras
Title: Made of Reeds
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock
Country: Russia
Release date: 2011.11.28

Tracklist:
01. Jah
02. The Children of Birobidzhan
03. Adult Movies
04. On the Surface
05. Britney
06. From Dusk Till Dawn
07. You don't believe in tears (Shura cover)

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

more detail
download


The Cell #4: Scorching Heat (MZ004)

画像

Artist: The Cell #4
Title: Scorching Heat
Genre: Visual-Core/Post-Hardcore/Nu-Matal
Country: Russia
Release date: 2012.02.20

Tracklist:
01. 011010#Error#
02. Grave of firefly
03. White curtain
04. Cutting edge
05. Dead past
06. Paper crane
07. Forgotten
08. Velvet dream on a water smooth surface

Produced by The Cell #4
Mix & Mastering by Semen 'Venomous' and GASWRENCH RECORDS
Artwork by Irina Guseva

more detail
download


Radiomaniac: 1st Transmission EP (MZ005)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: 1st Transmission EP
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Shoegaze/Noise
Country: Russia
Release date: 2012.08.27

Tracklist:
01. Gulliver (Side Effects Of Modern Psychotropic Substances)
02. It
03. You're On Air!
04. PS: Hallelujah
05. Radiomaniac (bonus)

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Aurora: Occur outside of the binary field EP (MZ006)

画像

Artist: Aurora
Title: Occur outside of the binary field EP
Genre: Post-Rock/Ambient/Experimental
Country: Russia
Release date: 2012.11.07

Tracklist:
01. A fight finishes
02. Bare feet in the clouds
03. Bright lanterns flash
04. Under the layer of north ices

Produced by Alexander Chernenko
Mix & Mastering by Klinovoy Stanislav, Alexander Chernenko
Artwork by Guborev Georgiy, Alexander Chernenko

more detail
download


Radiomaniac: 2nd Transmission (Single) (MZ007)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: 2nd Transmission (Single)
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Shoegaze/Noise
Country: Russia
Release date: 2012.12.01

Tracklist:
01. HTRK Sakhalin
02. Anti-Matter
03. Butterfly's Cry

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Radiomaniac: Antenna Theory (MZ009)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: Antenna Theory
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Noise
Country: Russia
Release date: 2013.10.10

Tracklist:
01. Radiomaniac
02. Gulliver: Side Effects Of Modern Psychotropic Substances
03. Human3D
04. It
05. It: Another Touch
06. Hollywood
07. PS: Hallelujah
08. Spear Of Mars And Belt Of Venus
09. Birds

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Radiomaniac: Syndrome (MZ010)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: Syndrome
Genre: Post-Rock/Experimental/Altanative
Country: Russia
Release date: 2014.10.10

Tracklist:
01. Endorphin
02. Nevazhno
03. Samozvantsy
04. Deti Tsvetov
05. Leto
06. Gorod
07. Sensatsia
08. 12.8 (~13)
09. Plohoy Otets
10. O4
11. Sindrom
12. Sad Zemnyh Naslazhdeniy
13. Vse Chto Ty Mog Skazat'

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


ETZA: Surreal (MZ012)

画像

Artist: ETZA
Title: Surreal
Genre: Electronic/Experimental/Glitch/Psychedelic
Country: Bandung, Indonesia
Release date: 2014.10.01

Tracklist:
01. Mischievous
02. Surreal
03. Marionette Opera
04. Karat
05. Lady Mercury

Produced by ETZA
All Songs by Etza Meisyara
Mix & Mastering at Escape Studio, Bandung, Indonesia
Artwork by Zico Albaiquni

more detail
download


Vasteras: Glamour EP (MZ013)

画像

Artist: Vasteras
Title: Glamour EP
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock
Country: Yaroslavl, Russia
Release date: 2015.01.25

Tracklist:
01. Glamour
02. The Shop
03. Yard
04. Paranoia
05. Touch Me

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

more detail
download


Starcardigan: Men EP (MZ014)

画像


Artist: Starcardigan
Title: Men EP
Genre: Electronic Pop
Country: Vladivostok, Russia
Release date: 2015.10.10

Tracklist:
01. Signal
02. Men
03. Raw
04. Taxi

Produced by Starcardigan
Mix & Mastering by Dmitry Tsyganok, Alexandr Frakiyskiy and Ivan Sosnovtsev
Artwork by Alexey Novikov

more detail
download
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Starcardigan: Men EP

2015/10/10 01:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Starcardigan: Men EP
スターカーディガン「メン」

画像


Artist: Starcardigan
Title: Men EP
Genre: Electronic Pop

Tracklist:
01. Signal
02. Men
03. Raw
04. Taxi

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
Electronic music band Starcardigan is homeporting the city of Vladivostok, Russia. Members of the band name themselves as the floppy princes of the pacific electro music.

Album Description:
Men EP is the second release by Starcardigan. Four different songs are presented with sentimental character, those sounds so melancholic but powerful in the electronic music style.

Produced by Starcardigan
Mix & Mastering by Dmitry Tsyganok, Alexandr Frakiyskiy and Ivan Sosnovtsev
Artwork by Alexey Novikov

Band members:
Ivan Sosnovtsev: Voice, Guitars, Effects.
Aleksandr Frakiyskiy: Keyboard, Software service
Alexandr Zolotukhin: Drums
Konstantin Loskutov: Guitar

画像



For more information
www.facebook.com/Starcardigan
vk.com/strcrdgn
soundcloud.com/starcardigan
www.youtube.com/channel/UCTyKKTQbp3V0jBpaAnKBvzg
musicmama.ru/musician/STARCARDIGAN

Creative Commons License



Starcardigan: Men EP
Mizou MZ014

Starcardigan is an electronic rock band that formed at Vladivostok of Russia, now four members belong to this group. Band members are Ivan Sosnovtsev on vocal & guitar, Aleksandr Frakiyskiy on keyboard, Alexandr Zolotukhin on drums, and Konstantin Loskutov on guitar. "Men EP" was released in summer of 2015, it is the second EP from Starcardigan. This release is the latest work of the band, it might be the uppermost sample to hear the sound of the current Starcardigan. By the way, Their debut EP "Tash" have been released in last year. (In the near future, this EP is going to be re-released from Mizou.)

The sound of the Starcardigan is characterized in the fusion of electronic sound production and sentimental emotional melody. Electronic pop since the 1980s, a wide range of rock music from country to psychedelic, further techno and ambient, so many musical elements are combined, Starcardigan did create a unique beautiful and dreamy band sound. In the four songs have been recorded for this "Men EP", and you will be able to take listening to the abundance of style and the huge size of variety of the sound. A dignified strength, a floating of melancholic feelings, a frustration like standing hangnail, a pathos at dusk, a hope like shuguang of the sunrise. Starcardigan show us the various expressions in each song. They have a great drawer as the band. As there was U2 or Stone Roses in the era of the 20th century, it will become a sound like Starcardigan when the good meaningful music is expressed by young sense of this era.

The popular music in this century continues to be updated on a daily basis. The responsibilities of such a big undertaking is on a highly creative young artists like the Starcardigan, it is no doubt.

スターカーディガンは、ロシアのウラジオストックを拠点に活動する四人組のエレクトロニック・ロック・バンドである。メンバーは、ヴォーカル&ギター担当のイワン・ソスノフツェフ、キーボード担当のアレクサンドル・フラキースキー、ドラムス担当のアレクサンドル・ゾロトゥヒン、そしてギター担当のコンスタンティン・ロスクトフ。「Men EP」は、15年にリリースされた、スターカーディガンにとっての二作目のEPとなる。このリリースが、バンドにとっての最新作であり、現在のスターカーディガンのサウンドを知るための最上の資料となるはずである。ちなみに、デビュー作の「Tash」は14年にリリースされている(近いうちに、ミゾウから再リリースされる予定である)。

スターカーディガンのサウンドの特徴は、エレクトロニックなビートやサウンド・プロダクションと感傷的で感情的なメロディとの融合にある。80年代以降のエレクトロニック・ポップ、カントリーからサイケデリックまでの幅広いロック、さらにはテクノやアンビエントなど、実に多くの音楽的な要素を取り入れて、スターカーディガンは独特の美しくドリーミーなバンド・サウンドをクリエイトしている。この「Men EP」に収録されている四曲においても、そのサウンドのヴァラエティの広さやスタイルの豊富さを聴き取ることができるだろう。凛とした力強さやメランコリックな浮遊感、ささくれ立つような焦燥感、うらぶれた哀感、朝日の曙光のごとき希望など、スターカーディガンは曲ごとに様々な表情を見せてくれる。非常に器の大きいバンドである。20世紀という時代にU2やストーン・ローゼズがいたように、今のこの時代に今のこの時代の若い感性を音楽にして表現するとスターカーディガンのようなサウンドとなるのであろう。

毎日のように時代の中でポップスは更新され続ける。その大きな仕事の一端を担っているのが、スターカーディガンのような創造性豊かな若いアーティストたちであることは間違いない。


Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Vasteras: Glamour EP

2015/01/23 03:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Vasteras: Glamour EP
ヴェステロース「グラマーEP」

画像



Artist: Vasteras
Title: Glamour EP
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock

Tracklist:
01. Glamour
02. The Shop
03. Yard
04. Paranoia
05. Touch Me

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
We are the group of absolutely four different people of the city of Yaroslavl, and we are doing one common serious work under the name Vasteras. Lyrics contain laughter, fun, grief, mockery, absurdity, idiocy - you will find all these elements in our songs. We don't want to be identified in any certain style, and we will turn it out. As it manages - to be judged already precisely by you all our listeners. Our songs aren't enclosing a message to something, everyone finds the reasonable meaning if there is a will to find out it.

Album Description:
This is the 2nd EP from Vasteras. Mizou and the rest of the world had to wait about three years from the previous EP. We are able to hear the more solid sound of the band in this brand new release.
Very crispy five new songs have been recorded. There is no significant change in the characteristics of the aggressive pop music of Vasteras. The phrasing of the guitar and vocal melodies increased more mature taste. Rhythm section works strictly for the music that are tighten and skillfully.
So vivid authentic rock sound from Russian ancient city Yaroslavl. This will give a little impact to the good rock music listeners of world wide.

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

Band members:
Denis - Guitar
Alex - Bass
Nastia - Vox
Slava - Drums

画像

(L→R) Slava, Nastia, Alex, Denis

For more information
vkontakte.ru/vasteras
twitter.com/VasterasRock
soundcloud.com/ganich-1
www.facebook.com/pages/Vasteras_band/1452902301638229

Creative Commons License


Vasteras: Glamour EP
Mizou MZ013

Vasteras is one of the band that have had the most rock 'n' roll right now. We do not know what is the certain meaning to having the rock 'n' roll in this 21st century world. However, to have the rock 'n' roll would have been required any meaning or something. In any time of the era, to rock 'n' roll was only to rock 'n' roll without having any purpose. It has changed nothing from the origins of rock 'n' roll until now.

Vasteras is a band to rock strongly in instinct. They do not care about the quality of style, nor saving the appearance. As sobering four young man/woman of Yaroslavl, they sing their song and play their rock music. You do will understand, currently this is the most rock 'n' roll-esque activity. Would you think to rock 'n' roll is mostly outdated? If you listen to the Vasteras, it will be answered to the questions for the present rock 'n' roll immediately and surely appreciated.

The sound of Vasteras has a very aggressive pop taste. Its flesh is one in which have followed the texture of fresh expressions that learned from Brit pop of the nineties. Nothing is novelty at here. But, it's enough groovy and melodic pop rock. We wonder this just have all needing elements already. Is it still missing something?

This glamorous EP may give just a little impact to the world. Vasteras is trying to quest new phase with this Glamour EP.


Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Radiomaniac: Syndrome

2014/10/09 01:30
Mizou mini netlabel proudly presents

Radiomaniac: Syndrome
レディオマニアック「シンドローム」

画像



Artist: Radiomaniac
Title: Syndrome
Genre: Post-Rock/Experimental/Altanative

Tracklist:
01. Endorphin
02. Nevazhno
03. Samozvantsy
04. Deti Tsvetov
05. Leto
06. Gorod
07. Sensatsia
08. 12.8 (~13)
09. Plohoy Otets
10. O4
11. Sindrom
12. Sad Zemnyh Naslazhdeniy
13. Vse Chto Ty Mog Skazat'

Cover Image

Download
And also, Visit
Archive.org

Album Description:
This is a NEW album of Radiomaniac. And also, for the Radiomaniac, it is the album that consists the vocals on their music for the first time. We encountered the SONG of Radiomaniac here. What about it. Radiomaniac have been transformed into the top level alternative rock band in the world suddenly. Emotional vocals ride on a heavy sound with much dignity. Here is a new royal road inherit the edgy rock sound, you've heard so far from London, New York, and Seattle, US west coast. Newly born Radiomaniac is trying to convey something actively to us with nature given songs. Open up the ears. The radio wave syndrome has been originating from Sakhalin.

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

Band members:
Vladimir Gorbachev - Guitar
Yuri Che - Vocal
Egor Rychkov - Bass
Danil Khazhainov - Guitar
Andrey Tryastsin - Drums

Band Description:
Radiomaniac is fivesome from the island of miscegenation. These talented dudes have a variety of differences of the complexed roots. A rare musicality has been established by the each band member who brings their piece up to the one place. They are inspired by Dali paintings, vinyls of Sonic Youth and Nirvana, video clips of The Prodigy, David Lynch movies, factories, mines, urbanism, sound effects, untuned guitars, defective sound receivers, happening art, endless night conversations, music of Mogwai, Radiohead, 65daysofstatic, Joy Division, Pink Floyd, HTRK, Velvet Underground, Television. In general, the band's aim of sound seems to be if Thom Yorke, Thurston Moore, Dominic Eitchison and Stephen Morris play together just like 65dos covering Nirvana in the spirit of NIN. Radiomaniac try to create it with mixing the textural noisy guitars, powerful drum, dope bass lines and twisted electronic sounds.

For more information
http://www.lastfm.ru/music/Radiomaniac
https://www.facebook.com/radiomaniacband
http://www.facebook.com/groups/274072889367290
https://twitter.com/radiomaniacband
http://instagram.com/radiomaniac_band
http://www.youtube.com/user/RadiomaniacOnAir
http://vk.com/radiomaniacs
http://www.discogs.com/artist/Radiomaniac
http://radiomaniacs.tumblr.com

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Radiomaniac: Syndrome
Mizou MZ010

2014年、レディオマニアックはバンドとして新たな段階に突入した。これまではサハリンを拠点とする四人組のポストロック・バンドとして活動してきたわけであるが、彼らは今そのポストロックというもののさらなる先へと大きな一歩を踏み出しつつある。
このセカンド・アルバム“Syndrome”の制作が開始された時期、レディオマニアックはバンド内に大きな変化の動きを抱えていた。まずは、新たにギタリストのダニル・カザイノフ(Danil Khazhainov)をメンバーに迎えて、五人組のグループへと増員されたのである。そして、この新メンバーの加入に伴い、これまでギターや時にはベースを担当していたユーリ・チェ(Yuri Che)がヴォーカルに専念することとなった。さらには、バンド結成時からのメンバーであったベーシストのアンドレイ・R(Andrey R)がバンドを去り、新たにイゴール・ライチコフ(Egor Rychkov)がライン・アップに加わっている。現時点でのレディオマニアックは、ギターは元々デヴィルディテイルズと名乗っていたウラジミール・ゴルバチョフ(Vladimir Gorbachev)とダニル・カザイノフの二人が担当しており、ベースにはイゴール・ライチコフ、ドラムスにアンドレイ・トリアスツィン(Andrey Tryastsin)、そしてヴォーカルがユーリ・チェという編成となっている。
ファースト・アルバム“Antenna theory”のリリース以降、ハードでヘヴィなサウンドを身上としインストゥルメンタル曲を主体とする制作を行ってきた四人組のポストロック・バンドに、非常に大きな変容のときが訪れていたのである。五人組となったレディオマニアックは、サウンドの緩急や音色の強弱だけに特化した方向性ではなく、言葉や歌声やメロディという面にもバンドの音楽表現を拡大させてゆく道を選択したのである。
今回のアルバム“Syndrome”は、レディオマニアックにとって初のヴォーカル入りの楽曲で構成されたアルバムとなった。ユーリ・チェのヴォーカルを前面に押し出した新たな五人でのサウンドは、やはりかなりこれまでのレディオマニアックとは趣きを異にしている。奔放に暴れ回るノイジーなギターが印象的であった、複雑に絡み合うフレーズと劇的な展開によって構成されていた楽曲は、しっかりと歌を聴かせることに重きを置いたメリハリのある構成が整然と展開されるものとなっている。そういう意味では、少しばかり大人しくなってしまっているように思われてしまうかも知れない。しかし、実際にはこれは、これまでは終始全力で情感を楽音に込めてほとばしらせるアンサンブルを得意としていたレディオマニアックが、ユーリ・チェのヴォーカル転向とともに人間の声という究極のアコースティックな音響を中心に据えた一歩進化したサウンド表現を身につけることへと向かったということなのである。怒濤の放出感を抑制しながらも音で微細で繊細な情感を伝える表現力が、新たなレディオマニアックの作品には備わっている。ただし、楽曲中の熱い盛り上がりを見せるパートでは、実にレディオマニアックらしい天を衝くが如きアグレッシヴなバンド・アンサンブルやすさまじくフリーキーなサウンド・プロダクションも聴くことができるであろう。レディオマニアックは、サウンドの緩急や幅や奥行きの表出にさらなる磨きをかけているのである。
また、ユーリ・チェによってロシア語で歌われるメロディは、ゆったりと流れる川のような穏やかさをたたえながらも、アジア的な哀愁や細かな感情のうねりを表出させるものとなっている。このようにバンドのサウンドが主としてメロディアスな指向性をもつようになったことで、独特のクールさをもつサイケデリックな色合いや一種のドスのきいた情感の深みのようなものも前面に出てくるようになってきている。こうした点も注目に値するだろう。レディオマニアックは、より深い味わいのあるサウンドを獲得しつつある。
ユーラシア大陸の東の端、世界の中心から遠く離れた島、サハリンで歌われるロックは、この場所でしか歌われないであろう歌となる。しかし、それをレディオマニアックは、敢えてモダンなオルタナティヴ・ロックの様式や語彙を使って歌ってみせるのである。そこには自分を受け入れてくれない世界があり、自分を見捨てて通り過ぎてゆく世界があり、くだらない現実があり、くそったれな社会があり、自由を与えない国があり、地下世界の自由があり、キチガイだらけの街があり、飛び出した家があり、ギクシャクした親子関係があり、欲望があり、冷ややかな視線があり、愛があり、憎しみがあり、現実逃避があり、アンビヴァレントな感情がある。レディオマニアックは、それを真摯かつ丁寧に歌い上げ、時にセンセーショナルな言葉を使って対象に向かって深く鋭く切り込んでみせる。その様式は、実にロック的なものだといえる。わたしたちが、これまでに聴いてきたロックの系譜にそのまま通ずるもののように聴こえたりもするだろう。だが、それが、あの島で歌われるときには、それはやはり特別な歌とならざるを得なくなるものがある。それはレディオマニアックがそこで歌うことに対して、どこまでもついて回る宿命にして、宿業でもある。ロシアの国旗の色に塗られたバスが街を走る。大いなる父は、島を見捨てようとする。小さな子供の碧眼に消しがたい悪が宿る。
ポストロックのその先には、やはりオルタナティヴ・ロックの王道がまだ続いていて、レディオマニアックはそこに激情と叙情が交錯するサウンドを携えて足を踏み入れた。サハリンという極東の島が世界的なレヴェルのオルタナティヴ・ロック・バンドを輩出しようとしている。そんなことは、にわかには信じがたいだろうか。だが、このアルバム“Syndrome”を聴けば、今実際にそこで何が起きているのかがわかるはずである。レディオマニアックは、明らかに殻を突き破って世界を/世界へと飛び出そうとしている。
レディオマニアックは、まだデビューから僅か二年でありながらも実に大きな変化/進化を遂げてきた。もしかすると数年後には今とは全く異なるサウンドを出しているかもしれない。レディオマニアックとは、常に変化するバンドである。ゆえに、その変わりゆく過程を追い、現在進行形の今をとらえ続けてゆくことが重要となる。この“Syndrome”は、レディオマニアックの現在のサウンドと、2014年における最も良質なオルタナティヴ・ロックのひとつのエピックを聴くことのできるアルバムである。

Liner notes by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ETZA: Surreal

2014/10/05 17:00
Mizou mini netlabel proudly presents

ETZA: Surreal
エツァ「シュルリアル」

画像



Artist: ETZA
Title: Surreal
Genre: Electronic/Experimental/Glitch/Psychedelic

Tracklist:
01. Mischievous
02. Surreal
03. Marionette Opera
04. Karat
05. Lady Mercury



Cover Image

Download

Produced by ETZA
All Songs by Etza Meisyara
Mix & Mastering at Escape Studio, Bandung, Indonesia
Artwork by Zico Albaiquni

Band members:
Etza Meisyara - Vocal, Sound Electronica & Guitar
Adityo Saputros - Guitar, Sound Ornament & Backing Vocals

ETZA is a music & sound project that combines all the possibilities of any musical genres.

ETZA is a project by Etza Meisyara and Adityo Saputros. At 2009, they had a Swing / Jazz band which named Shaftesburry. After the band were break up, Etza Meisyara created a postrock, ethnic & shoegaze band (Resiguru) as a guitarist and vocalist. Adityo also made a psychedelic rock band (Fa'al) and joint in a Swing band (Under My Pillow) as a guitarist. Since March 2014, they have been trying to combine all the possibilities of any genres as they were experience before. Psychedelic, Shoegaze, Ethnic, Jazz and Electronic Glitchy beats.

They also have an interest in Sound art. They were gradueted from Art & Design college. Etza Meisyara had gradueted from Intermedia New Media Art ITB and Adityo had graduated from Product Design ITENAS. So besides by playing music on the stage, they have any method by doing an experiment in music at the public space and at the art gallery to create an ambience.

They had a collaboration with the musician & experimental artist. As they did before in Singapore with Arif Ayab (Reef) and Jordan on The experimental event "Terra Clout Union" & There were also join the Sound Performance with Gulayu Arkestra at Lassale College of Art Singapore. After that, they were also had a collaboration with Kubilai khan Project from France on the event "Constellation". They were also had a collaboration with Sergey Onischenko a solo project from Ukraine "Make like a tree". They were performing at Aliwall Street Singapore, Lasalle Collage of Art, Lawangwangi Art Space, Institut Français d'Indonésie, and many more.

http://etzaproject.wix.com/etza

画像


ETZA is a unit consisting of Etza Meisyara and Adityo Saputros. This is the debut EP for this experimental psyche electronic music duo.
Adityo and Etza have done a significant activity in the indie rock scene of Bandung for the past few years, as the solo artist and also as a member of post-rock, shoegaze, psychedelic rock bands in each. However, two talented artists who had been a member of the same swingy jazz rock band once, resumed musical collaboration again in this year. Old fellows summarize the results of the new collaboration, it becomes this Surreal EP.
Etza Meisyara is supposed to do an artist residency program of experimental art in Iceland from this fall. Therefore, this Surreal EP is going to be the culmination of the time being for her activities as an indie artist in Bandung.
ETZA's fine psychedelic rock serenade would invite you to the ocean of images. There is the deeply, the jelly-like, the full of color world. Time turn the screw. Consciousness confused. The beyond the sound of the surreal, it would be heard the illusion of 4AD and Creation from ancient ages. Experimental music spirit of the 21st century found a horizon that are trying to extend from the inside alternative rock tradition. Sounds are awakening. ETZA echos transboundary.

ETZA 2014
All Rights Reserved
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


誰が孤独を歌うのか(七)

2014/04/01 02:00
誰が孤独を歌うのか



近代の社会は、本質的にそれをひとつの社会として成り立たせている根幹の部分に決定的な歪みを孕んでいる。人間の集団の中に芽生える歪みを補正しつつ、集団の構成員としての民衆/人間たちを隙間なく配置・併置してひとつのまとまりを形成し、閉じた運動体としての機能を辛うじて達成させたものが、近代の社会というものであった。その根本にある、どこまでも痼りとして残り続ける歪みの存在は、この人間世界の近代化以降の250年間にずっと指摘され続けてきた悪性の腫瘍だといってもよいだろう。近代の社会は、その始まりから現在にいたるまで、常に歪んでおり、いびつであり続けてきたのである。人間と人間の関係/(近代の)社会的(人間)関係には、何らかのいびつさが、常に伴っているといってもよい。そこにある小さないびつさの上に(それをいびつだと見なすことなく)さらに(見過ごされた)いびつさを重ねてゆくことで形作られるのが、この社会というものなのである。
その時々の症状や症例に合わせて、社会は自らの孕んでいる歪みを巧妙に覆い隠す術を身につけてきた。その一時的な覆い隠しの動き/働きが、さらなる新たな歪みの種を生み出すことになるのは、最初からその社会の機構にとっては計算済みのことである。みすみすそこにある歪みを悪化させて露呈したままにしてしまうよりは、新たな歪みの種の状態にまで社会の中の歪みを一旦縮減させておき、その歪みの種が目に見える歪みへと膨らみ出してきた際に、再び一時的な覆い隠しをしておけばよいだけの話なのである。この、歪みを覆い隠し続ける機能は、社会の中の歪みが大きな壊滅的亀裂に発展することを抑えるのには非常に効果的なものであった。こうして巧みにその場しのぎを行い、小さな歪みや歪みの種には目を瞑って(時間的な猶予を作り出し)先へ先へと進んでゆく機構や機能こそが、近代社会のシステムの発展/巨大化を支える大きな特徴であった。
だが、ここ十数年の急激で急速な時代の変化の中で、絶えず進化と進歩を遂げてきた近代の社会は、そうした歪みやいびつさをあまり巧みに覆い隠せなくなってきてしまっているようにも思える。これまでは、あまり目につかないものであった無惨で悲惨な歪みが、社会の至る所で露になってきているのである。自浄能力をもつ社会の仕組みによって巧妙に覆い隠されて、あまり目につくものではなかった歪みやいびつさであるから、現代に生きる人々は、それほどそうした社会の表層に露呈している歪みやいびつさに真正面から目を向けることには慣れていない。それは、少し前までは見えても(社会の歪みやいびつさには)見えないものであったのだ。道端の石ころや雑草を見ても、ただの石や草にしか見えず、それが何を意味しているものであるのか/何の徴であるのかに全く思い至ることがないように。そうした歪みやいびつさの露呈を目の当たりにしても、それが何であるのかを正しく明確に認識することは(まだ)できていないのであろう。または、それを見て、何か社会的な違和感のようなものに思い当たったとしても、自分ひとりの力ではどうすることもできないと(その歪んでいびつな社会の常識に照らし合わせて)思考をし、ついつい見て見ぬ振りをしてしまったりするのである。
近代以降の時代に生きる人間は常に前に進んでいないと言い様のない不安に苛まれてしまうという変な性質を身につけるようになってしまったようである。何かを乗り越えて前に進むということが、人間の生の活動にとって非常に重要なことと(見なされるように)なったのである。とりあえず歪みを応急処置的に覆い隠しておくような前進でも、その歪みを不安に思って一歩も前に進めなくなってしまうよりは大分ましなのである。人間とは、より生きやすい、よりよい環境を求めて、あくまでも前に進むものなのだ。より自由に活動できる環境を作り出すために、限定的な特権と人間の人間による封建的な支配体制を廃止し、次々と人間を縛り限定する規制が緩和されていった。こうして近代の(自由な主体性をもつ人間による)社会へと解き放たれた近代人たちが形作る社会は、より社会化が進み、民主主義化されたものになってゆくこととなった。それまでにあったよいものは、より風通しの良いところに引っ張り出されることによって、多くの人々の手に支えられて、さらによいものとなってゆく。そうした人間の生におけるよさの拡大により、人間は少しずつでも前に進んでいることを実感する。このような人間の生の形態の進化と前進こそが、集団や共同体を成立させていた規制を緩和することを通じて現代の社会が到達を夢見る民主主義的理想の追求の形態そのものなのだもといえる。
だが、現実には理想通りには決してなってはいない。厳しい規制によって不可侵のままに保たれていた人間を人間らしくしていたものが、その規制の緩和とともに一斉に地べたへと勢いよく引き下ろされてしまった。そこでは、これまでには考えられなかったような大量の粗雑なものが生み出され、それまでにあったよいのものを数と量で圧倒して蹴散らして蔓延るようになる。規制緩和の動きは、新しい時代の病理の素を広く津々浦々までまき散らす役割を全うするというあまりありがたくない機能をも果たしたようである。これによって、本格的に深刻な近代の病が一気に発症した。そして、病で免疫力を失い露になった歪みやいびつさから溜まっていた膿が噴き出すと、社会の動きは著しく滞り、硬直し、そのまま死に至るということにもなりかねない。新たな歪みの種をまき散らしながらもしぶとく蘇生して、何度も生き返った/何度も生き返らせられた近代社会のシステムが、ここにきて本当に立ち行かなくなりつつあるのである。

そんな現在の社会において、そうした社会のあり方をある意味で象徴するかのような形で国民的な人気を獲得しているアイドル・グループがある。それが、言わずと知れたAKB48である。年末も、年始も、そして3月11日の前後も、特別な日も普通な日も関係なく、彼女たち(のうちの誰か)の姿をテレビ等のマス・メディアを通じて見かけない日は、もはやない。いつどこを見てみても、当たり前のように、そこにAKB48はいる。テレビでCMばかりが流れる時間帯であれば、一分間のうちに複数回その姿を見ることだって可能であろう。
AKB48というアイドル・グループは、ひとつの大きな経済活動や現代型のビジネスのモデルとして、この社会のもつ消費と快楽の欲望を最大限に有効に引き出し、それに律儀に経済原理に則して応対し、大衆の消費行動の有り様に最も的確に幅広くフィットすることで、非常に大きな成功を収めるにいたった。いまやリリースするシングルは、軒並み100万枚以上の売り上げを記録(12年5月23日に発表された“真夏のSounds good !”は、選抜総選挙に投票するためのシリアルナンバーカードが特典としてついていたこともあり182万枚を売り上げている)し、11年と12年の年末には二年連続で日本レコード大賞を獲得している。
選抜総選挙と呼ばれるメンバーの人気投票への投票権や握手会イベントへの参加券などが特典としてついた1600円のCDを短期間に大量に売りさばくのが、いわゆるAKB商法といわれているものの特徴である。そこでは、もはやCDは、歌や音楽を記録した半永久的な再生用の媒体というよりも、そのパッケージに封入されている幾つものヴァリエーションのある特典と抱き合わされることよって賞味期限/消費期限つきの生ものの一部に変質させられてしまっているといってよい。そして、その商品の価値を安いものにするのも高いものにするのも消費者の消費行動次第となる。特典付きCDの価値は、それを手にした消費者がそれをどれくらい消費するかという意思や行動によって決定されるのだ。そこではCDは買って聴くだけのものではなく、消費者に多くの楽しみをもたらす予約券のようなものになる。購入したCDを聴く必要は、もはやない。よりよい特典を手にするために同一のCDを大量に購入したとしても、聴くためのCDは一枚あれば十分だろう。全ての選択の自由は消費者側に委ねられている。そして、その選択肢に多くの幅を設けて消費者の消費欲望を煽るだけ煽るのが、売る側の巧みや戦略でもある。目の前にズラリと並べられた商品を積極的に消費すればするほどに、AKB48というアイドル・グループが提示する娯楽性をエンターテインメントとして楽しむことのレヴェルも相対的に上昇する。ただし、それによって消費者にとってのその消費行動がもつ価値は高まるが、それと同時に、その商品のCDとしての価値は破壊的なまでに下落することになる。しかし、それは、旧来の伝統的な音楽を聴くという単一的な娯楽性しかもたないCDの価値でしかないのだ。AKB48は、音楽CDに新しい時代の娯楽性と消費者向けの価値を付加してみせたのである。AKB48のCDとは、もはや音楽CDなどという時代遅れのものとは根本的にその性質を異にしているのである。
だが、そうしたAKB48型のエンターテインメントのあり方は、あまりにも歪みやいびつさが露になった現代的な経済原理と密接に寄り添い、それを反映し俗悪なまでに増長するものでありすぎるようにも思える。大きく成長するために(狡賢いまでに頭を働かせ)真っ直ぐに前に進むことが近代社会の基本的な精神原理であるからには、このやり口は確かに正しい。だが、明らかにいびつな様相をもつものでもある。こうした巨大な規模の特典商法を繰り返し行うことで、莫大なまでに膨れ上がった消費者の消費欲望は一時の快楽を伴う娯楽とダイレクトに交換される金銭という形で生々しく引き抜かれ続ける。そして、AKB48は、その大衆向けサーヴィス産業の最も素朴で高度な超商業主義的集金モデルによって、徹底的に日本のアイドルというものをおもしろくないものにしてしまったともいえるのである。70年代に始まり、80年代に黄金期を迎えた、日本的な「かわいい」の感覚をひとつのスター・システム的な形で発露させたアイドル現象やアイドル文化というものが、そのシステムが当初からもっていた戦略的運営のメソッドを極限まで押し進められて、末端の末端にまで高度資本主義的/新自由主義的イデオロギーを行き渡らせた形態として完成させられたAKB48の大成功/大勝利によって、完全に焼け野原と化してしまったのだ。AKB48が通った後には、もはやしばらくは新たに草木は育つ気配さえなくなってしまうのではなかろうか。郊外の大型量販店的な雰囲気消費にも対応しているABK48は、それまでのアイドル現象やアイドル文化が孕んでいた「かわいい」を特権化し商品化して猛烈な勢いで消費する閉じた歪みやいびつさというものを、まるで抉り出すかのように露にしてエグい記号化の果てに拡大再生産させてしまった観がある。
始まりの時から存在していた歪みを一気に露にしてしまうことで、それ以前にはそれが当たり前のこととして少々ウネリながらも流れ続けていたものが根底から破壊され歪みがバイパス化されて危機に瀕することになる。AKB48以降のアイドル現象やアイドル文化は、思いきり開き直るかひたすらコンセプチュアルでマニアックな在り方に偏るかのふたつにひとつの選択を迫られている。そこでは、完全にメタメタな別ものに突き進んでゆく傾向が強まっており、もはやそれまでの素朴なアイドルらしいアイドルの様式は取り戻せなくなってしまったといってよい。100万単位で売ろうとする機能に長けたAKB48だけが大量に蔓延り、過当競争に敗れた弱小アイドルたちは蹴散らされ駆逐され華々しい成功の影の土台とされてしまう。これは、アイドルの世界のことであるが、まるで社会の縮図を見るようでもある。

何が、こうした歪んだ社会の構造を明るみに出し、それを増長させているのか。あらゆるものが多様化し多層化してゆくにつれて規制緩和で開けた道にできた泥濘のスレスレをすり抜けて巧妙に儲けようとする商業マシーンが、なりふり構わぬ動きを見せるつつあるように思われる。そして、そうした動きは、一旦ぬかるみに足を奥にまで踏み入れてしまうと後戻りできなくなり、ジワジワとその動きを進行させ、激化する競争の中でぬらぬらと一気にその動きをエスカレートさせてゆくことになる。こうした雪崩式に無茶苦茶なものなりつつある社会/経済活動の動向おいて、実に当たり前のものにして有りがちな人間の欲求や欲望にダイレクトに訴え、巧みに広範囲から小銭を掠めとるように儲け続けている狡猾な大人たちが存在していることは、間違いなく(とてもそうは見え難い部分もあるが)大きな問題である。現代の社会/経済のシステムは、強者のための勝利の方程式を強化する仕組みとして、巧みに使い回されるだけのものとなりつつある。狡猾なものたちは、上の方にも下の方にも明るいところにも暗いところにも(あらゆる階層に)潜んでいる。つまり、その詐取/搾取/詐欺の手口の基底にあるものは、近代社会とその社会の中に巣食い/強化されていった透徹された資本主義経済が生み出した「声の大きい」詐欺師(いかさま師)が、その体質を肥やしながら(大衆/万人にとって分かりやすい形で)前進する動きを稼働させる(社会における正当性をまとった)規範(ルール)そのものなのである。それが、いびつな社会の正当性に裏付けされた方向性を確信して、この社会全体に深く(根深く)浸透しきっているのだ。

どこまでも前進して今の自分より成長した自分になりいと願いつつ、今あるものは決して失いたくはない。それゆえに、次第にあまり変わりたくないという思いの方が大きくなってくる。だが、そのように思えてくるのは、今ここに永続的に保持したいものがあり、今この社会に生きるメリットのようなものを何かしら現状において得ているからにほかならない。絶対に手放したくないものが、今現在その手の中には、しっかりと握られているのである。そして、そうした前進し続けようとする社会の周縁部には、変わりたくても変われない人々が存在している。積極的に生きようとする意志を不可抗力的に挫かれ、消極的に静かにひっそりと貧しく生きる生活から変わってゆけなくなっている階層が、そこにはある。そんな、変われずにもがいている層にも様々な様態があることに目を向けること。そこにある目に見えないものを見ることこそを、この問題の解決へ向けての第一の突破点とするべきであろう。社会のデコボコの穴に小さく弱いものたちを押し込めているのは誰なのか。この社会の構造を固定化させる動きに騒々しく賑やかにエネルギーを注ぎ続けているのが、上から下まで様々な階層に存在している宣伝と広告の技術に長けた声の大きい詐欺師たちでることは間違いない。そこで景気のよい掛け声とともに振り回されているのが、過去の成功モデルだろうが、現在の成功モデルだろうが、それらの粗雑なミックスであろうが、このいびつな社会構造をある意味では狡猾に利用して、詐取システムをピンポイントで稼働させ、巧みに搾り取ってゆく機構が堅持されていることに全く変わりはないのだ。そして、その底辺では乾涸びているものたちが、ますますカスカスになってゆくことになるのである。

AKB48を批判することは、決して間違ったことではない(正確には、AKB48の音楽以外の部分を主として批判することであろうか)。その極端な商売のやり方の面からのみでなく、文化や娯楽・芸術といった側面からも猛然と批判がなされなくては、この国の社会も大衆もこのまま恐ろしいほどの勢いで没落してゆくことになるだろう。そのグループ/集団の社会的/経済的な成功というものが、「声の大きい」いかさま師たちが策を弄して練り上げた壮大な詐取構造の道具でしかなくなっている現状では、そこら中をただ美味しそうに見える撒き餌だらけにする仕掛けは残念ながら非常に有効であるといわざるをえない。その後は、まさに濡れ手に粟の如く策略の規模を膨れ上がらせられるだけ膨れ上がったいびつな商法そのものが、えげつないエンターテインメント性をまといながらもエスカレートしてゆくことになるのだ。こうした根本の部分から決定的ないびつさや歪みを内包している黒い娯楽産業に対しては、殊更に厳しい批判に晒しておくことが必要なのではなかろうか。その体質や構造は、根本的な部分から批判され(具に省みられ)なくてはならない。それによって、独自の進化を遂げてきた日本の芸能文化やアイドル文化というものが徹底的におもしろくないものになってしまうとしても。そこには最初からある程度の歪みやいびつさが存在し、それを承知で文化的な娯楽性が毒々しいまでの花を咲かせ押し進められてきたのだから。
資本主義の基本的精神に則したある種の社会的要請でもある狡猾な手口を最大限に機能させることで、欲望の消費が加速する現代においては、その社会そのものの機構の流れをも巻き込んで爆発的に売れるものが出現することも稀ではない。その最も売れているものこそが、その社会をある意味では映すものともいえるだろう。だが、絶対的に正しいものが、最も売れるものになるとは限らない。大衆の感情の方向性を何となく納得させる真正さのようなものを巧妙にパッケージ化して大々的に売り出される(何となく良さげな)商品が、消費の欲望を刺激し着実に売り上げを伸ばしてゆくのである。最も売れるものは、社会に広く行き渡ることで、そこにある(上と下の)歪みを一時的に覆い隠し、新たな(内と外の)小さな歪みの種を広範囲に渡って植え付けてゆく。そしてまた、その商品が引き出す消費者の消費欲望の尋常ではない強烈さが、すでに露になっている歪みやいびつさを、さらに抉り出す作用因となることもある(上と下/内と外の隔絶)(上と下/内と外の水平化)。
「AKBを批判するから日本は衰退し続ける」というけれど、あのいびつさには真正面から批判されなければならない部分が確実にあるはずである。どことなくグレイだが「何となく良さげ」「何となく楽しげ」をふんわりと肯定してしまうことの危険性に、今この時代だからこそ意識的にならなくてはいけない。社会のあちこちに歪みやいびつさ、そしてほつれや破綻・瓦解の様相が露になってきていることは、何を意味しているのか/何をわたしたちに知らせようとしているサインであるのかを、しっかりと考えてゆかなくてはいけないだろう。実際のところは、AKB48を批判しようと批判しまいと、今のままでいてはこの国は確実に衰退し続けるのである。現在のこの社会の無茶苦茶さの結果として、異常に明るい光が照るところの真下に、異常に暗い影の部分ができている。その暗い場所に鍋底の汚れやシミのようにこびりついた石ころや雑草たちに、何らかの方法で光を届けなくてはいけないのではなかろうか。このまま道端で乾涸びさせて/萎びさせてしまえば、ゆくゆくは何事もなかったかのように済ませてしまえるのかも知れない(後に残るのが草木も生えない砂漠であったとしても)。おそらくは、それが最も簡単で最も手っ取り早い対処法なのであろう。だが、それは、これまでのように石ころや雑草が静かにひっそりと黙り続けていればの話である。道端で「どんな気分だい」と問いかけられた石ころや雑草が、ただ冷たく厳しい風に吹かれているだけの屈辱をはね返して一斉に猛烈に唸り声を挙げて異議を唱え始めたら、このガタガタでデコボコな社会は、どのように対処/対応するのであろうか。それらの声を全て聞き取ることのできる上等な耳を、この社会に生きる人々は持ち合わせているであろうか。必死に生きようとする本物の血の通った人間の切実な声を、今でも彼らの耳は聞き取ることができるであろうか。今こそ孤立したものたちが孤独の歌を歌うべきときである。誰かに聴かせるために歌うのではない。そして、その歌には投票権も握手券も付くことはない。それは、どうしようもない本当の孤独の歌だ。道端の転がる石ころたちが歌い、雑草たちが精一杯に広げた青い葉が闇の奥底から語り始める。(13年)(14年改)


〈メモ〉
そもそもAKB48に孤独を歌うことは不可能である。基本的にAKB48のパフォーマンスは、まばゆい光に満ちあふれる明るい場所での仲間たちとの連帯や団結を見せる/魅せることによって成り立っている。その熱く賑やかで華々しい場所からは、道端の石ころや雑草は決して見えることはない。
そもそもAKB48は孤立無業者に歌いかけることはない。この160万人がAKB48のCDを大量購入するような積極的な消費活動に参加する確率は極めて低い。AKB48が消費行動・投票に参加しないものの欲望を満たすことは決してないだろう。
現在、AKB48が新たなターゲットとして狙っているのは、まず最初にデフレ状況から脱却して賃金が上昇し始めるはずの企業勤めをする20代から50代の男性会社員たちだと思われる。すでに缶コーヒーのCMではAKB48のメンバーが若いOL役で会社組織の内部への潜入を開始している。そのうちに日本経済の成長戦略を後押しをするという謳い文句のもとに、一生懸命に働く人々(サラリーマン)のための応援歌を次々と(お茶の間向けに)ユニゾンで歌い始めるはずである。

空回りのサイクル。同じことだけを繰り返す毎日。ただ何となく動いているけれど、それがほかの何かにエネルギーを伝えて新たな動きを生み出しているようには思えない。毎日ひたむきに頑張っているのだが、全く前進しているようには見えないのである。繰り返される規定の時間内の労働によって社会のシステムを決して止めずに動かし続けることだけには辛うじて貢献しているようだが。代わり映えのしない毎日に、次第に意味らしきものは薄れてゆく。半分眠ったままでもこなせるようになる毎日の行動/活動。社会はそれを熟練と呼ぶこともある。そこでは、必要以上に頭脳を使うことはなくなってゆく。予め決められたことの決められた範囲内での繰り返しであるから、頭脳というものの必要性は極限まで減縮されてゆくことになるのである。動いて余暇、また動いて余暇。その繰り返し。意味のない労働と意味のないストレス発散。意味のないリフレッシュ。人間の毎日の生活は、とても簡単に非常に楽に生きられるものとなってゆく。どこまでも軽く小さくなる人間。水面に浮いたまま、もう二度と沈むことはない。

最底辺に落ち込んでしまったものたちをも救うことができるようになるとき、何としてでも前へと猛進しようとする近代の社会を見限って人間は、そのまま緩やかに没落へと向かいはじめるのかもしれない。前に進み上り続けようとする栄光を求める本能は、決して人類全体を最終的に幸福にすることはないのだろう。人類の歴史とは、そうした試みの失敗の連続そのものでもあった。近代社会を生きる個々人にとっての幸福とは根本的に異なるものであるらしい本来の人間にとっての幸福をどのように認識できるかが、これからの人類が生きてゆくことのできる未来の射程の長さを決定することになる。栄光からの没落が、人間らしさの回復に接続される。ギリギリのところで。


【参考】
孤立無業者「SNEP」が急増中
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/02/19/ranks-of-unseen-unemployed-sneps-growing/
AKBを批判するから日本は衰退し続ける
http://blogos.com/article/53435/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

溝!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる