テーマ:誰が孤独を歌うのか

誰が孤独を歌うのか(七)

誰が孤独を歌うのか 七 近代の社会は、本質的にそれをひとつの社会として成り立たせている根幹の部分に決定的な歪みを孕んでいる。人間の集団の中に芽生える歪みを補正しつつ、集団の構成員としての民衆/人間たちを隙間なく配置・併置してひとつのまとまりを形成し、閉じた運動体としての機能を辛うじて達成させたものが、近代の社会というものであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰が孤独を歌うのか(六)

誰が孤独を歌うのか 六 補論 特に何も誰かの役に立つようなことができてはいないような気がしているので、とてもとてもおこがましくて恐縮してしまうのだが、今年も何とか無事に誕生日を迎えることができた。ひとつ歳をとるということは、年齢の一の位の数字がひとつ先に進むことであり、この変化は、まだ自分がこの世に生きてここにいるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰が孤独を歌うのか(五)

誰が孤独を歌うのか 五 今ここに生きる人間は、欲望と欲求を満たして、できるだけ人間らしく生きようとするならば、その人間は死んだように生きなくてはならないことになる。どんなにひとりの人間が、できるだけありのままに人間らしく生きようとしても、その人間は自らの人間らしさというものを決してひとりでは抱えきれないであろう。人間は人間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰が孤独を歌うのか(四)

誰が孤独を歌うのか 四 江戸時代に書かれた書物『葉隠』に「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」という有名な一節がある。この『葉隠』とは、武士の心得を仔細に渡って記述した膨大な書物であるが、この一節は、そのうちのほんの一文でしかない。よって、『葉隠』の全巻を読み通さなくては武士について/武士道についての全容は読み取れないであろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰が孤独を歌うのか(三)

誰が孤独を歌うのか 三 60年代には、泣けるほどに孤独であっても、それを誰かに悟られないように「涙がこぼれないように」上を向いて「にじんだ星をかぞえて」歩く、いわゆる強がりややせ我慢の美学のようなものが存在していた。そうした、古き良き日本人の心や、古き良き時代の美意識のようなものは、もはや完全に失われてしまったといわれて久し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰が孤独を歌うのか(二)

誰が孤独を歌うのか 二 2012年12月22日、五人組のガールズ・グループ、東京女子流は、日本武道館での初の単独公演を行った。このコンサートは、グループのメンバーの平均年齢が15歳であったことから、史上最年少での日本武道館での単独公演の開催という記録を打ち立てたことでも話題となった。 この若きアイドル・グループは、10年5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰が孤独を歌うのか(一)

誰が孤独を歌うのか 一 2012年7月15日、韓国のラッパー兼シンガー、PSYが通算六作目のアルバム“PSY 6, Part 1”をリリースした。このアルバムのリード曲としてプロモーション用トラックとなっていたのが、アルバムの三曲目に収録されている“Gangnam Style”という楽曲であった。 “Gangnam Sty…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more