テーマ:Korean Pop

New Dawn and Fades(七)

New Dawn and Fades 七 実際のところ、韓国国内でも広く名前が知られてその存在が認知されているKポップ・アイドル・グループというのは、おそらくKポップ・アイドルの全体から見ればほんの一握りといったところなのであろう。それと同じことは、戦国時代といわれて久しい日本のアイドル・グループをめぐる状況にも当てはめるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New Dawn and Fades(六)

New Dawn and Fades 六 現段階において、ある程度の成功をおさめている先行世代を猛烈な勢いで後継世代が追い上げてゆく動向の図式の中にあまり食い込めていない、やや中途半端な位置にいるグループは、今後さらに積極的な仕掛けを打って結果を残し印象に残るプロモーション活動を展開して、Kポップの世界での生き残りの道を探っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New Dawn and Fades(五)

New Dawn and Fades 五 メイン・ストリームの外側からさらに外縁や下部の層へと目を転じてみれば、そこには虎視眈々と上昇の機会をうかがっている若手のグループが、うようよとうごめいている状況を見ることができる。そのほとんどはKポップのインターナショナルなブームが確立された後の10年代以降にデビューした若い世代のア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New Dawn and Fades(四)

New Dawn and Fades 四 8月27日、五人組グループのスピカがシングル“Tonight”をリリースした。12年にデビューしたスピカは、末っ子のジウォンでさえも、00年代後半に五少女(Five Girls)の一員としてデビューする予定(五少女のメンバーは、G.Na、シークレットのヒョソン、アフタースクールのユイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New Dawn and Fades(三)

New Dawn and Fades 三 13年は、Kポップ・ブーム第一世代に属する大物グループたちに代わって、その後継の第二世代とも呼べそうな新世代のグループたちが、Kポップの檜舞台の中央にわらわらと押し寄せてきた一年であった。これらのグループたちは、00年代後半の空前のブームにより、すでにKポップ人気というものがしっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New Dawn and Fades(二)

New Dawn and Fades 二 13年は、こうしたKARAに訪れた大きな変節の到来に代表されるように、Kポップ界におけるひとつの時代の移り変わりと世代の交代の流れが、あちこちで顕在化する段階に突入しはじめた一年であったように思われる。かつて新韓流といわれた韓流第二世代(Kポップ・ブームの第一世代)と、それに続いて登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New Dawn and Fades(一)

New Dawn and Fades 一 2013年10月4日、数日前から日本の芸能メディアを通じてグループの解散が間近であることが報道されていたKARAについて、所属事務所のDSP Mediaは、そうした噂を完全に否定する発表を行った。だが、それと同時に、グループ自体は解散しないものの事務所とのタレント契約の更新を行ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K-POP Recap 2012

K-POP Recap 2012 Best Hit 2012 Video streaming by Ustream Track List: PSY - Gangnam Style T-ara - Sexy Love Jang Hee Young - Love Is Pain Son Dam…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(三)

新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 (三) ティアラティック・マジック・ミュージック 楽曲の歌詞において、言葉のもつ意味よりも語感のよさやリズム/ビートにのったときの調子のよさを第一に考慮しているような言葉/フレーズを敢えて選択し、新しい時代の到来を感覚させる新しい感覚の親しみやすくノリのよいヒット曲を数多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(二)

新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 (二) 10年代のK-POPとカワイイ きゃりーぱみゅぱみゅの“PONPONPON”は11年の夏にリリースされ、スマッシュ・ヒットを記録している。これに対応するような動きを時期的な同調性を意識しつつK-POPのシーンを眺めてゆくと、やはりどこか新感覚なポップでおもしろい言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(一)

新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 (一) Electric Shock “Electric Shock”は、SMエンターテインメントに所属する五人組ガールズ・グループ、f(x)が12年6月13日にリリースしたセカンド・ミニ・アルバムである。11年6月14日にリリースされたファースト・アルバム“Pinocc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「K-POPかけ込み寺」 2012夏

「K-POPかけ込み寺」 @ 241FM 夏祭りスペシャル (2012.08.02) Video streaming by Ustream Tracklist: Beast - Beautiful Night B.A.P - No Mercy Money Maker$ - $W△g Olltii - …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rainbow: Over The Rainbow

Rainbow: Over The Rainbow 12年3月28日、韓国の七人組アイドル・ガールズ・グループ、レインボー(Rainbow)が、ファースト・アルバム“Over The Rainbow”を、日本の所属レコード会社であるUNIVERSAL SIGMAよりリリースした。このアルバムは、レインボーにとっての日本での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20 K-POP Greats 2011 +

20 K-POP Greats 2011 Davichi - Love Delight 2NE1 - 2nd Mini Album Rainbow - SO女 Girl's Day - Everyday T-ara - John Travolta Wanna Be A Pink - Seven Springs of AP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Baby V.O.X. Revisited ( II )

Babylon Revisited こうしてBaby V.O.X.というガールズ・グループの歴史を振り返ってみると、そこには、日本デビューに続いて米国へと進出し、さらには全世界の音楽市場に打って出ようとしている、現在の少女時代の姿と、どこか重なる部分があるようにも思えてくる。あの頃にBaby V.O.X.が実に心許ない足取りで恐る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Baby V.O.X. Revisited ( I )

Baby V.O.X. Revisited An introduction 11年10月30日に、こんなことをつぶやいた。 「本日のInkigayo。キム・ワンソンがいて、カン・ミヨンがいて、ソニョシデがいて、さらにその下の世代のC-REALがいる。考えようによっては、なんと豪華な競演であろうか。」 その出演者の顔ぶれの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Do you remember the 28th night of September (IV)

11年の8月から9月にかけて、日本の音楽シーンではK-POPガールズ・グループによる注目のリリースが毎週のように続いていた。その一方で、やはり本国の韓国においても、相変わらず怒濤の如きリリース・ラッシュの状況は、当然のことのように継続されていたのである。 まず、8月29日に実力派美人デュオ、ダヴィチ(Davich)が、実に一年三ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Do you remember the 28th night of September (III)

そして、9月最終週の水曜日、28日には、T-araがシングル“Bo Peep Bo Peep”で日本デビューを果たした。あの必殺のねこダンスという飛び道具をいきなり使ってくるとは、イメージ戦略的にも実に心憎いものがある。アイドル・グループの女の子たちに猫耳に猫の手でニャオニャオ踊られたら、どう考えても無条件に可愛らしくなるに決まっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Do you remember the 28th night of September (II)

11年の9月は、日本でのK-POPのガールズ・グループのリリースが毎週のように続く、これまでにないほどに話題が盛り沢山の一ヶ月となった。だが、これだけあれこれとスペシャルなものが続くと、新しいものばかりに注目してしまい、ひとつひとつのリリースに向けられる意識が、どうしても散漫になってしまったりもする。この9月の段階で、すでに前の月にリリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Do you remember the 28th night of September (I)

Do you remember the 28th night of September 11年9月、複数のK-POPの女性アイドル・グループが、また新たに続々と日本でのCDデビューを果たしている。昨年夏のKARAや少女時代などによる第一波に続いて、よりヴァラエティに富んだ層の厚い第二波が遂に到来したという感じであろうか。あの東日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rainbow: 2nd Mini Album SO女

Rainbow: 2nd Mini Album SO女(本文) 追記(一)  レインボーのセカンド・ミニ・アルバムのタイトル、“SO女”に関して。  このタイトルを普通の韓国語の感覚で読もうとすると、ソニョと読むことができ、これは少女という意味になる。だがしかし、それだけのことを意味するタイトルであるならば、ごく普通に「&#4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rainbow: 2nd Mini Album SO女

Rainbow: 2nd Mini Album SO女  2011年春、韓国の歌謡界における女性アイドル・グループの動きが、にわかに大変騒がしくなってきている。ここ数年、異様なまでの盛り上がりぶりを見せているK-POPのシーンであるが、その中でも特にガールズ・グループに関しては、止まるところを知らぬデビュー・ラッシュが続き、幾つも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20 K-POP Greats 2010

20 K-POP Greats 2010 01 Narsha: Mam Ma Mia 02 Rainbow: Mach 03 SNSD: Oh! 04 2NE1: Can't Nobody 05 4minute: Muzik (Japanese Version) 06 Sistar: Push Push 07 E.vi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E.Via: Via Polar

E.Via: Via Polar  韓国の女性ラッパー、イビア(E.Via)の新作。リリース日は、10年10月7日。10年4月に発表されたミニ・アルバム“Must Have”以来の、約半年ぶりのリリースである。この前作からは凄まじくアグレシッヴなパーティ・ラップ曲“Shake”が、センセーショナルなヒットを記録している。  イビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rimi: Rap Messiah

Rimi: Rap Messiah  10年5月に発表された、韓国の女性ラッパー、リミ(Rimi)のファースト・アルバム。豊かな才能に恵まれたリミは、韓国ヒップホップ界の新たな世代の台頭を象徴する、まさに輝ける逸材である。9月にメイジャー・デビューを果たしたサニー(San E)が新世代メイル・ラッパーの頂きに立つ、際立った個性だと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

San E: Everybody Ready?

San E: Everybody Ready?  このところのSMとYGの怒濤の如き勢いに、やや押され気味な感もあるJYP Entertainment(チョ・グォン(Jo Kwon)のいる2AM、ニックン(Nichkhun)やテギョン(Taecyeon)のいる2PMなどが所属)より、一発逆転打となるべく送り込まれた新人ラッパー、サ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Secret: Madonna

Secret: Madonna  10年4月に待望のCDデビューを果たした四人組ガールズ・グループが、早くも二作目のミニ・アルバムを発表。シークレット(Secret)の魅力は、やはり何といっても強烈なくらいにパンチの利いたコーラス・ワークにある。嬉しいことに、僅か四ヶ月のインターヴァルで新作をリリースしていくるというペースも、その…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Brown Eyed Girls: Abracadabra

Brown Eyed Girls: Abracadabra  ブラウン・アイド・ガールズ(Brown Eyed Girls)の日本におけるデビュー・アルバムとなる“Sound-G”が、10年8月25日に発表された。ブラウン・アイド・ガールズ(以下、BEG)は、06年にデビューした四人組のガールズ・グループである。デビュー当初は、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女時代

少女時代 Premium Show Case Live in Ariake Colosseum 2010年8月25日 有明コロシアム  ソニョシデ(SNSD)伝来。韓国を代表する、究極の九人組アイドル・グループが、遂に日本上陸を果たした。  9月8日に控えた待望の日本でのデビュー・シングル“Genie”のリリースを記念し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more