アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ


Radiomaniac: Radiomaniac EP

2017/05/16 02:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Radiomaniac: Radiomaniac EP
レディオマニアック「レディオマニアックEP」

画像



Artist: Radiomaniac
Title: Radiomaniac EP
Genre: Post-Rock/Shoegaze/Noise

Tracklist:
01. Knock (Стучит)
02. Saved (Спасён)
03. Leaving (Покидаем)
04. Inversion (Перевёрнуто)

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
Radiomaniac is a four men band based in St. Petersburg. They are trying to break the horizon of shoegaze with an emotion intersected lively ensemble. The band grows at the appropriate time. Even in the frozen ground that closed every existence down in the long winter. A young post rock band jumped out of Sakhalin where the nothing flowed, did across the continent and flowed into the second largest city of Russia, where the band faced the wide wild world for the first time. Everywhere the nihilism is waiting with opening its mouth. Globalism is going to cover contemporary civilization with dark clouds. Can we escape from the complex despair of the 21st century. However, in such a world, the music of Radiomaniac increased its depth and taste, became simpler, and began to cut into objects that can not be determined easily. The evolving sound will pierce through the darkness and stick into the place it should reach.

Album Description:
From A to B and backward these. Simplicity is followed by something complicated and after it its goes something simpler. This music is not going to increase your appetite and not going to help you identifying yourself in individual realistic life. But it definitely pet you gently. Mild noisy guitars, moderately loud bass, immeasurably big heart of musicians with inclosed souls. Mysteriously something propagates whenever this music is played. Don't leave this transcendent sound without your attention.

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

Band members:
Yuri Che - Vocal, Guitar
Vladimir Gorbachev - Guitar
Egor Rychkov - Bass, Vocal
Evgeniy Martynov - Drums

画像



For more information
http://www.lastfm.ru/music/Radiomaniac
https://www.facebook.com/radiomaniacband
http://www.facebook.com/groups/274072889367290
https://twitter.com/radiomaniacband
http://instagram.com/radiomaniac_band
http://www.youtube.com/user/RadiomaniacOnAir
http://vk.com/radiomaniacs
http://www.discogs.com/artist/Radiomaniac
http://radiomaniacs.tumblr.com

Creative Commons License


Radiomaniac: Radiomaniac EP
Mizou MZ016

The world that we knew well is now going to break down very rapidly. Shattered fragments are shattered more micro, everything is arbitrarily connected to each other to the wrong side, the common sense from the past does not work at all, it is going to be formed a flimsy world where the lies infested.
Radiomaniac is singing like a groan in such a time of the world. Their songs on blurring blood that filled with blur frustrates are sounds like a new century blues. Radiomaniac, which started as an instrumental-oriented post-rock band in Sakhalin, then moved to St. Petersburg, being self introducing the vocal expression, experienced member changes, became four pieces unit, has grown up as the band to sharpening its music. The number of sounds is well reduced and arranged, and noisy guitars are not unnecessarily swayed, but those presences are pushed forward with a precise point. The rhythm by the bass and drums is sparkling distinctive personality even during suppression. With this release, space of musical expression is going to spread its scale to the full extent. And just like the land that was devastated by that merciless totalitarian, might be washed away with a divine heavy heavy rain and be cleaned it all.
Radiomaniac which had never hidden aggressive aggression, is now heading toward a deeply depressed sounding deep inside of human. Some wonder whether these changing is coming from this era of confusion. The reality of the harsh society mercilessly torment people who has a head, this usual situation is repeated infinity. Where is the music have to be shot out towards, in the situation of where is the tomorrow is not known by us all. Radiomaniac have created first self-titled ep, is trying to find a part of something like an around the big answer. There is no any certain answer here. Once it was said by a young poet that it was blowing in the wind in the past. However, in the age of post-truth, it is only the cheap copy of flame marketing that is blowing in the wind.

かつてわたしたちがよく知り親しんでいた世界は、今まさに急速に壊れ去ろうとしている。砕け散った破片までが粉々になって、何もかもがあべこべに恣意的に接続された、これまでの常識が全く通用しない嘘がはびこる真実味の薄い世界が形成されようとしている。
レディオマニアックは、そんな時代の中にあって呻くように歌い続けている。焦燥に満ちた叫びに血が滲み出しているような深い内面から絞り出される歌は、新しい世紀のブルースのようにも聴こえるだろう。サハリンでインスト主体のポストロック・バンドとして活動を開始したレディオマニアックは、サンクト・ペテルブルグに拠点を移し、ヴォーカル表現を導入し、メンバーチェンジを経験して四人組となり、その音楽性を研ぎ澄ませてバンドとして成長してきた。音数は削られ整理されて、ノイジーなギターも無駄に振り回されることなく、的確に急所を突いて繰り出される。ベースとドラムスにによるリズムは、抑制の中にも際立つ個性を煌めかせる。表現の空間は、どこまでも広がる。あの無慈悲な全体主義者によって踏み荒らされた大地を、神的な豪雨で一気に洗い流して浄めるように。
かつてはアグレッシヴな攻撃性を隠すことのなかったレディオマニアックが、今では深く内省の奥底に沈み込むようなサウンドに向かっている。これもまた今という混迷する時代がそうさせているのであろうか。過酷な社会の現実が、容赦なく詩人の生を苛む、相変わらずの状況がまた繰り返されているだけなのか。明日がどちらにあるかわからない状態で、音楽はどこに向かって放たれるべきなのか。レディオマニアックは初のセルフタイトル作品で、何か大いなる答えの一端を掴み取ろうとする模索を試みている。ここに答えはない。大昔にはそれはそこら辺で風に吹かれていたという。しかし、このポスト真実の時代においては、風に吹かれているのは炎上マーケティングのネタばかりなのである。

Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


mini netlabel Mizou

2017/05/01 03:00
mini netlabel Mizou


Mademoi Selle: Bipolar Disorder (MZ001)

画像

Artist: Mademoi Selle
Title: Bipolar Disorder
Genre: Jazz/Experimental/Electronica
Country: Indonesia
Release date: 2011.01.25

Tracklist:
01. Anima Delusions
02. Hazardous
03. Psyche's Key
04. Himitsu
05. Manic Depressive

All music played by Mademoi Selle
All song written by Mademoi Selle,
except "Himitsu" written by Shiina Ringo
"Himitsu" originally performed by Tokyo Jihen
Produced by Etza Meisyara
Artwork by Etza Meisyara

more detail
download


Neko Nine: Summer is you (MZ002)

画像

Artist: Neko Nine
Title: Summer is you
Genre: Post Metal/Post Rock/Electronic/New Prog
Country: Russia
Release date: 2011.10.25

Tracklist:
01. Breathe In
02. Some people are not like me
03. Summer is you
04. What can you feel when the day dies
05. Supernova
06. NeverNeverNever
07. Ayumu (interlude)
08. Let me explode
09. I wanted to be
10. Breathe Out
11. My stars I - Shining
12. My stars II - Colours of your little universe
13. My stars III - My stars so cold
14. My stars IV - Birds come home

Produced by Neko Nine
Mix & Mastering by Neko Nine
Artwork by Neko Nine

more detail
download


Vasteras: Made of Reeds (MZ003)

画像

Artist: Vasteras
Title: Made of Reeds
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock
Country: Russia
Release date: 2011.11.28

Tracklist:
01. Jah
02. The Children of Birobidzhan
03. Adult Movies
04. On the Surface
05. Britney
06. From Dusk Till Dawn
07. You don't believe in tears (Shura cover)

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

more detail
download


The Cell #4: Scorching Heat (MZ004)

画像

Artist: The Cell #4
Title: Scorching Heat
Genre: Visual-Core/Post-Hardcore/Nu-Matal
Country: Russia
Release date: 2012.02.20

Tracklist:
01. 011010#Error#
02. Grave of firefly
03. White curtain
04. Cutting edge
05. Dead past
06. Paper crane
07. Forgotten
08. Velvet dream on a water smooth surface

Produced by The Cell #4
Mix & Mastering by Semen 'Venomous' and GASWRENCH RECORDS
Artwork by Irina Guseva

more detail
download


Radiomaniac: 1st Transmission EP (MZ005)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: 1st Transmission EP
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Shoegaze/Noise
Country: Russia
Release date: 2012.08.27

Tracklist:
01. Gulliver (Side Effects Of Modern Psychotropic Substances)
02. It
03. You're On Air!
04. PS: Hallelujah
05. Radiomaniac (bonus)

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Aurora: Occur outside of the binary field EP (MZ006)

画像

Artist: Aurora
Title: Occur outside of the binary field EP
Genre: Post-Rock/Ambient/Experimental
Country: Russia
Release date: 2012.11.07

Tracklist:
01. A fight finishes
02. Bare feet in the clouds
03. Bright lanterns flash
04. Under the layer of north ices

Produced by Alexander Chernenko
Mix & Mastering by Klinovoy Stanislav, Alexander Chernenko
Artwork by Guborev Georgiy, Alexander Chernenko

more detail
download


Radiomaniac: 2nd Transmission (Single) (MZ007)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: 2nd Transmission (Single)
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Shoegaze/Noise
Country: Russia
Release date: 2012.12.01

Tracklist:
01. HTRK Sakhalin
02. Anti-Matter
03. Butterfly's Cry

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Radiomaniac: Antenna Theory (MZ009)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: Antenna Theory
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Noise
Country: Russia
Release date: 2013.10.10

Tracklist:
01. Radiomaniac
02. Gulliver: Side Effects Of Modern Psychotropic Substances
03. Human3D
04. It
05. It: Another Touch
06. Hollywood
07. PS: Hallelujah
08. Spear Of Mars And Belt Of Venus
09. Birds

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Radiomaniac: Syndrome (MZ010)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: Syndrome
Genre: Post-Rock/Experimental/Altanative
Country: Russia
Release date: 2014.10.10

Tracklist:
01. Endorphin
02. Nevazhno
03. Samozvantsy
04. Deti Tsvetov
05. Leto
06. Gorod
07. Sensatsia
08. 12.8 (~13)
09. Plohoy Otets
10. O4
11. Sindrom
12. Sad Zemnyh Naslazhdeniy
13. Vse Chto Ty Mog Skazat'

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


ETZA: Surreal (MZ012)

画像

Artist: ETZA
Title: Surreal
Genre: Electronic/Experimental/Glitch/Psychedelic
Country: Bandung, Indonesia
Release date: 2014.10.01

Tracklist:
01. Mischievous
02. Surreal
03. Marionette Opera
04. Karat
05. Lady Mercury

Produced by ETZA
All Songs by Etza Meisyara
Mix & Mastering at Escape Studio, Bandung, Indonesia
Artwork by Zico Albaiquni

more detail
download


Vasteras: Glamour EP (MZ013)

画像

Artist: Vasteras
Title: Glamour EP
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock
Country: Yaroslavl, Russia
Release date: 2015.01.25

Tracklist:
01. Glamour
02. The Shop
03. Yard
04. Paranoia
05. Touch Me

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

more detail
download


Starcardigan: Men EP (MZ014)

画像


Artist: Starcardigan
Title: Men EP
Genre: Electronic Pop
Country: Vladivostok, Russia
Release date: 2015.10.10

Tracklist:
01. Signal
02. Men
03. Raw
04. Taxi

Produced by Starcardigan
Mix & Mastering by Dmitry Tsyganok, Alexandr Frakiyskiy and Ivan Sosnovtsev
Artwork by Alexey Novikov

more detail
download


Starcardigan: Zhele (MZ015)

画像


Artist: Starcardigan
Title: Zhele
Genre: Electronic Pop, Synth Pop
Country: Vladivostok, Russia
Release date: 2017.04.01

Tracklist:
01. Gella
02. Birdie
03. Zhele
04. Tay-na
05. Lechi
06. Electrosemafour
07. Born (Rara Aviz Rework)
08. Taxi

Produced by Starcardigan
Mastering by Up! Up! Up! Music
Cover by Alex Zhu

more detail
download
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Starcardigan: Zhele

2017/04/01 02:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Starcardigan: Zhele
スターカーディガン「ジール」

画像



Artist: Starcardigan
Title: Zhele
Genre: Electronic Pop, Synth Pop

Tracklist:
01. Gella
02. Birdie
03. Zhele
04. Tay-na
05. Lechi
06. Electrosemafour
07. Born (Rara Aviz Rework)
08. Taxi

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
Floppy princes of pacific chill, Starcardigan (Electronic Pop, Synth pop) - one of the most progressive Russian band. Starcardigan's music is modern electro-dance and sentimental dance. Vladivostok city (East Russia) is the homeport for the band.

Album Description:
Zhele is the brand new release from Starcardigan. It is the first time they release the album. The most of album track were made by band while touring great China during from summer to autumn in 2016. You can enjoy the tastes of eight rich electronic pop. It is a mixture of soulful vocal and emotional eclectic band sound. When a deep drum beat synchronized with the human heart beat is engraved, the integration is sublimated to pure musical bliss.

Produced by Starcardigan
Mastering by Up! Up! Up! Music
Cover by Alex Zhu

Band members:
Ivan Sosnovtsev: Vocal, Synth, Guitar
Alex Zhu: Synth, Keyboard
Alex Zolotukhin: Drums
Konstantin Loskutov: Guitar

画像



For more information
www.facebook.com/Starcardigan
vk.com/strcrdgn
soundcloud.com/starcardigan
www.youtube.com/channel/UCTyKKTQbp3V0jBpaAnKBvzg
musicmama.ru/musician/STARCARDIGAN

Creative Commons License



Starcardigan: Zhele
Mizou MZ015

Starcardigan is four piece electronic rock band that active based in Vladivostok, Russia. This new one following "Men EP" released in 2015 is the first album from the band. Eight songs are recorded for the album "Zhele", and almost all of them are truly new songs. Just one last track "Taxi" which was included in "Men EP" is also appearing here. The band has frequently conducted tours in the last few years and has dramatically improved the musicality to the sound that appeals to the audience on that practical live stage training. The band who has been active in East Asia such as Korea's Indy Music Festival, participation in the outdoor big festival in China and Russia, has gained popularity in various cities and has been enthusiastically reacted. And, the most songs of album were written while the band were touring great China during from summer to autumn in 2016.

The characteristic of the sound of Starcardigan is in the fusion of electronic sound production and sentimental and emotional melody. And now more soulful melody on the vocals are prominent. Its deeply songs that appeals to the emotion gives a special taste to the sound of Starcardigan. It is obvious if you listen to the album "Zhele" that actively incorporates acoustic musical tones and that the beautiful and dreamy band sound of Starcardigan is refined. There is a dramatic music world filled with much sounds elements waiting for you. It is this Starcardigan' album that declares the beginning of the 21st century electronic disco soul music.

スターカーディガンは、ロシアのウラジオストックを拠点に活動する四人組のエレクトロニック・ロック・バンドである。15年にリリースされた「Men EP」につづく待望の新作は、スターカーディガンにとっての初のアルバム作品となる。アルバム「ジール」には、八曲が収録されており、そのほとんど全てが新曲である。前作に収録されていたお馴染みの“Taxi”が、ここにも収録されている。バンドは、ここ数年頻繁にツアーを行っており、その実践的な武者修行の中において聴衆の心と体に訴えかけるサウンドへとバンドの音楽性を格段に向上させてきた。韓国のインディ音楽フェス、中国やロシアでの野外フェスティヴァルへの参加など、東アジアの各地を精力的に回ってきたバンドは、行く先々で好評を博し、熱烈な反応によって迎えられてきた。そして、本アルバムの楽曲も、そのほとんどが16年の夏から晩秋にかけてバンドが中国をライヴ・ツアーした際に書かれたものとなっている。

スターカーディガンのサウンドの特徴は、エレクトロニックなサウンド・プロダクションと人間臭い感傷的で感情的なメロディとの融合にある。そして、ここにきてますますソウルフルなメロディのヴォーカルが際立ちつつあるのだ。その情感に訴えるような歌が、スターカーディガンのサウンドに特別なテイストを与えている。アコースティックな楽音も積極的に取り入れ、スターカーディガンの美しくドリーミーなバンド・サウンドに磨きがかかっていることは、このアルバム「ジル」を聴けば一目瞭然であろう。そこには様々な要素が入り混じるドラマティックな音楽の世界があなたを待ち構えている。21世紀のエレクトロニック・ディスコ・ソウルの幕開けを高らかに宣言するのは、間違いなくこのスターカーディガンのアルバムである。

Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Starcardigan: Men EP

2015/10/10 01:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Starcardigan: Men EP
スターカーディガン「メン」

画像


Artist: Starcardigan
Title: Men EP
Genre: Electronic Pop

Tracklist:
01. Signal
02. Men
03. Raw
04. Taxi

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
Electronic music band Starcardigan is homeporting the city of Vladivostok, Russia. Members of the band name themselves as the floppy princes of the pacific electro music.

Album Description:
Men EP is the second release by Starcardigan. Four different songs are presented with sentimental character, those sounds so melancholic but powerful in the electronic music style.

Produced by Starcardigan
Mix & Mastering by Dmitry Tsyganok, Alexandr Frakiyskiy and Ivan Sosnovtsev
Artwork by Alexey Novikov

Band members:
Ivan Sosnovtsev: Voice, Guitars, Effects.
Aleksandr Frakiyskiy: Keyboard, Software service
Alexandr Zolotukhin: Drums
Konstantin Loskutov: Guitar

画像



For more information
www.facebook.com/Starcardigan
vk.com/strcrdgn
soundcloud.com/starcardigan
www.youtube.com/channel/UCTyKKTQbp3V0jBpaAnKBvzg
musicmama.ru/musician/STARCARDIGAN

Creative Commons License



Starcardigan: Men EP
Mizou MZ014

Starcardigan is an electronic rock band that formed at Vladivostok of Russia, now four members belong to this group. Band members are Ivan Sosnovtsev on vocal & guitar, Aleksandr Frakiyskiy on keyboard, Alexandr Zolotukhin on drums, and Konstantin Loskutov on guitar. "Men EP" was released in summer of 2015, it is the second EP from Starcardigan. This release is the latest work of the band, it might be the uppermost sample to hear the sound of the current Starcardigan. By the way, Their debut EP "Tash" have been released in last year. (In the near future, this EP is going to be re-released from Mizou.)

The sound of the Starcardigan is characterized in the fusion of electronic sound production and sentimental emotional melody. Electronic pop since the 1980s, a wide range of rock music from country to psychedelic, further techno and ambient, so many musical elements are combined, Starcardigan did create a unique beautiful and dreamy band sound. In the four songs have been recorded for this "Men EP", and you will be able to take listening to the abundance of style and the huge size of variety of the sound. A dignified strength, a floating of melancholic feelings, a frustration like standing hangnail, a pathos at dusk, a hope like shuguang of the sunrise. Starcardigan show us the various expressions in each song. They have a great drawer as the band. As there was U2 or Stone Roses in the era of the 20th century, it will become a sound like Starcardigan when the good meaningful music is expressed by young sense of this era.

The popular music in this century continues to be updated on a daily basis. The responsibilities of such a big undertaking is on a highly creative young artists like the Starcardigan, it is no doubt.

スターカーディガンは、ロシアのウラジオストックを拠点に活動する四人組のエレクトロニック・ロック・バンドである。メンバーは、ヴォーカル&ギター担当のイワン・ソスノフツェフ、キーボード担当のアレクサンドル・フラキースキー、ドラムス担当のアレクサンドル・ゾロトゥヒン、そしてギター担当のコンスタンティン・ロスクトフ。「Men EP」は、15年にリリースされた、スターカーディガンにとっての二作目のEPとなる。このリリースが、バンドにとっての最新作であり、現在のスターカーディガンのサウンドを知るための最上の資料となるはずである。ちなみに、デビュー作の「Tash」は14年にリリースされている(近いうちに、ミゾウから再リリースされる予定である)。

スターカーディガンのサウンドの特徴は、エレクトロニックなビートやサウンド・プロダクションと感傷的で感情的なメロディとの融合にある。80年代以降のエレクトロニック・ポップ、カントリーからサイケデリックまでの幅広いロック、さらにはテクノやアンビエントなど、実に多くの音楽的な要素を取り入れて、スターカーディガンは独特の美しくドリーミーなバンド・サウンドをクリエイトしている。この「Men EP」に収録されている四曲においても、そのサウンドのヴァラエティの広さやスタイルの豊富さを聴き取ることができるだろう。凛とした力強さやメランコリックな浮遊感、ささくれ立つような焦燥感、うらぶれた哀感、朝日の曙光のごとき希望など、スターカーディガンは曲ごとに様々な表情を見せてくれる。非常に器の大きいバンドである。20世紀という時代にU2やストーン・ローゼズがいたように、今のこの時代に今のこの時代の若い感性を音楽にして表現するとスターカーディガンのようなサウンドとなるのであろう。

毎日のように時代の中でポップスは更新され続ける。その大きな仕事の一端を担っているのが、スターカーディガンのような創造性豊かな若いアーティストたちであることは間違いない。


Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Vasteras: Glamour EP

2015/01/23 03:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Vasteras: Glamour EP
ヴェステロース「グラマーEP」

画像



Artist: Vasteras
Title: Glamour EP
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock

Tracklist:
01. Glamour
02. The Shop
03. Yard
04. Paranoia
05. Touch Me

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
We are the group of absolutely four different people of the city of Yaroslavl, and we are doing one common serious work under the name Vasteras. Lyrics contain laughter, fun, grief, mockery, absurdity, idiocy - you will find all these elements in our songs. We don't want to be identified in any certain style, and we will turn it out. As it manages - to be judged already precisely by you all our listeners. Our songs aren't enclosing a message to something, everyone finds the reasonable meaning if there is a will to find out it.

Album Description:
This is the 2nd EP from Vasteras. Mizou and the rest of the world had to wait about three years from the previous EP. We are able to hear the more solid sound of the band in this brand new release.
Very crispy five new songs have been recorded. There is no significant change in the characteristics of the aggressive pop music of Vasteras. The phrasing of the guitar and vocal melodies increased more mature taste. Rhythm section works strictly for the music that are tighten and skillfully.
So vivid authentic rock sound from Russian ancient city Yaroslavl. This will give a little impact to the good rock music listeners of world wide.

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

Band members:
Denis - Guitar
Alex - Bass
Nastia - Vox
Slava - Drums

画像

(L→R) Slava, Nastia, Alex, Denis

For more information
vkontakte.ru/vasteras
twitter.com/VasterasRock
soundcloud.com/ganich-1
www.facebook.com/pages/Vasteras_band/1452902301638229

Creative Commons License


Vasteras: Glamour EP
Mizou MZ013

Vasteras is one of the band that have had the most rock 'n' roll right now. We do not know what is the certain meaning to having the rock 'n' roll in this 21st century world. However, to have the rock 'n' roll would have been required any meaning or something. In any time of the era, to rock 'n' roll was only to rock 'n' roll without having any purpose. It has changed nothing from the origins of rock 'n' roll until now.

Vasteras is a band to rock strongly in instinct. They do not care about the quality of style, nor saving the appearance. As sobering four young man/woman of Yaroslavl, they sing their song and play their rock music. You do will understand, currently this is the most rock 'n' roll-esque activity. Would you think to rock 'n' roll is mostly outdated? If you listen to the Vasteras, it will be answered to the questions for the present rock 'n' roll immediately and surely appreciated.

The sound of Vasteras has a very aggressive pop taste. Its flesh is one in which have followed the texture of fresh expressions that learned from Brit pop of the nineties. Nothing is novelty at here. But, it's enough groovy and melodic pop rock. We wonder this just have all needing elements already. Is it still missing something?

This glamorous EP may give just a little impact to the world. Vasteras is trying to quest new phase with this Glamour EP.


Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Radiomaniac: Syndrome

2014/10/09 01:30
Mizou mini netlabel proudly presents

Radiomaniac: Syndrome
レディオマニアック「シンドローム」

画像



Artist: Radiomaniac
Title: Syndrome
Genre: Post-Rock/Experimental/Altanative

Tracklist:
01. Endorphin
02. Nevazhno
03. Samozvantsy
04. Deti Tsvetov
05. Leto
06. Gorod
07. Sensatsia
08. 12.8 (~13)
09. Plohoy Otets
10. O4
11. Sindrom
12. Sad Zemnyh Naslazhdeniy
13. Vse Chto Ty Mog Skazat'

Cover Image

Download
And also, Visit
Archive.org

Album Description:
This is a NEW album of Radiomaniac. And also, for the Radiomaniac, it is the album that consists the vocals on their music for the first time. We encountered the SONG of Radiomaniac here. What about it. Radiomaniac have been transformed into the top level alternative rock band in the world suddenly. Emotional vocals ride on a heavy sound with much dignity. Here is a new royal road inherit the edgy rock sound, you've heard so far from London, New York, and Seattle, US west coast. Newly born Radiomaniac is trying to convey something actively to us with nature given songs. Open up the ears. The radio wave syndrome has been originating from Sakhalin.

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

Band members:
Vladimir Gorbachev - Guitar
Yuri Che - Vocal
Egor Rychkov - Bass
Danil Khazhainov - Guitar
Andrey Tryastsin - Drums

Band Description:
Radiomaniac is fivesome from the island of miscegenation. These talented dudes have a variety of differences of the complexed roots. A rare musicality has been established by the each band member who brings their piece up to the one place. They are inspired by Dali paintings, vinyls of Sonic Youth and Nirvana, video clips of The Prodigy, David Lynch movies, factories, mines, urbanism, sound effects, untuned guitars, defective sound receivers, happening art, endless night conversations, music of Mogwai, Radiohead, 65daysofstatic, Joy Division, Pink Floyd, HTRK, Velvet Underground, Television. In general, the band's aim of sound seems to be if Thom Yorke, Thurston Moore, Dominic Eitchison and Stephen Morris play together just like 65dos covering Nirvana in the spirit of NIN. Radiomaniac try to create it with mixing the textural noisy guitars, powerful drum, dope bass lines and twisted electronic sounds.

For more information
http://www.lastfm.ru/music/Radiomaniac
https://www.facebook.com/radiomaniacband
http://www.facebook.com/groups/274072889367290
https://twitter.com/radiomaniacband
http://instagram.com/radiomaniac_band
http://www.youtube.com/user/RadiomaniacOnAir
http://vk.com/radiomaniacs
http://www.discogs.com/artist/Radiomaniac
http://radiomaniacs.tumblr.com

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Radiomaniac: Syndrome
Mizou MZ010

2014年、レディオマニアックはバンドとして新たな段階に突入した。これまではサハリンを拠点とする四人組のポストロック・バンドとして活動してきたわけであるが、彼らは今そのポストロックというもののさらなる先へと大きな一歩を踏み出しつつある。
このセカンド・アルバム“Syndrome”の制作が開始された時期、レディオマニアックはバンド内に大きな変化の動きを抱えていた。まずは、新たにギタリストのダニル・カザイノフ(Danil Khazhainov)をメンバーに迎えて、五人組のグループへと増員されたのである。そして、この新メンバーの加入に伴い、これまでギターや時にはベースを担当していたユーリ・チェ(Yuri Che)がヴォーカルに専念することとなった。さらには、バンド結成時からのメンバーであったベーシストのアンドレイ・R(Andrey R)がバンドを去り、新たにイゴール・ライチコフ(Egor Rychkov)がライン・アップに加わっている。現時点でのレディオマニアックは、ギターは元々デヴィルディテイルズと名乗っていたウラジミール・ゴルバチョフ(Vladimir Gorbachev)とダニル・カザイノフの二人が担当しており、ベースにはイゴール・ライチコフ、ドラムスにアンドレイ・トリアスツィン(Andrey Tryastsin)、そしてヴォーカルがユーリ・チェという編成となっている。
ファースト・アルバム“Antenna theory”のリリース以降、ハードでヘヴィなサウンドを身上としインストゥルメンタル曲を主体とする制作を行ってきた四人組のポストロック・バンドに、非常に大きな変容のときが訪れていたのである。五人組となったレディオマニアックは、サウンドの緩急や音色の強弱だけに特化した方向性ではなく、言葉や歌声やメロディという面にもバンドの音楽表現を拡大させてゆく道を選択したのである。
今回のアルバム“Syndrome”は、レディオマニアックにとって初のヴォーカル入りの楽曲で構成されたアルバムとなった。ユーリ・チェのヴォーカルを前面に押し出した新たな五人でのサウンドは、やはりかなりこれまでのレディオマニアックとは趣きを異にしている。奔放に暴れ回るノイジーなギターが印象的であった、複雑に絡み合うフレーズと劇的な展開によって構成されていた楽曲は、しっかりと歌を聴かせることに重きを置いたメリハリのある構成が整然と展開されるものとなっている。そういう意味では、少しばかり大人しくなってしまっているように思われてしまうかも知れない。しかし、実際にはこれは、これまでは終始全力で情感を楽音に込めてほとばしらせるアンサンブルを得意としていたレディオマニアックが、ユーリ・チェのヴォーカル転向とともに人間の声という究極のアコースティックな音響を中心に据えた一歩進化したサウンド表現を身につけることへと向かったということなのである。怒濤の放出感を抑制しながらも音で微細で繊細な情感を伝える表現力が、新たなレディオマニアックの作品には備わっている。ただし、楽曲中の熱い盛り上がりを見せるパートでは、実にレディオマニアックらしい天を衝くが如きアグレッシヴなバンド・アンサンブルやすさまじくフリーキーなサウンド・プロダクションも聴くことができるであろう。レディオマニアックは、サウンドの緩急や幅や奥行きの表出にさらなる磨きをかけているのである。
また、ユーリ・チェによってロシア語で歌われるメロディは、ゆったりと流れる川のような穏やかさをたたえながらも、アジア的な哀愁や細かな感情のうねりを表出させるものとなっている。このようにバンドのサウンドが主としてメロディアスな指向性をもつようになったことで、独特のクールさをもつサイケデリックな色合いや一種のドスのきいた情感の深みのようなものも前面に出てくるようになってきている。こうした点も注目に値するだろう。レディオマニアックは、より深い味わいのあるサウンドを獲得しつつある。
ユーラシア大陸の東の端、世界の中心から遠く離れた島、サハリンで歌われるロックは、この場所でしか歌われないであろう歌となる。しかし、それをレディオマニアックは、敢えてモダンなオルタナティヴ・ロックの様式や語彙を使って歌ってみせるのである。そこには自分を受け入れてくれない世界があり、自分を見捨てて通り過ぎてゆく世界があり、くだらない現実があり、くそったれな社会があり、自由を与えない国があり、地下世界の自由があり、キチガイだらけの街があり、飛び出した家があり、ギクシャクした親子関係があり、欲望があり、冷ややかな視線があり、愛があり、憎しみがあり、現実逃避があり、アンビヴァレントな感情がある。レディオマニアックは、それを真摯かつ丁寧に歌い上げ、時にセンセーショナルな言葉を使って対象に向かって深く鋭く切り込んでみせる。その様式は、実にロック的なものだといえる。わたしたちが、これまでに聴いてきたロックの系譜にそのまま通ずるもののように聴こえたりもするだろう。だが、それが、あの島で歌われるときには、それはやはり特別な歌とならざるを得なくなるものがある。それはレディオマニアックがそこで歌うことに対して、どこまでもついて回る宿命にして、宿業でもある。ロシアの国旗の色に塗られたバスが街を走る。大いなる父は、島を見捨てようとする。小さな子供の碧眼に消しがたい悪が宿る。
ポストロックのその先には、やはりオルタナティヴ・ロックの王道がまだ続いていて、レディオマニアックはそこに激情と叙情が交錯するサウンドを携えて足を踏み入れた。サハリンという極東の島が世界的なレヴェルのオルタナティヴ・ロック・バンドを輩出しようとしている。そんなことは、にわかには信じがたいだろうか。だが、このアルバム“Syndrome”を聴けば、今実際にそこで何が起きているのかがわかるはずである。レディオマニアックは、明らかに殻を突き破って世界を/世界へと飛び出そうとしている。
レディオマニアックは、まだデビューから僅か二年でありながらも実に大きな変化/進化を遂げてきた。もしかすると数年後には今とは全く異なるサウンドを出しているかもしれない。レディオマニアックとは、常に変化するバンドである。ゆえに、その変わりゆく過程を追い、現在進行形の今をとらえ続けてゆくことが重要となる。この“Syndrome”は、レディオマニアックの現在のサウンドと、2014年における最も良質なオルタナティヴ・ロックのひとつのエピックを聴くことのできるアルバムである。

Liner notes by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ETZA: Surreal

2014/10/05 17:00
Mizou mini netlabel proudly presents

ETZA: Surreal
エツァ「シュルリアル」

画像



Artist: ETZA
Title: Surreal
Genre: Electronic/Experimental/Glitch/Psychedelic

Tracklist:
01. Mischievous
02. Surreal
03. Marionette Opera
04. Karat
05. Lady Mercury



Cover Image

Download

Produced by ETZA
All Songs by Etza Meisyara
Mix & Mastering at Escape Studio, Bandung, Indonesia
Artwork by Zico Albaiquni

Band members:
Etza Meisyara - Vocal, Sound Electronica & Guitar
Adityo Saputros - Guitar, Sound Ornament & Backing Vocals

ETZA is a music & sound project that combines all the possibilities of any musical genres.

ETZA is a project by Etza Meisyara and Adityo Saputros. At 2009, they had a Swing / Jazz band which named Shaftesburry. After the band were break up, Etza Meisyara created a postrock, ethnic & shoegaze band (Resiguru) as a guitarist and vocalist. Adityo also made a psychedelic rock band (Fa'al) and joint in a Swing band (Under My Pillow) as a guitarist. Since March 2014, they have been trying to combine all the possibilities of any genres as they were experience before. Psychedelic, Shoegaze, Ethnic, Jazz and Electronic Glitchy beats.

They also have an interest in Sound art. They were gradueted from Art & Design college. Etza Meisyara had gradueted from Intermedia New Media Art ITB and Adityo had graduated from Product Design ITENAS. So besides by playing music on the stage, they have any method by doing an experiment in music at the public space and at the art gallery to create an ambience.

They had a collaboration with the musician & experimental artist. As they did before in Singapore with Arif Ayab (Reef) and Jordan on The experimental event "Terra Clout Union" & There were also join the Sound Performance with Gulayu Arkestra at Lassale College of Art Singapore. After that, they were also had a collaboration with Kubilai khan Project from France on the event "Constellation". They were also had a collaboration with Sergey Onischenko a solo project from Ukraine "Make like a tree". They were performing at Aliwall Street Singapore, Lasalle Collage of Art, Lawangwangi Art Space, Institut Français d'Indonésie, and many more.

http://etzaproject.wix.com/etza

画像


ETZA is a unit consisting of Etza Meisyara and Adityo Saputros. This is the debut EP for this experimental psyche electronic music duo.
Adityo and Etza have done a significant activity in the indie rock scene of Bandung for the past few years, as the solo artist and also as a member of post-rock, shoegaze, psychedelic rock bands in each. However, two talented artists who had been a member of the same swingy jazz rock band once, resumed musical collaboration again in this year. Old fellows summarize the results of the new collaboration, it becomes this Surreal EP.
Etza Meisyara is supposed to do an artist residency program of experimental art in Iceland from this fall. Therefore, this Surreal EP is going to be the culmination of the time being for her activities as an indie artist in Bandung.
ETZA's fine psychedelic rock serenade would invite you to the ocean of images. There is the deeply, the jelly-like, the full of color world. Time turn the screw. Consciousness confused. The beyond the sound of the surreal, it would be heard the illusion of 4AD and Creation from ancient ages. Experimental music spirit of the 21st century found a horizon that are trying to extend from the inside alternative rock tradition. Sounds are awakening. ETZA echos transboundary.

ETZA 2014
All Rights Reserved
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


誰が孤独を歌うのか(七)

2014/04/01 02:00
誰が孤独を歌うのか



近代の社会は、本質的にそれをひとつの社会として成り立たせている根幹の部分に決定的な歪みを孕んでいる。人間の集団の中に芽生える歪みを補正しつつ、集団の構成員としての民衆/人間たちを隙間なく配置・併置してひとつのまとまりを形成し、閉じた運動体としての機能を辛うじて達成させたものが、近代の社会というものであった。その根本にある、どこまでも痼りとして残り続ける歪みの存在は、この人間世界の近代化以降の250年間にずっと指摘され続けてきた悪性の腫瘍だといってもよいだろう。近代の社会は、その始まりから現在にいたるまで、常に歪んでおり、いびつであり続けてきたのである。人間と人間の関係/(近代の)社会的(人間)関係には、何らかのいびつさが、常に伴っているといってもよい。そこにある小さないびつさの上に(それをいびつだと見なすことなく)さらに(見過ごされた)いびつさを重ねてゆくことで形作られるのが、この社会というものなのである。
その時々の症状や症例に合わせて、社会は自らの孕んでいる歪みを巧妙に覆い隠す術を身につけてきた。その一時的な覆い隠しの動き/働きが、さらなる新たな歪みの種を生み出すことになるのは、最初からその社会の機構にとっては計算済みのことである。みすみすそこにある歪みを悪化させて露呈したままにしてしまうよりは、新たな歪みの種の状態にまで社会の中の歪みを一旦縮減させておき、その歪みの種が目に見える歪みへと膨らみ出してきた際に、再び一時的な覆い隠しをしておけばよいだけの話なのである。この、歪みを覆い隠し続ける機能は、社会の中の歪みが大きな壊滅的亀裂に発展することを抑えるのには非常に効果的なものであった。こうして巧みにその場しのぎを行い、小さな歪みや歪みの種には目を瞑って(時間的な猶予を作り出し)先へ先へと進んでゆく機構や機能こそが、近代社会のシステムの発展/巨大化を支える大きな特徴であった。
だが、ここ十数年の急激で急速な時代の変化の中で、絶えず進化と進歩を遂げてきた近代の社会は、そうした歪みやいびつさをあまり巧みに覆い隠せなくなってきてしまっているようにも思える。これまでは、あまり目につかないものであった無惨で悲惨な歪みが、社会の至る所で露になってきているのである。自浄能力をもつ社会の仕組みによって巧妙に覆い隠されて、あまり目につくものではなかった歪みやいびつさであるから、現代に生きる人々は、それほどそうした社会の表層に露呈している歪みやいびつさに真正面から目を向けることには慣れていない。それは、少し前までは見えても(社会の歪みやいびつさには)見えないものであったのだ。道端の石ころや雑草を見ても、ただの石や草にしか見えず、それが何を意味しているものであるのか/何の徴であるのかに全く思い至ることがないように。そうした歪みやいびつさの露呈を目の当たりにしても、それが何であるのかを正しく明確に認識することは(まだ)できていないのであろう。または、それを見て、何か社会的な違和感のようなものに思い当たったとしても、自分ひとりの力ではどうすることもできないと(その歪んでいびつな社会の常識に照らし合わせて)思考をし、ついつい見て見ぬ振りをしてしまったりするのである。
近代以降の時代に生きる人間は常に前に進んでいないと言い様のない不安に苛まれてしまうという変な性質を身につけるようになってしまったようである。何かを乗り越えて前に進むということが、人間の生の活動にとって非常に重要なことと(見なされるように)なったのである。とりあえず歪みを応急処置的に覆い隠しておくような前進でも、その歪みを不安に思って一歩も前に進めなくなってしまうよりは大分ましなのである。人間とは、より生きやすい、よりよい環境を求めて、あくまでも前に進むものなのだ。より自由に活動できる環境を作り出すために、限定的な特権と人間の人間による封建的な支配体制を廃止し、次々と人間を縛り限定する規制が緩和されていった。こうして近代の(自由な主体性をもつ人間による)社会へと解き放たれた近代人たちが形作る社会は、より社会化が進み、民主主義化されたものになってゆくこととなった。それまでにあったよいものは、より風通しの良いところに引っ張り出されることによって、多くの人々の手に支えられて、さらによいものとなってゆく。そうした人間の生におけるよさの拡大により、人間は少しずつでも前に進んでいることを実感する。このような人間の生の形態の進化と前進こそが、集団や共同体を成立させていた規制を緩和することを通じて現代の社会が到達を夢見る民主主義的理想の追求の形態そのものなのだもといえる。
だが、現実には理想通りには決してなってはいない。厳しい規制によって不可侵のままに保たれていた人間を人間らしくしていたものが、その規制の緩和とともに一斉に地べたへと勢いよく引き下ろされてしまった。そこでは、これまでには考えられなかったような大量の粗雑なものが生み出され、それまでにあったよいのものを数と量で圧倒して蹴散らして蔓延るようになる。規制緩和の動きは、新しい時代の病理の素を広く津々浦々までまき散らす役割を全うするというあまりありがたくない機能をも果たしたようである。これによって、本格的に深刻な近代の病が一気に発症した。そして、病で免疫力を失い露になった歪みやいびつさから溜まっていた膿が噴き出すと、社会の動きは著しく滞り、硬直し、そのまま死に至るということにもなりかねない。新たな歪みの種をまき散らしながらもしぶとく蘇生して、何度も生き返った/何度も生き返らせられた近代社会のシステムが、ここにきて本当に立ち行かなくなりつつあるのである。

そんな現在の社会において、そうした社会のあり方をある意味で象徴するかのような形で国民的な人気を獲得しているアイドル・グループがある。それが、言わずと知れたAKB48である。年末も、年始も、そして3月11日の前後も、特別な日も普通な日も関係なく、彼女たち(のうちの誰か)の姿をテレビ等のマス・メディアを通じて見かけない日は、もはやない。いつどこを見てみても、当たり前のように、そこにAKB48はいる。テレビでCMばかりが流れる時間帯であれば、一分間のうちに複数回その姿を見ることだって可能であろう。
AKB48というアイドル・グループは、ひとつの大きな経済活動や現代型のビジネスのモデルとして、この社会のもつ消費と快楽の欲望を最大限に有効に引き出し、それに律儀に経済原理に則して応対し、大衆の消費行動の有り様に最も的確に幅広くフィットすることで、非常に大きな成功を収めるにいたった。いまやリリースするシングルは、軒並み100万枚以上の売り上げを記録(12年5月23日に発表された“真夏のSounds good !”は、選抜総選挙に投票するためのシリアルナンバーカードが特典としてついていたこともあり182万枚を売り上げている)し、11年と12年の年末には二年連続で日本レコード大賞を獲得している。
選抜総選挙と呼ばれるメンバーの人気投票への投票権や握手会イベントへの参加券などが特典としてついた1600円のCDを短期間に大量に売りさばくのが、いわゆるAKB商法といわれているものの特徴である。そこでは、もはやCDは、歌や音楽を記録した半永久的な再生用の媒体というよりも、そのパッケージに封入されている幾つものヴァリエーションのある特典と抱き合わされることよって賞味期限/消費期限つきの生ものの一部に変質させられてしまっているといってよい。そして、その商品の価値を安いものにするのも高いものにするのも消費者の消費行動次第となる。特典付きCDの価値は、それを手にした消費者がそれをどれくらい消費するかという意思や行動によって決定されるのだ。そこではCDは買って聴くだけのものではなく、消費者に多くの楽しみをもたらす予約券のようなものになる。購入したCDを聴く必要は、もはやない。よりよい特典を手にするために同一のCDを大量に購入したとしても、聴くためのCDは一枚あれば十分だろう。全ての選択の自由は消費者側に委ねられている。そして、その選択肢に多くの幅を設けて消費者の消費欲望を煽るだけ煽るのが、売る側の巧みや戦略でもある。目の前にズラリと並べられた商品を積極的に消費すればするほどに、AKB48というアイドル・グループが提示する娯楽性をエンターテインメントとして楽しむことのレヴェルも相対的に上昇する。ただし、それによって消費者にとってのその消費行動がもつ価値は高まるが、それと同時に、その商品のCDとしての価値は破壊的なまでに下落することになる。しかし、それは、旧来の伝統的な音楽を聴くという単一的な娯楽性しかもたないCDの価値でしかないのだ。AKB48は、音楽CDに新しい時代の娯楽性と消費者向けの価値を付加してみせたのである。AKB48のCDとは、もはや音楽CDなどという時代遅れのものとは根本的にその性質を異にしているのである。
だが、そうしたAKB48型のエンターテインメントのあり方は、あまりにも歪みやいびつさが露になった現代的な経済原理と密接に寄り添い、それを反映し俗悪なまでに増長するものでありすぎるようにも思える。大きく成長するために(狡賢いまでに頭を働かせ)真っ直ぐに前に進むことが近代社会の基本的な精神原理であるからには、このやり口は確かに正しい。だが、明らかにいびつな様相をもつものでもある。こうした巨大な規模の特典商法を繰り返し行うことで、莫大なまでに膨れ上がった消費者の消費欲望は一時の快楽を伴う娯楽とダイレクトに交換される金銭という形で生々しく引き抜かれ続ける。そして、AKB48は、その大衆向けサーヴィス産業の最も素朴で高度な超商業主義的集金モデルによって、徹底的に日本のアイドルというものをおもしろくないものにしてしまったともいえるのである。70年代に始まり、80年代に黄金期を迎えた、日本的な「かわいい」の感覚をひとつのスター・システム的な形で発露させたアイドル現象やアイドル文化というものが、そのシステムが当初からもっていた戦略的運営のメソッドを極限まで押し進められて、末端の末端にまで高度資本主義的/新自由主義的イデオロギーを行き渡らせた形態として完成させられたAKB48の大成功/大勝利によって、完全に焼け野原と化してしまったのだ。AKB48が通った後には、もはやしばらくは新たに草木は育つ気配さえなくなってしまうのではなかろうか。郊外の大型量販店的な雰囲気消費にも対応しているABK48は、それまでのアイドル現象やアイドル文化が孕んでいた「かわいい」を特権化し商品化して猛烈な勢いで消費する閉じた歪みやいびつさというものを、まるで抉り出すかのように露にしてエグい記号化の果てに拡大再生産させてしまった観がある。
始まりの時から存在していた歪みを一気に露にしてしまうことで、それ以前にはそれが当たり前のこととして少々ウネリながらも流れ続けていたものが根底から破壊され歪みがバイパス化されて危機に瀕することになる。AKB48以降のアイドル現象やアイドル文化は、思いきり開き直るかひたすらコンセプチュアルでマニアックな在り方に偏るかのふたつにひとつの選択を迫られている。そこでは、完全にメタメタな別ものに突き進んでゆく傾向が強まっており、もはやそれまでの素朴なアイドルらしいアイドルの様式は取り戻せなくなってしまったといってよい。100万単位で売ろうとする機能に長けたAKB48だけが大量に蔓延り、過当競争に敗れた弱小アイドルたちは蹴散らされ駆逐され華々しい成功の影の土台とされてしまう。これは、アイドルの世界のことであるが、まるで社会の縮図を見るようでもある。

何が、こうした歪んだ社会の構造を明るみに出し、それを増長させているのか。あらゆるものが多様化し多層化してゆくにつれて規制緩和で開けた道にできた泥濘のスレスレをすり抜けて巧妙に儲けようとする商業マシーンが、なりふり構わぬ動きを見せるつつあるように思われる。そして、そうした動きは、一旦ぬかるみに足を奥にまで踏み入れてしまうと後戻りできなくなり、ジワジワとその動きを進行させ、激化する競争の中でぬらぬらと一気にその動きをエスカレートさせてゆくことになる。こうした雪崩式に無茶苦茶なものなりつつある社会/経済活動の動向おいて、実に当たり前のものにして有りがちな人間の欲求や欲望にダイレクトに訴え、巧みに広範囲から小銭を掠めとるように儲け続けている狡猾な大人たちが存在していることは、間違いなく(とてもそうは見え難い部分もあるが)大きな問題である。現代の社会/経済のシステムは、強者のための勝利の方程式を強化する仕組みとして、巧みに使い回されるだけのものとなりつつある。狡猾なものたちは、上の方にも下の方にも明るいところにも暗いところにも(あらゆる階層に)潜んでいる。つまり、その詐取/搾取/詐欺の手口の基底にあるものは、近代社会とその社会の中に巣食い/強化されていった透徹された資本主義経済が生み出した「声の大きい」詐欺師(いかさま師)が、その体質を肥やしながら(大衆/万人にとって分かりやすい形で)前進する動きを稼働させる(社会における正当性をまとった)規範(ルール)そのものなのである。それが、いびつな社会の正当性に裏付けされた方向性を確信して、この社会全体に深く(根深く)浸透しきっているのだ。

どこまでも前進して今の自分より成長した自分になりいと願いつつ、今あるものは決して失いたくはない。それゆえに、次第にあまり変わりたくないという思いの方が大きくなってくる。だが、そのように思えてくるのは、今ここに永続的に保持したいものがあり、今この社会に生きるメリットのようなものを何かしら現状において得ているからにほかならない。絶対に手放したくないものが、今現在その手の中には、しっかりと握られているのである。そして、そうした前進し続けようとする社会の周縁部には、変わりたくても変われない人々が存在している。積極的に生きようとする意志を不可抗力的に挫かれ、消極的に静かにひっそりと貧しく生きる生活から変わってゆけなくなっている階層が、そこにはある。そんな、変われずにもがいている層にも様々な様態があることに目を向けること。そこにある目に見えないものを見ることこそを、この問題の解決へ向けての第一の突破点とするべきであろう。社会のデコボコの穴に小さく弱いものたちを押し込めているのは誰なのか。この社会の構造を固定化させる動きに騒々しく賑やかにエネルギーを注ぎ続けているのが、上から下まで様々な階層に存在している宣伝と広告の技術に長けた声の大きい詐欺師たちでることは間違いない。そこで景気のよい掛け声とともに振り回されているのが、過去の成功モデルだろうが、現在の成功モデルだろうが、それらの粗雑なミックスであろうが、このいびつな社会構造をある意味では狡猾に利用して、詐取システムをピンポイントで稼働させ、巧みに搾り取ってゆく機構が堅持されていることに全く変わりはないのだ。そして、その底辺では乾涸びているものたちが、ますますカスカスになってゆくことになるのである。

AKB48を批判することは、決して間違ったことではない(正確には、AKB48の音楽以外の部分を主として批判することであろうか)。その極端な商売のやり方の面からのみでなく、文化や娯楽・芸術といった側面からも猛然と批判がなされなくては、この国の社会も大衆もこのまま恐ろしいほどの勢いで没落してゆくことになるだろう。そのグループ/集団の社会的/経済的な成功というものが、「声の大きい」いかさま師たちが策を弄して練り上げた壮大な詐取構造の道具でしかなくなっている現状では、そこら中をただ美味しそうに見える撒き餌だらけにする仕掛けは残念ながら非常に有効であるといわざるをえない。その後は、まさに濡れ手に粟の如く策略の規模を膨れ上がらせられるだけ膨れ上がったいびつな商法そのものが、えげつないエンターテインメント性をまといながらもエスカレートしてゆくことになるのだ。こうした根本の部分から決定的ないびつさや歪みを内包している黒い娯楽産業に対しては、殊更に厳しい批判に晒しておくことが必要なのではなかろうか。その体質や構造は、根本的な部分から批判され(具に省みられ)なくてはならない。それによって、独自の進化を遂げてきた日本の芸能文化やアイドル文化というものが徹底的におもしろくないものになってしまうとしても。そこには最初からある程度の歪みやいびつさが存在し、それを承知で文化的な娯楽性が毒々しいまでの花を咲かせ押し進められてきたのだから。
資本主義の基本的精神に則したある種の社会的要請でもある狡猾な手口を最大限に機能させることで、欲望の消費が加速する現代においては、その社会そのものの機構の流れをも巻き込んで爆発的に売れるものが出現することも稀ではない。その最も売れているものこそが、その社会をある意味では映すものともいえるだろう。だが、絶対的に正しいものが、最も売れるものになるとは限らない。大衆の感情の方向性を何となく納得させる真正さのようなものを巧妙にパッケージ化して大々的に売り出される(何となく良さげな)商品が、消費の欲望を刺激し着実に売り上げを伸ばしてゆくのである。最も売れるものは、社会に広く行き渡ることで、そこにある(上と下の)歪みを一時的に覆い隠し、新たな(内と外の)小さな歪みの種を広範囲に渡って植え付けてゆく。そしてまた、その商品が引き出す消費者の消費欲望の尋常ではない強烈さが、すでに露になっている歪みやいびつさを、さらに抉り出す作用因となることもある(上と下/内と外の隔絶)(上と下/内と外の水平化)。
「AKBを批判するから日本は衰退し続ける」というけれど、あのいびつさには真正面から批判されなければならない部分が確実にあるはずである。どことなくグレイだが「何となく良さげ」「何となく楽しげ」をふんわりと肯定してしまうことの危険性に、今この時代だからこそ意識的にならなくてはいけない。社会のあちこちに歪みやいびつさ、そしてほつれや破綻・瓦解の様相が露になってきていることは、何を意味しているのか/何をわたしたちに知らせようとしているサインであるのかを、しっかりと考えてゆかなくてはいけないだろう。実際のところは、AKB48を批判しようと批判しまいと、今のままでいてはこの国は確実に衰退し続けるのである。現在のこの社会の無茶苦茶さの結果として、異常に明るい光が照るところの真下に、異常に暗い影の部分ができている。その暗い場所に鍋底の汚れやシミのようにこびりついた石ころや雑草たちに、何らかの方法で光を届けなくてはいけないのではなかろうか。このまま道端で乾涸びさせて/萎びさせてしまえば、ゆくゆくは何事もなかったかのように済ませてしまえるのかも知れない(後に残るのが草木も生えない砂漠であったとしても)。おそらくは、それが最も簡単で最も手っ取り早い対処法なのであろう。だが、それは、これまでのように石ころや雑草が静かにひっそりと黙り続けていればの話である。道端で「どんな気分だい」と問いかけられた石ころや雑草が、ただ冷たく厳しい風に吹かれているだけの屈辱をはね返して一斉に猛烈に唸り声を挙げて異議を唱え始めたら、このガタガタでデコボコな社会は、どのように対処/対応するのであろうか。それらの声を全て聞き取ることのできる上等な耳を、この社会に生きる人々は持ち合わせているであろうか。必死に生きようとする本物の血の通った人間の切実な声を、今でも彼らの耳は聞き取ることができるであろうか。今こそ孤立したものたちが孤独の歌を歌うべきときである。誰かに聴かせるために歌うのではない。そして、その歌には投票権も握手券も付くことはない。それは、どうしようもない本当の孤独の歌だ。道端の転がる石ころたちが歌い、雑草たちが精一杯に広げた青い葉が闇の奥底から語り始める。(13年)(14年改)


〈メモ〉
そもそもAKB48に孤独を歌うことは不可能である。基本的にAKB48のパフォーマンスは、まばゆい光に満ちあふれる明るい場所での仲間たちとの連帯や団結を見せる/魅せることによって成り立っている。その熱く賑やかで華々しい場所からは、道端の石ころや雑草は決して見えることはない。
そもそもAKB48は孤立無業者に歌いかけることはない。この160万人がAKB48のCDを大量購入するような積極的な消費活動に参加する確率は極めて低い。AKB48が消費行動・投票に参加しないものの欲望を満たすことは決してないだろう。
現在、AKB48が新たなターゲットとして狙っているのは、まず最初にデフレ状況から脱却して賃金が上昇し始めるはずの企業勤めをする20代から50代の男性会社員たちだと思われる。すでに缶コーヒーのCMではAKB48のメンバーが若いOL役で会社組織の内部への潜入を開始している。そのうちに日本経済の成長戦略を後押しをするという謳い文句のもとに、一生懸命に働く人々(サラリーマン)のための応援歌を次々と(お茶の間向けに)ユニゾンで歌い始めるはずである。

空回りのサイクル。同じことだけを繰り返す毎日。ただ何となく動いているけれど、それがほかの何かにエネルギーを伝えて新たな動きを生み出しているようには思えない。毎日ひたむきに頑張っているのだが、全く前進しているようには見えないのである。繰り返される規定の時間内の労働によって社会のシステムを決して止めずに動かし続けることだけには辛うじて貢献しているようだが。代わり映えのしない毎日に、次第に意味らしきものは薄れてゆく。半分眠ったままでもこなせるようになる毎日の行動/活動。社会はそれを熟練と呼ぶこともある。そこでは、必要以上に頭脳を使うことはなくなってゆく。予め決められたことの決められた範囲内での繰り返しであるから、頭脳というものの必要性は極限まで減縮されてゆくことになるのである。動いて余暇、また動いて余暇。その繰り返し。意味のない労働と意味のないストレス発散。意味のないリフレッシュ。人間の毎日の生活は、とても簡単に非常に楽に生きられるものとなってゆく。どこまでも軽く小さくなる人間。水面に浮いたまま、もう二度と沈むことはない。

最底辺に落ち込んでしまったものたちをも救うことができるようになるとき、何としてでも前へと猛進しようとする近代の社会を見限って人間は、そのまま緩やかに没落へと向かいはじめるのかもしれない。前に進み上り続けようとする栄光を求める本能は、決して人類全体を最終的に幸福にすることはないのだろう。人類の歴史とは、そうした試みの失敗の連続そのものでもあった。近代社会を生きる個々人にとっての幸福とは根本的に異なるものであるらしい本来の人間にとっての幸福をどのように認識できるかが、これからの人類が生きてゆくことのできる未来の射程の長さを決定することになる。栄光からの没落が、人間らしさの回復に接続される。ギリギリのところで。


【参考】
孤立無業者「SNEP」が急増中
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/02/19/ranks-of-unseen-unemployed-sneps-growing/
AKBを批判するから日本は衰退し続ける
http://blogos.com/article/53435/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


誰が孤独を歌うのか(六)

2014/03/01 02:00
誰が孤独を歌うのか



補論

特に何も誰かの役に立つようなことができてはいないような気がしているので、とてもとてもおこがましくて恐縮してしまうのだが、今年も何とか無事に誕生日を迎えることができた。ひとつ歳をとるということは、年齢の一の位の数字がひとつ先に進むことであり、この変化は、まだ自分がこの世に生きてここにいるということの(極めて確かな)証でもある。誕生日とは、生きている人間が毎年必ず通ってゆかなくてはならない一里塚のようなものだ。そんな、常に一里塚が傍らにあるような変に特別な感覚を24時間ずっと味わわされることになる一日が、今年もやってきたのである。そしてまた、今年もその日を妙にふわふわと浮ついたままの状態で過ごした。誕生日という日は、この世界の内部に自分という人間が存在しているということを、じっくりと噛みしめるのには最適な一日である(それ以外に特にこれといってすることがなければの話だが)。さらにいえば、この世界の中に自分も実際にひとりの生きる人間として存在させていただいているのだというような、妙に改まった気分にさせられるのも、この誕生日という一日の大きな特徴である。
静かないつもと変わらぬ二月上旬のとある一日。毎年のことであるが、それはとても二月らしい寒い一日であった。さすがに母親は、その日が自分の息子の誕生日であることを忘れてはいなかったようだ。最近は物忘れがひどく多少ボケ始めているような気配もあったので、何とか忘れずに覚えていてくれたことに、こちらがひと安心させられた。そして、Facebookでは高校時代の同級生が誕生日を祝うメッセージを書き込んでくれた。かなり長いこと実際には会っていないが、やはり同級生という存在には、非常に特別なものがある。10代の三年間の毎日を同じ場所で過ごしたというだけであるが、無条件で深い親近感を抱くことができる。会えばすぐに昔の感覚に戻れてしまうという感覚も、そうした同級生だけがもつ特別な関係性によるものなのであろう。それゆえに現在のソーシャル・ネットワーキング・サーヴィスなどの場においても、昔の10代の頃の感覚のままにコミュニケーションがとれたりする。とても不思議なことである。ただし、そんな感覚でコミュニケーションのとれる同級生も今ではそのひとりだけなのであるが。
今年の誕生日は、母親とたったひとりの心優しい高校の同級生を除けば、ほとんど誰にもそれと気づかれることなく、ひっそりと過ぎていった。自分からそのことについて誰かに向かって言及することは全くないので、誰も気づかなくて当然といえば当然なのである。いや、そんなことは知らなくて当然であるのだから、ひっそりと過ぎてゆかない方がおかしいとも言える。自分の誕生日のことなどは、取り立てて誰かに自分から言うほどのことではないと思っている。誰かがそれを知ったとしても、それが何かの役に立つようなことは決してないであろうから。何の使い道もない無駄な情報ほど不必要なものはない。広く名前が知れ渡っているような有名人であれば、自分の誕生日が多くの人に知られていたとしてもおかしくはないだろう。しかし、別に有名人ではないのだから、誕生日がいつであるかなんてことは誰もが知っている必要は全くないのだ。それに、有名であるかそうでないかには関係なく、決して多くの人たちに誕生日をお祝いされるほどの傑出した大層な人物でもない。だから、その一日がひっそりと通常通りに過ぎてゆくのは当然すぎるほどに当然のことなのである。ただし、そういったことぐらいは充分に承知していたつもりであってもなお、実際には、あまりにも通常通りすぎると、この社会の中で全く誰からも存在を知られずに生きているような心細い気分にさせられてしまい、とても重苦しく沈み込むような気分にとらわれる瞬間が幾度もあった。まあ、おそらくは、本当ににその通りなのである。ほとんど誰からも気に留められず、誰の目から見ても存在しているのかいないのか皆目わからないような存在なのだ。しかし、それを現実のものとして自覚することは、さすがに自分のことながらも自らの境遇の侘しさに身につまされるものがある。それも、極めて確かな現実として受け止めることは。
かつてボブ・ディランは、あの甲高く上ずった人間離れした歌声で「誰にも相手にされず、道端に転がる石のように生きるのは、どんな感じだい」と歌った。道端の石ころにだって、道端の石ころが道端の石ころとして生存してゆくための世界がある。道端の石ころの目の前には、道端の石ころにしか見えない景色がある。だが、大きな視点から眺めれば、そんな道端の石ころなど存在していてもいなくても特に変わりはないようなものである。道の真ん中を前向きに歩くものの目には、ちっぽけな道端の石ころの存在なんて決して目に入ることはないだろう。だが、ディランはわざわざ足を止めて道端に視線を送り、執拗に問いかけてみせる。道端に転がる石ころに「どんな気分だい」と。しかし、そんな問いかけに対して、答えとして返せる言葉が石ころの側にあるであろうか。そもそも道端の石ころは、毎日ほとんど言葉を発することなく、静かに孤独にひっそりとそこに佇んでいるだけなのだから。その凄まじく静かな佇まいゆえに、道の真ん中を忙しく通り過ぎてゆく人たちには全く気にされることもないのである。誰も気にかけられず、誰もその言葉を聞こうという素振りをみせるなんてこと全くなかったというのに、いきなり質問を投げかけられた時にだけ、それに応じなければならないなんて、ちょっと理不尽な話ではなかろうか。まさか、石ころが喋る言葉をもっているなんて思いもつかないことなのではなかろうか。質問をしてみたところで、その答えが返ってくることはないと最初から踏んでいるということか。まあ、道端の石ころの存在を気にも留めていなかった人たちは、そこで静かにひっそり生きているものたちが言葉を発している場面など、これまでに一度も見たことも聞いたこともなかったのかも知れないが。それぐらいに、道端の石ころは、この広い世界の中で忘れ去られた存在となっている。

連続する二日間(48時間)に家族以外の人間との関わりの全くない生活を過ごしている(とても孤独な)人々を、どうやら最近はSNEPという括りでひとまとめにして、ボンヤリとその不気味な存在をあぶり出そうとする動きがあるようである。SNEPとは、Solitary Non-Employed Personsのそれぞれの語の頭文字をとった略語であり、日本語では孤立無業者という見るからにすさまじい五文字が並ぶフレーズがその名称に適用されている。これは文字通りに、社会の中で孤立している無業のものということだ。日常の中で人間との接触が全くなく、仕事がなく、金がなく、ひとりきりで暗く寂しく貧しく静かにひっそりと暮らしているもののことである。今、そんな人々が、この国には162万人以上もいるという。まさに道端の石ころや雑草のように、静かにひっそりと社会から孤立して生きている人が、そこら中にいっぱいいるのである。SNEPな人々は、ほとんど誰からも生きていることを知られずに、巨大な生きることに対する言い様のない不安だけを抱え込んで、暗く乾涸びた毎日を侘しくきゅうきゅうとしながらやり過ごしている。
家族以外の人間ということになると、道でばったり近所の人と会った時ぐらいにしか実際に誰かと言葉を交わすことはない。だが、そんな誰も知っている人に会わない孤独な48時間を過ごすことは、あまり稀なことではないのかも知れない。そういう意味では、ほぼ完全にSNEPそのものの毎日を生きているということになるだろう。つまり、社会の中で孤立してしまっている、ほぼ無業のものということだ。そんな自分と同じような毎日を過ごしている人間が、この国には今160万人以上もいるのである。実に驚くべき数字だ。これは、(あまりにも己のことを棚に上げたような言い方であるが)大変に由々しき問題である。この輝かしきものであるはずの人生への漠然とした灰色な大いなる不安が、約160万以上もこの国に渦巻いているとは。はっきり言って、ただごとではない。
孤立無業という状態は、それが時間的に長引けば長引くほど、経済的な困窮の度合いは増し、精神衛生的にも非常にまずいものとなってゆく側面がある。孤立して完全に生産的な活動からは隔絶された蚊帳の外の日々を生きる。そんな境遇の真っただ中にあると、人間というものは、ひとたび落ち込む気になれば際限なく落ち込むことができてしまう。もう二度と戻ってこれなくなってしまうのではないかと思えるほどに。そして、基本的に誰かとの接点がない状態がしばらく続いていると、その何らかの接点への糸口さえもが急激に遠離っていってしまうものなのだ。一度遠くなった接点は、なかなか手を伸ばしても手が届かないものになってゆく。孤立した無業のものたちは、道端の石ころや雑草のように社会の中で忘れ去られ、この世界の中での自分の存在意義/存在意味というものをも見出せなくなってしまう。そうしたものは、闇の中で一旦見失ってしまうと、なかなか再び見つけ出すことができないものなのである。元々が、とても薄ぼんやりとしていた実感のあまりないものであったがゆえに。
なぜ、この世界に自分が存在しているのかということの意味が分からなければ、生きるということ自体に対しての希望が全くもてなくなってくる。道端の石ころや雑草なんてものは、大きな社会の中にあっては取り立てて何かの役に立つようなものではないし、そんなものをいちいち注意して見ている人は滅多にいない。まあ、ザックリといってしまえばあってもなくてもそう大差はないものなのである。道端に、石ころが転がっていようがいまいが、雑草が生えていようがいまいが、道の真ん中を真っ直ぐに進んでいる人間にとっては、その先々の出来事に対してそれは何らかの影響を(直接的に)及ぼすということはほとんどないのである。道端の一角の非常に狭い世界と何らかの関わりをもつというようなことがない限りは。普通に考えて、石ころにも雑草にも未来も希望も(見出せ)ないのが当たり前といえば当たり前のことなのだ。そこには、明るい光が差し込むことは全くない。今、この国は、そんなSNEPという将来の自殺者予備軍ともいえそうな人生の破滅を目前にしている160万以上の人間を、その根底に抱え込んでいる。さて、この問題をどうするべきか。この160万人以上の人々は、孤立して無業のまま暗く侘しく貧しく静かにひっそりと野垂れ死んでゆけばよいのであろうか。

このまま、こうした状態が放置されたままであれば、この状況はさらに悪化してゆくであろうし、今現在の160万人以上の孤立無業な人々の行く末も暗く貧しく侘しくとことんまで先細りしていってしまうであろう。社会から見捨てられ/見離されて本当にどうしようもないことになっている、ひたすらに暗黒な未来しか目に見えていない人は、本当に沢山いるはずなのだ。そうした人々が、社会の片隅や奥底に、ひっそりと息をひそめるようにうずくまっている。こうした孤独者たちの周囲に形成されている人間関係は、実に希薄で範囲が狭く脆弱なものである。人間同士の繋がりがあまりなく、目立った活動もないために、その人の姿は誰の目にも見えないものとなっていってしまう。でも、社会的な動きが全くなく、生きている人間の気配が全くないところにも、そんな人々は確実に存在しているのである。おそらくは、誰にとってもとても身近な場所に、想像しているよりも遥かに大勢が。そして、間違いなくこれから猛烈な勢いで、その数はさらに増加してゆくはずなのだ。孤立して無業な、暗黒色に塗りつぶされた不幸な将来だけが確約されている人たちが。
孤立した無業者は、なぜかこれだけは誰の人生にも平等に割り振られている勢いよく流れ去ってゆく時間を、ただ無為にやり過ごしながら、どうしようもない不安だらけの灰色の今を抱え込むようにして生きている。そこに最後の希望への糸口が見出せるとでも思っているかのように。その今という瞬間の先にある将来の時間の流れの中に、何も希望が見出せなくなっている。そこに待ち構えているものは、今はまだ暗黒に包まれていて、漠然としか眺めることはできないが、それは確実にくる。そのことだけは、確実に分かっている。孤立して無業な状態が、そう簡単には好転しないことも、すでに痛いほど思い知っている。だからこそ、そこで感じられる不安は、とてつもなく大きく深く重くなる。そして、それは片時も離れずに胸の中にあり、ずしりとのしかかり続けている。ただ、最悪の暗黒に包み込まれてしまう将来というのは、今から5年後のことかも知れないし、もしかすると10年後のことかも知れない。そう考えると、少しばかりの猶予があるようにも思える。だがしかし、やや極端なことをいうならば、それはすぐ先の明日か今のその次の瞬間のことかも知れないのである。社会の片隅や奥底で孤立している無業者たちの重苦しい不安の中では、明日も10年後もそう大差はない。そこには、重苦しい不安だけが、ただただ膨れ上がり渦巻いているだけなのだ。

暗く深い竪穴のような場所に落ち込んでしまったままで、何もできなくなってしまう。自分でも、自分の落ち込んでしまっているそうした状況が、とてももどかしい。だがしかし、決して何かを諦めてしまったわけではないのだ。人間らしく生きることを諦めてしまっているわけではないし、自分では誰よりも人間らしく生きようと思っているつもりではいる。だけど、どんなにそう強く思っていたとしても、なかなかそう全体的には思った通りにうまくはゆかないものなのである。うまくできてないのは、自分の力が全く足りていないせいかも知れない。だからといって、諦めてしまっているわけではないのである。そして、もう何をしても無駄だと思っているわけでもない。何もかもうまくゆかないことに対して、ただただ底知れぬ無力感に浸りきっているわけでも、何かをする自信を完全に喪失してしまっているわけでもない。この暗く深い穴の底から自力で這い出そうとして、精一杯に尖らせたかぎ針のついたロープを投げ上げようとしているのだが、それを引っ掛けるための適当な場所が全く見当たらないだけなのだ。そのための適当な場所を探し続けるだけで、ただただ毎日が過ぎてゆく。突然、状況が一変するようなことは滅多にないだろうから、見当たらないものはいつまで経っても見当たらないままだ。ただ目を凝らして、ぼんやりと辺りを見回すだけの日々が続く。おそらく、その姿は端から見れば、ただただずっとそこに突っ立ってぼんやりしているだけにしか見えないかも知れない。かぎ針を引っ掛ける適当な場所が見当たらないのならば、ロープなど投げずに、腕と脚を使って壁面を這い上がってこいといわれるかも知れない。だが、それは決して容易なことではない。もしも、誰かがそのやり方の手本を見せてくれたとしても、そんなことが誰にでもできるとは限らない。そんな頼みの綱すらない状況に直面させられることで、さらにまたただただずっとそこに突っ立ってぼんやりしているだけしかできなくなってしまう。

社会の中での存在感がなくなればなくなるほどに孤独で孤立してしまっている状況に光は届かなくなり暗さは色濃さを増してゆく。そして、そうした日陰になった部分に、とても貧しく寂しい階層が、ゆっくりと確かに広大な裾野をもって形成される。もうすでに、それはすぐそこにある。まるで壁や天井に点在するシミのように、知らないうちに社会のあちこちで小さな黒い点となって静かに佇んでいる。そのシミは、それぞれに硬直し凝固して、社会の奥底にこびりついている。強力な洗剤で洗い流そうとしても、そう簡単に一掃して洗い流せるものではない。そのシミのそれぞれは孤立していて、社会の中での存在感がまるでなく、なかなか目には全体像が見えないものである。まるで頑固な焦げ付きのように、社会の鍋底にびっしりとこびりついているシミ汚れ。ひっそりと、実に静かに。そのシミは、このひとつの大きな鍋の底に160万以上も息をひそめるようにこびりついているのである。これほどの数になったら、たかが鍋の底の汚れやシミだとしても、もはや見て見ぬ振りはできないはずである。そのこびりつきは、あまりにも大量でひとつひとつが深刻な問題を孕んでいるのである。さて、どんな高度な技術をもった天才料理人であれば、この汚れきった鍋を使って、おいしい料理を作ることができるであろうか。
この鍋底に汚れのようにこびりついた孤立無業者の階層は、これから時間の経過とともに確実に社会という大鍋にとっての致命的な重しとなってゆくであろう。この硬直し凝固していながらも、どんどんと膨れ上がってゆく、社会の中では存在感の全くない底辺の階層の存在によって、社会はその重みに耐えきれずに正常には立ち行かなくなり、全く前進することができなくなる。そんな社会全体にとっての悲劇が現前化してしまう前に、すっぱりと汚れた鍋底を切り捨てて前に進んでしまうのもひとつの手であろう。静かにひっそりと暗闇に落ち込んでしまっているものたちは、道端の石ころや雑草と同然の存在である。そんな塞ぎ込んでいたずらに停滞している階層などは、絶えず高みを目指して前進してゆこうとする人類の未来にとっての重荷であり、飽くなき幸福の追求にとっての障害でしかないのだから。思い切って見捨てて切り捨ててしまったとしても、何の問題もなく、かえって(前向きな)社会にとってはプラスとなることであるのかも知れない。鍋底なんて、また新しいものを用意すればよいのだ。孤立無業者たちよりも、もう少しそれなりに動けて旨味を搾り取れる使い勝手のよい層から。

豊かで賑やかで色鮮やかな日常がある。真っ当な人間の人間らしい生の在り方としての。だが、どうやら現在の社会が設けたルールにおいては、人間であれば誰でもそうした真っ当な人間らしい生が無条件に生きられるわけではないようだ。人間が人間らしく(現代人らしく)生きるためには、それなりの条件をクリアしなくてはならないらしい。そうした条件というものは、いつの時代にも(その時代なりの条件として)あったものなのであろう。だが、この社会においては、その条件のハードルは、とても高い位置に設定されている。ただし、真っ当に飛べる能力と従順さがあれば、そのハードルの高さは、それほど高いと感じられるものではないのかも知れない。しかし、誰もが、そのように真っ当に飛べる人間ばかりとは限らない。人間の中には、とても重いものたちが存在している。もしかすると、現代の社会においては、誰もが真っ当な人間らしく生きる条件を楽々とクリアしてしまっては、ちょっとまずいことでもあるのではなかろうか。踏みつけるための大量の石ころや雑草の存在を切実に必要としている社会が、もうすでに今ここにあるということなのかも知れない。
豊かで賑やかで色鮮やかな日常とは、孤立した暗いものたちにとっては完全に無縁な世界としてそこにある。闇の底の生には、賑やかさも色鮮やかさもない。豊かで賑やかで色鮮やかな日常では、大量消費社会の高度に発達した機能が、そのプログラムそのままに最大限に謳歌されている。その日常の生活を旺盛に生きようとする生のサイクルが、社会に備わっている消費と生産の機能を正しく前進させる機動力/原動力となって、それが大量に消費される商品の流れによって色鮮やかに彩られれば彩られるほどに前進のための推進力は強力になり加速度を増してゆく。そして、そうした絶えず速度を増してゆく社会の道端に、石ころや雑草のように孤立した無業者たちが、賑やかな動きとは全く関係なくジッとこびりついているのである。
大量消費社会は、ありとあらゆる需要に応じるためにありとあらゆる商品を経済の場の隅々にまで行き渡らせる機構を、人体における血管のように張り巡らしている。そして、その機構は、自らの内部の根幹部分を強固にしてゆくための要請として、機構そのものである張り巡らされた血管からごっそりと栄養分を吸収し続け、再びそれを機構の隅々にまで吐き出して、その莫大なサイクルを拡大させてゆくことで、より強固な機構を構築してゆくシステムのムーヴメントを完遂させる。高いものは高いものを購入する層へ。安いものは安いものを購入する層へ。採取的には、あらゆる商品が大量消費のサイクルという動きと速度を渇望する大きな口に(的確に狙いを定めて)飲み込まれてゆく。この終わることなき消費行動への欲動による循環こそが資本主義のシステムが先行投資したものを消費者の懐から取り返すための(終わりなき)機会となる。社会を構築している機構は、消費者による大量の消費(活動)を通じて、出来るだけ多くの投資分と利益を掴み取ろうと加速してゆくサイクルを、その機構そのものの(構築/再構築の)ために大きく勢いよく回し続けるのである。
加速する部分は、どこまでも加速してゆく。だが、その周縁では、中心の加速度が増せば増すほどに、溢れてしまった層が猛烈に堆積してゆくようにもなるだろう。消費社会を加速させてゆく機構は、その速度を落とさぬために、高いものを高く大量に消費する層を中心にして効率よく回り続ける形に明確にシフトしつつある。機構は、うまく潤いながら賑やかに回り続けることが出来れば、その消費が高いものを大量に購入する豊かな層のみをターゲットとしたサイクルであったとしても、何の後ろめたさや疚しさを感じることはない。最初から、システムそのものには人間らしさなどは微塵もないのだから。それは、あくまでもシステムなのだ。そこでは、溢れるものは率先して(加速したサイクルから)切り捨てられてゆくだけなのだ。
また、長年に渡りデフレ的な状況が続いたことで、ジリジリと物価が降下を進行させたために、あまり多くを支払わずに、かつてと同じ分量の満足を手にすることが可能になっていた面は確実にある。経済のデフレ傾向における最もエクストリームな経済活動は、(手持ちが少ないゆえに)出来る限り安いものを(貪欲に)購入しようという層において急速に進行する。それが、賑やかで色鮮やかなはずの大量消費社会の中にあっても、貧しくても貧しいなりに安価なものを大量に飲み込んでゆく色褪せた(低価格品の大量)消費行動の維持を可能にするように(できる限り)貧しいものたちを繋ぎ止めることになる。さらに、大量消費の賑やかさの影には、全く大量には消費しない薄暗い層も出現してくることになる。彼らは、出来る限り安いものを購入しようという層をターゲットとして生産された低価格商品を、ほんの少しだけ消費して、極めて慎ましやかに生きている。そうした層の大部分を占めているのが、孤立無業者たちであることは言う間でもないであろう。
そのような、資本主義経済の(排泄する)汚れやカスのように鍋底に溜まっている、活動の範囲の狭さや規模の小ささからマクロな視点からは全く見通されず、ほとんど社会全体にとっては目立った大きな波風を起こすことも何らかの影響を及ぼすこともない、貧しさと侘しさに静けさとともに沈んでいる160万以上の人々は、本当に(社会的に/経済的に)どこまでも無意味な層でしかないのであろうか。静かに慎ましく暮らして、豊かさや賑やかさや色鮮やかさとは無縁に生きて(乾涸びて)、それなりの時間が経過したら、ひっそりと目立たぬように社会から退場してゆけばよいのであろうか。

ひっそりと多くを求めずに這いつくばるように生きている層が底辺にあるからこそ、豊かに潤う満ち足りて色鮮やかな層の存在が可能となっている面は少なからずある。貧しい層から広く薄く掠めとってゆくことで豊かな生活を成り立たせている層が、そこには確実にあるのである。貧しい層が薄暗い場所から浮かび上がろうとする緩慢なのろのろした動き(本能的な動き)に先んじて、その浮上の場所を予め(予測・特定し)奪い去ってしまうことで自らの生活に潤いを得ている層がある。道端で身動きとれずうずくまったままの孤立無業者たちの存在は全く目に入らず、彼らの存在が今のところ目に見えた影響を何ら及ぼしていないとそこでは感じられている。そうだとしても、有り余るほどの富や日々の生活の快適さや人間らしい生の満足を求めて上昇してゆこうと旺盛に活動する階層の下に、それを支えるための土台となる足場が山ほどに必要とされていることは、紛れもない事実なのである。
また、今まさに上層にいるものが、さらに上方へと伸び上がってゆこうとすればするほどに、さらに多くの高く積み上げられた広い裾野をもつ土台が必要になってくる。上層部は十分すぎるほどに潤うために下部の層から本能的に生活動のための養分を常に吸い上げている。その吸い上げられることになった下部の層は、そのさらに奥底の下部の層から活動のために必要なものを補うために吸い上げる。様々な段階の多くの上層部が豊かさと潤いを求めて栄養分を吸い上げる本能的な生活動の行為を行うことによって、広く薄く掠めとられる摂理に従ってほんの僅かなもつものを容赦なく吸い上げられるためだけに存在する最下部の層が形作られる。そして、効率よく効果的に栄養分を吸い上げるシステムと機構の要請によって活発に活動を繰り広げる、それぞれの階層が巨大な土台の上に土台を重ねて、上に立つものが下にいるものを踏み潰すようにして社会という名目を与えられて形成されたピラミッドが堆く積み上げられてゆくのである。このピラミッド状のシステムの大半が、ごく僅かな頂上付近の富裕層の莫大な豊かさと潤いを下から(それぞれの)生の本能によって支えているのである。掠めとられ吸い上げられるだけ吸い上げられて全く余剰をもたない最底辺の最貧困層は、巨大なピラミッド状の重しの下に組み敷かれ、そこにしっかりと貼り付けられたまま固定されてしまう。まるで、鍋底にこびりついた汚れのように。それもまた、本能的な人間の生き方のひとつなのであろうか。
貧しく侘しい160万の石ころや雑草のような階層を、今よりも確実に数段は豊かにするだけの余剰は、この巨大で豊かな社会には充分に備わっているはずである。だが、その潤いは暗い奥底の乾ききった土地にまで行き渡ることはない。人間本来の本能に従って有効に再分配されるはずの社会的な富は、幾層もの上方に位置する層を通過する際に、巧妙に少しだけ多く掠めとられてしまい、その上部の階層の中だけでひたすらに循環して、最終的に乾いた土の上に落ちてくるころには雀の涙ほども残ってはいない。利益/利潤を少しでも多く追求するという前進や成長を正義とする言い分がまかり通り、そこで正統とされる活動のための詐欺まがいのやり口が資本主義経済の原理として徹底的に完遂され全く隙がないほどに強化されているがために、最下層の石ころや雑草たちの地平には少しも(それを分け与えられて然るべきはずの)社会的な富の潤いは降り注いでくることはないのである。その地平は、(社会というピラミッドの重要など大部分でありながら)もはや社会的には社会階層のその下のそれに準ずるものとしてしか見なされてはいないのだろう。それゆえに、それらの富と豊かさは、全て賑やかに生の活動をする正当な経済人たちの手によって吸い上げられてしまうのである。この搾り取るものと搾り取られるものを分け隔てる摂理こそが、片時も休まずに公然と行われている資本主義経済の道徳観に則ったある種の搾取と欺きの手口の一端をなすものでもあるのだ。そして、この詐欺行為は、それと気づかれることなく巧妙により多くの利潤を流れの中から引き抜くことができればできるほどに賞賛を受けることにもなる。
社会の上層で快適に悠々と暮らす大量消費のサイクルを軸となって支えている層としては、いつまでも静かにひっそりと(賑やかさや色鮮やかさとは無縁に)貧しく慎ましく暮らしていてほしい現行の社会の土台をなしている層(これからもずっと社会の土台となってゆく層)がある。そんな個々に孤立した貧しいものたちの僅かな経済活動の中からこぼれ落ちる、ATMの手数料やローンの金利をかき集めて豊かに潤いを手にしている人間たちは間違いなくどこかに存在しているのである。ほとんど詐欺まがいの正当性をまとった手口で搾り取り、貧乏人の経済行動のパターンを予測しきった狡猾な機構を駆使して、そこからさらに可能な限り広く薄く吸い上げる。この社会/経済のシステムが延々と(少しずつ狡賢い知恵を働かせながら)繰り返される限り、静かに生きる侘しく貧しい層は、さらにひっそりとした暗い暮らしを余儀なくされてゆくことになるだろう。そして、その苦しい暮らしには徐々に全く余裕がなくなってゆき、その細々とした活動は薄っぺらで微小なものとなってゆかざるを得なくなり、次第にそこでは人間としての身動きらしい身動きはとれなくなる。まさに道端の石ころや雑草のように、そこにうずくまっていることしかできなくなってしまうのだ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


誰が孤独を歌うのか(五)

2014/02/01 23:00
誰が孤独を歌うのか



今ここに生きる人間は、欲望と欲求を満たして、できるだけ人間らしく生きようとするならば、その人間は死んだように生きなくてはならないことになる。どんなにひとりの人間が、できるだけありのままに人間らしく生きようとしても、その人間は自らの人間らしさというものを決してひとりでは抱えきれないであろう。人間は人間のもつ人間らしさに押し潰されてしまい、生きながらに死んでしまう。どんなにありのままに人間らしく生きようとしても、生きることの重さに耐えられず人間は決して人間らしくは生きられないのだ。
よって、できるだけ人間らしく生きようとする人間は、自らのありのままの人間らしさを殺してゆく生き方を選ぶようになる。生きながらにして死んでしまうのではなく、人間は自らのありのままの人間らしさを殺すことで、死んでしまった人間らしさを切り捨てて死とともに生きてゆくのである。『葉隠』における武士道では、あまりにも人間らしい生から一歩退くことが、人間らしくよく生きるための道であることが説かれていた。これは、人間というものが自らの(身の丈に合った)人間らしさをより生かすために、一歩ありのままの人間の生から踏み出して、自らの生の余剰部分を切り捨てることで道を見極めやすくなり真っ直ぐに生きてゆけるということである。
人間は人間を殺し、人間が人間に殺される。人間が殺す人間は、死んでも生きている。人間は、何度殺しても人間を生かしておくことができる。殺された人間は、殺された人間の中でゾンビとなる。それは、殺しても殺しても決して死ぬことはない。人間が人間らしさとして考える人間の生は、人間のありのままの人間らしさのゾンビであり、それをいくら殺しても人間そのものちっぽけな人間らしさは死んでしまうことはないのである。だが、その厄介な人間らしさを瞬間的に殺して、きっちりと処分しておくことは、人間の生にとって、とても必要なことであると『葉隠』の一文は述べている。
もはやどこにも神が存在する余地はない。神を作り殺害した人間が、自らも自らを殺害し死んだように生きている。自らのありのままの人間らしさを殺した人間は、その人間らしさを事あるごとに殺し続けることでより人間らしくなり、人間の生を犠牲にしながら一歩一歩進み続けている。そして、そのちっぽけでか細くなってゆく人間の生は、どこに向かってゆくのだろう。殺されずに生きながらえている人間の生は、何度も切り捨てられ少しずつすり減ってゆく。いつしか、人間は人間の生を生きるだけではなく、人間の死をも生きるようになってしまうのではなかろうか。そして、その切り替わる地点が、旧次元と新次元の境い目となる。
前向きにがむしゃらに頑張るのでも、生きるために足掻くのでも、平穏な生へと沈降するのでもない、正しく人間らしさを突き詰めようとすることで削り取られすり減ってしまう人間の生。ありのままの人間らしさの死の犠牲の上で、よりよく生きようとする人間が、人間の生を生き、人間の死をも生きる。欲望と欲求に突き動かされて、人間は人間を殺して前に進み続ける。それが人間がありのままの人間の生を前にして本能的に導き出した究極的な正しさでもあるから。そして、そこに合理性と正当性を見出し、あるラインよりも一歩前に進み出てしまったものは、もう二度と後戻りはできないのである。

人間のありのままの人間らしさが人間が人間らしく生きるために殺され、その死んでしまったありのままの人間らしさの屍の上で人間は生きる。もはや、そんな人間の人間性の大部分はゾンビ化してしまっているといってもよい。ゾンビ化した人間性に圧迫されて死んでいる自分を亡きものとして生きている人間は、生きた人間らしさや本当の人間性を取り戻すことができるのであろうか。殺害されゾンビとして生き返ったものは、どんなに蘇生して生き返ったとしても、ゾンビのままではもはや生きているものではない。死者だけがゾンビとなる。では、人間のありのまま人間性は、このまま人間が生きてゆくために死滅してゆくままにしまってよいのであろうか。
人間が自らの手で人間のありのままの人間らしさや人間性を犠牲にする以前には、その役割は神や神的な存在に委ねられていた。それらが、人間の生に苦痛と不安を与えるありのままの人間の人間らしさを取り上げ、人間の人間性を殺し、人間が世界において人間であることに苦しむことなく人間を人間らしく生きられるようにした。その場所では、人間が自然にもつ人間性の全てが、全ての個人に割り振られることはない。それらを取り上げ引き受けるからこそ、そこに神や神的な存在が出現する。人間は人間の世界に人間にされたものとしてある。人間が自然や必然を放棄することで作り出された超越的存在が、人間が抱え込むありのままの人間らしさを手放させ、そこに示される人間らしい生の道を真っ直ぐに歩み出させるのである。
そこには常に神々しいものがいた。いつでも、どこにでも。神が奉り立てられるところに、全ての人間らしい人間が歩み出る。絶対的な超越的存在の前では、人間は常に全員であった。誰かが「一人ぽっち」のとき、全員が超越的存在の前では「一人ぽっち」であった。そこでは、人間がひとりきりにさせられることはない。誰もが「一人ぽっち」にはならず、あるがままの人間らしさや自然な人間性に直面せずにいられた。そして、それゆえに極端な不安や苦悩も個々の人間の上には直接降りかかってはこなかった。そこで超越的存在に示された神の領域と悪魔の領域のその間に、全ての善と悪のバランスを包み込むことができていたのだ。
しかし、人間は神の領域から人間らしさや人間性を取り戻した。人間は自ら人間らしく生きる道を探り、そして自分の足で立つようになった。そして、そこに深くどうしようもない孤独が穿たれた。だが、そんな人間が、また「死ぬ事」を見つけて、そこに神を蘇らせようとする。死んだ神に代わって新たな神を打ち立てることは、明らかに後退であり、迂回であろう。だがしかし、入れ物ごと上下をひっくり返すことができるほどにバランスを狂わせることができるのは、その新しい神だけであるのかも知れない。人間の人間らしさを見失った生のあり方を瞬時にして変えることができるのも、もしかするとその新しい神だけであるのかも知れないのだ。

生と死とは、何であろうか。それは、ひとつのコインの裏表のようなものであろうか。真逆なもののようでいて、実は一体であるものなのではなかろうか。生きているのは、ただ死んでいないというだけのことであり、死んでいるのは、ただ生きていないというだけのことでしかない。生きているものは、ここにいる。死んでいるものは、もうここにはいない。死というものが無な存在としてあるのであれば、ここに存在するということは決して有り得ないことである。もし、死が無であれば、もはや生きてはいないものが、こちら側からコインの裏側の死の領域へと移行したとしても、そこには無しかないのである。全てが無なのであれば、そこには時間も存在することはない。よって、生きているものの側の観点から見て、そのもはや生きてはいないものがどんなに長い時間を死んでいたとしても、死んだものにしてみれば、ほんの一瞬でコインの裏側から再び生の領域へと戻ってくることも可能なのである。今ここで生きている人間が死んだとしても、その人間は死んで無の存在となって人間らしさや人間性の全てを失うことになるが、死の領域に入った瞬間に再び人間として人間らしく飛び出してくることになるのである。生きた人間が生きた人間ではなくなり、死んでいる状態で存在できるのは、限りなくゼロ/無に近い一瞬でしかないのである。
人間は、死という無を生きられるであろうか。人間として存在するものが、無として存在することは可能であろうか。では、人間が人間らしく生きるということは、それがそのままありのままの人間らしさや人間性の全てを失った死んでいる状態なのであろうか。人間は生きながらに死んで無になれるのだろうか。コインがひっくり返り、あらゆるものが転倒した世界では、死は生になり生は死になる。
武士道とは、死してよく生きるという、人間が人間らしく生きるための道であった。そして、死とともに生きる人間の生と生きながらに死ぬ人間の生は、人間が人間らしく生きることにつきまとう不安や苦悩から人間を解き放つことになる。死すことが人間の人間らしい生と重ね合わされてゆくに従って、死は生となり生は死となって、人間は生きながらにして生死の境を越えてしまうことになるのかも知れない。コインには表も裏もなくなり、表だけしかないコイン、もしくは裏だけしかないコインとなってしまう。
表だけのコインと裏だけのコインとは、死となった生と生となった死が、ただひたすらに回帰する無限世界である。三次元からは見通せない次の次元の世界もまた、無限の世界である。そこでは、あらゆる形の組み合わせの道筋の線が、今ここの瞬間を基点に全方位に走り出している。そして、その次の瞬間には、また新たな無限の組み合わせが目前に立ち現れることになる。そこには、無限に無限の道が生成し続ける。そして、その組み合わせの中心点を死という無が横切るのは、ほんの一瞬にも満たないのだ。生者を死が襲った次の瞬間には、その生は再び最初の地点から、無限に錯綜する線の組み合わせの中で寸分違わずに繰り返されることになる。
あらゆる組み合わせが可能となる世界では、全てが一定の方向へ向かって流れてゆくことはない。あらゆるものは、前も後ろも上も下もなく飛び散り、ごろごろと転がり回る。動き出したものは、延々と転がり回り続ける。その動き出しの力にあわせて、それぞれに個別のペースで、それぞれの速度を保持しながら。延々と転がり回り続けていると、どこかで回転が噛み合うものに出会ったり、滅多に回転が噛み合うものに出会わなかったりする。回転が噛み合うもの同士の間では、波長や周波数の同調が起こり、そこに交感や共感が生じる。回転が噛み合うもの同士はくっつき、速度に変化が起こり回転が噛み合わなくなると離れ、またばらばらに延々と転がり回り続け、そしてまたどこかで回転が噛み合うものに出会う。
延々と転がり回り続けているものの中には、ゆっくりと動いていて静物ように止まって見えるものがある。そして、おそろしく速く動いていて、それが何なのかよく見えないものもあるだろう。だが、いずれの動きであっても回転が噛み合うものに出会う確率は全く同じなのである。それぞれに延々と転がり回り続けながら、それぞれにくっついたり離れたりするだけなのだから。

死んでしまった神を生き返らせることはできるのであろうか。だが、わざわざ人間が神を生き返らせるまでもなく、そこら中に神的なものは自然発生している。人間の目に見えているものといえども、突き詰めて考えてゆけば、どうにも訳の分からないものだらけだ。ただ目に見えているものの、目に見えている部分を見れているだけで、そこに見えているものの何を理解し何が把握できるというのであろうか。実際に目に見えている部分を見ているだけでは、それを表面的に認識し分析し把握することぐらいしかできないのではなかろうか。
そこら中で訳の分からないものは自然に発生していて、それは超越的存在の神的なものとして表面的に認識し把握されている。そこでは、あらゆるものが神なのである。どんなに目を凝らして見ても、どんなに奥深くまで把握しようとしても、どうしても掴み取れない部分をもつものばかりであるという意味において、全ては訳の分からない/得体の知れないものばかりなのだ。あらゆる人/あらゆる物/あらゆる事柄は、超越的な神的な部分/側面をもっている。
何かが起きるとき、それが快いことでも快くないことでも、あらゆる人や物や事柄は、超越的な部分や側面をもつ神的なものとして受け入れられることになる。あらゆることの組み合わせとして起こる出来事が、全てが自然で必然なこと/ものとして処理されるとき、その時々に、神的なものはその超越性によって逃走するであろう。そこでは、生きることも死ぬことも、もはや不安でも苦痛でもない。全ては、超越的な訳の分からない/得体の知れないものばかりだ。全ては超越性をもって漂うのみの神的なものであり、全ては巡り巡って快をもたらすものとなる。
悪行ですらもまた快いものとなる。そこに罪の意識は生じない。善と悪の認識や把握もまた意味をもたぬものとなる。そもそも意味をもたぬことは、行為の目的としても意識されなくなる。そして、殺害された神もまた神的なもののゾンビとしてそこにあり続ける。生きることで引き受けなければならなくなる罪もまた快いものである。全てのことは引き受けられて快いものとならなくてはならない。
全ての事柄は、無限の組み合わせの中から偶然という必然によって選択され、そこに現れる。それが、そこにあること自体が、すでに快であり、喜びである。もしも、そこで起きたこととは全く真逆のことが選択されていたとしても、そこではそれは快なるものとして受け入れられるであろう。あらゆる組み合わせを受け入れることは、全ての組み合わせの無限の可能性の一瞬の結晶を、そこあるもの/そこにあったかも知れないもの/そこにないもの/そこにあるべきであったもの/そこにないはずであったものとして、受け入れて快とすることである。
全ての出来事は、それすなわち快であり、喜びである。それは、その瞬間に一回限りでしか起きないものであり、どれほどその瞬間が繰り返し生きられたとしても、それはその瞬間に戻ってきてそこで起こることになる。それは、いつまでもどこまでも回帰する出来事として、目の前で最善にして最快なものとして選択され/選択されていたのである。偶然という必然に命運をまかせ切ることによって。

人間らしく生きようとする人間が密集している過密地帯で生きている人間の生は、どんどんとか細いものにならざるを得なくなる。殺害した自らのありのままの人間らしさの死臭に圧迫されて、迫りくる死の気配に押し潰されそうになりながら、今ここで生きている。だが、その大半の部分は死んだままであり、生きながらにして死んでいるようにも見える。実際、人間としてよりよく生きるためには、ありのままの人間らしさや本来の人間性といったものは、大変に邪魔になる。その人間としてよりよく生きようとする生においては、本当はそこにあるべきものである人間性というものは、殆ど窒息して死んでしまっているといってよい。人間は生きれば生きるほどに、生きている自分というものを失ってゆく。
ただ前だけを向いて頑張って突き進み続ける人間の生は、どんどんと(無駄なありのままの人間らしさが削り取られ研ぎすまされて)細く尖った一面的なものになってゆく。ただ生きるために生きる生が、そこにはある。自分で何とか処理のできる範囲内で、よりよく生きようとする人間によって、その人間の人生は設計される。その道を歩んでゆくためには、人間らしさも、人間性も、人間としての可能性も、全てが放棄されることもある。そして、単純な欲望や欲求を満たすことに自己実現のための生の大部分は費やされるのだ。目の前に見えているものだけが全てであり、それ以外のことについては考えを及ばせない。ただ生きるのである。本当に死んでしまわないように。足許の細い道を一歩でも踏み外せば転げ落ちてしまう。考えも及ばないような下級の生へ。そして、そこに待っているのは死だ。何も考えずに死んだように生き続けるために、余計なことはせずに、ただひたすらに死者の仮面とともに生きるのみだ。自分で何とか遣繰りできる生を、細々と生き繋いでゆく。
仮面の奥底に小さく縮こまっている本当の自分をひた隠しにして生きる人間の生は、どんどんと(本当のありのままの人間生との接触がないままに)それぞれにバラバラなものになってゆく。とてもとても小さな人間たちが縮こまって生きてゆく社会。その硬直した状況が極限まで行き着いた先に、大きな転換の時が訪れるのだろう。しかし、その大いなる時が訪れる前に、今ここにいる人間というものは過酷な人間の生というものに耐えられなくなって絶滅/消滅してしまっているのではなかろうか。人間としてよりよく生きるための完成された生を生きる道を見出し、それを突き詰めていった先で人間は滅亡して、そんな人間らしさというものを全く意識的に省みることのない人間以降のものが生まれでる瞬間が、その来るべき転換の時ということなのであろうか。

はたして、どこまで人間が極限まで近づけば、どうしようもない孤独は、ポジティヴなものへと変換されることになるのであろうか。孤独であることが、それだけで浮上や上昇につながる瞬間とは、いつになったら訪れるのであろうか。そして、そうした動きが常態的に起こりうる社会の形とは、いかなるものであろうか。その変節の到来は、あらゆる組み合わせの動きが動き出すきっかけとして(世界から退場してゆく)人間らしい人間の耳に告げられることであろう。
研ぎすまされた生を生き続けるものたちは、その生のあまりに真っ直ぐなか細さによってゆっくりと没落してゆく。その終わりのない降下が継続して続くことによって、孤独なものたちはぬかるんだ地盤ごと下から持ち上げられる。黙々と前向きに生きる仮面のものたちによって支えられて、重く沈んでいたものたちが上昇する。二足歩行によって前進を続けていた人間の、その大切な足許を支えていたものが崩れ去り、よりよく生きようと欲していた人間たちも人間以下のものとなる(その場にしゃがみ込み地面に這いつくばる)。その大いなる時へと向けて備えるために、前進してゆく動きから隔絶されていた孤独なものたちは、極限の変節点に差し掛かる遥か以前からもはや人間とは見なされなくなっていた(その場にしゃがみ込み地面に這いつくばっていた)のかも知れない。人間以下になり人間として認められなくなっていたものたちが、絶滅へと突き進む幾重もの死にまとわりつかれた人間たちの場所の外側で/内側で/中核地点で、新たな時代の太陽の如く浮上してゆくことになる(人間らしい人間以降の何かとして)のである。

どうしようもない孤独なものたちは、どこを向いて歩くべきなのであろうか。少なくとも、上を向いて頭上にあるものを見上げるというような、無意識のうちに自分を低い位置に置いてしまうような行いは避けるべきであるのかも知れない。もっとも、上を向いて歩いていたとしても、そこに見えるのは、ただの空だけなのだが。人間は空の下しか歩いてゆけない。涙がこぼれそうになったなら、無理して上を向いて我慢などせずに、そのまま溢れ出るにまかせて、後できれいなハンカチで拭えばいい。もしかしたら、その溢れ出る涙を拭ってくれる心優しき人が、そばに現れるかも知れない。大概の場合、「一人ぽっち」な孤独なものに、そんなに優しく接してくれる人はいないのが当たり前のことではある。まあ、そんな孤独者にとっての宿命は、すでに十分に痛いほど承知されていることと思う。もはや、それはそれとして受け入れるしかないのである。そのために、いついかなる時も溢れ出して止まらなくなる涙を拭うためのハンカチは、自分でちゃんと用意しておかなくてはならないのだ。
人間にとっての幸せや悲しみは、空の上や星の影になどには決してありはしない。そんなものは、大抵はそのへんの地面の上に落ちているものなのである。だからこそ、しっかりと目の前に何があるかを見定めて歩かなくてはならない。「にじんだ星をかぞえ」て上を向いている場合ではないのである。どうしようもなく孤独なものたちは、暗い道を「一人ぽっち」で歩いているがために、どうしても悲しみの種ばかりを踏んづけて拾い上げてしまいがちである。その辺に転がっている幸せは、とても小さくて人目につかないものばかりなのだ。それは、光に満ちた明るい道を歩いていたとしても、なかなか見つけられないものなのである(おそらく)。だが、たとえひとつも幸せの種を拾い上げられなかったとしても、暗い夜道で悲しみばかりを踏んづけてしまうよりは、幸せの欠片さえ見つけられない方がよっぽどよいのではなかろうか。だからこそ、しっかりと足許を見て、慎重に進むべきなのである。
幸せだった過去の日々の思い出に浸ることは、とても後ろ向きな行いではあるが、それはそれで悪いことではない。だが、それと同じものを現在に取り戻そうとするのは、意欲することからして無駄である。そうした幸福な話が可能になるのは、小説や映画の中だけである。現在という瞬間に舞い込んでくるのは、いつだって真新しい幸せや悲しみなのである。上を向いてみたり後ろを振り返ってみるよりは、ちゃんと今現在に手の中にあるものを吟味している方がいいだろう。ただし、それをじっくりと行うには、春の日や夏の日や秋の日に感じた実際の幸せや悲しみというものを参照しなくてはならない。本当の幸せを知るためには、深い悲しみの感覚を忘れ去ってはいけない。あまりにも辛い時に涙をこぼすことも決して悪いことではない。全ての喜びや悲しみの味とは、的確に幸せの種を手に取ってゆくために、前もって噛みしめられていなくてはならぬものなのである。
誰が孤独の歌を歌うのか。今ではもう誰も本当の孤独を歌わなくなってしまったようである。それならば、どうしようもない孤独の淵に沈むものが、それを声高に歌うしかない。そんな孤独者の歌などというものは、誰の耳にも届かないかも知れない。だが、深い深い闇の底からは何を歌っても誰にも聴こえないのが当然のことなのだ。誰かに聴かせるためにではなく、ただただ降り掛かり続ける不安と苦痛の在り処を確かめて、それを刻み付けるために本物の孤独の歌を歌えばよい。光のあるところでは目も当てられないような、真っ赤な血の涙を流しながら、誰にも見られることなく、誰にも聴かれることなく、地上の詐欺詩人には歌えないような生きた苦悩する人間の言葉で歌え。孤独者の痛々しい歌は、その不安や苦痛を和らげ癒すようなものでは決してない。それは、そんな不安や苦痛がありのままの自然でであり必然であることを実感し、それらがどこからやってくるのかを真っ直ぐに見据えて、その苦々しさを真正面から味わい尽くすための歌である。(13年)

〈メモ〉

どこかに自分と同じように孤独を感じている人がいても、なかなかその存在を感じることはできない。孤独は見えづらい。孤独なものは隠れている。孤独なものは孤独を隠している。孤独なものの孤独は見えづらいがゆえに、その孤独はどうしようもないほどに深まる。孤独なものが誰からも見えなくなってしまっているのは、それはきっとそれが特殊なことだからではないからなのである。きっと、どこかで同じように孤独を感じているものが、誰からも見えづらくなり、同じように隠れて/隠されてしまっているはずなのだ。その姿は決して見えないため、通じ合えているような実感をもてるような気配は全くないであろう。だが、きっとそうなのだ。どうしようもな孤独は、この暗い底辺のあちこちにごろごろと転がっているのである。

生きることに疲弊し、自らの生を自らの手ですり減らしてゆく。前向きに生きることは、生きる苦しみとの直面の連続である。立ち止まり立ちすくんでいる孤独者はじっと動かない。生きることに疲弊しきっているが、その生をすり減らしはしない。むしろ、次々と降り掛かってくる不安や苦痛に埋もれながら様々なことに考えを巡らし、自らの生にたくさんの瘤をつくり、それどんどんと膨れ上がらせてゆく。そして、そのいびつな膨張や突起した部分には、孤独者の有り余る力や生のエネルギーが蓄積される。

人間を没頭させることのできる気晴らしは、とても優れた気晴らしである。優れた気晴らしの前では、どんな不安も苦痛も跡形もなく霧散せざるを得ない。気晴らしに没頭することで、生に思い悩んでいた自分を極限まで小さく萎ませることができる。それを極限まで小さくすることができないならば、気晴らしが気晴らしとして成り立ったとはいえない。気晴らしもまた人間を人間らしくする無感覚を誘発する。気晴らしを日常的に行うことで孤独者は自分の孤独を省みなくなる。気晴らしを日常的に行うことで人間は自分の人間性を省みなくなる。瞬間的に。そして、慢性的/継続的に。

世界の極と極とその間。これらの全ては、ひとりの人間の内部にあるものでもある。ある時は、当面の欲求が満たされて凪のような平穏の中にいる人間。ある時は、明るく柔らかな光に包まれて前向きに進んでいる人間。そして、その次の瞬間には、暗い深い闇の底で孤独に浸りきっている。

不安や苦痛は、孤独者を弱らせたりはしない。孤独者は疲弊しきってはいるが、その生は少しもすり減ってはいない。厳しく苛まれるほどに強く増大してゆく生命力。生命のインフレ危機と隣り合わせにして成り立つ社会は、全ての人間をバラバラに砕いて、孤独なものたちの存在を肉眼には見えないほどに小さくしてゆく。だが、その弱さや小ささゆえに、限界を越えようと(立ちすくんだままに)奮い立つ動きが生ずることにもなる。バラバラな小さいものほど強くなる。バラバラな小さいものほど強く生きようとする。

人間にとって好ましくないと見なされる生を生きることは堕落であろうか。怠惰であろうか。非人間的であろうか。より意識的に肯定的に生を前向きに生きることで、人間は人間を堕落させる巨大な落とし穴を乗り越えることができるのだろうか。だが、それを乗り越えてしまった先では、好ましい生も好ましくない生ももはやなくなるのではあるまいか。好ましくない生を乗り越えてしまったら、ここでは好ましいと思われているような生は、そこではその意味を失ってしまうだろう。それと同時に、すでに人間の生にとって好ましくないとされるものもまた乗り越えられしまってているのだ。好ましい生とは、傍らに好ましくない生があって、はじめて好ましい生となる。人間にとっての好ましい生とは、今ここで好ましくないと思われている生と一対であり、その好ましくない生の一部でもあるのではなかろうか。それは、コインの裏表のようなものなのではなかろうか。

そのまま人間らしい前向きの生の道を突き進んでゆくと、どこに辿り着くと思いますか。全てを振り絞って全速力でゴールラインを駆け抜けると、そこには次元の異なる生が到来しているかも知れない。あらゆることの無限の組み合わせが、意識する前に意識される/見る前に見えている/知覚する前に知覚できる世界である。わたしたちの目をくもらせるものは、そこには何もない。そこでは、全てのことが正解となり、全てのことが誤りともなる。選択は無限に可能である。最善のものが最悪の道となることもあれば、最悪のものが最善の道となることもある。あらゆることが見えている目には、もはや今の先にある何かを特別に意識するということはなくなるであろう。意識をする前に全ての行いはなされる。意識は後からついてくる。そこには意識的な選択はない。だがしかし、何も意識しないでいるということもできなくなる。

孤独者は救われなくてはならない。孤独者が救われるとは、いかなることなのであろうか。孤独者が(一時的にでも)孤独でなくなれば、孤独者は救われたことになるのであろうか。人間は本質的な部分において誰もが孤独なのではなかろうか。全ての面で誰かとずっと一緒に生き続けられる人間は誰もいないであろう。孤独者を孤独の淵から掬いあげて、もう二度と孤独を感じないように誰かしらを全面的にそばに置いておくだけでは、孤独者の救済にはならない。こうした荒療治を好む人間は非常に多いのであろうが。それでも、やはり孤独者は根本的に本質的に救われなくてはならないのだ。孤独者が、その生に染みついた孤独とともに人間らしく生きることは、全く不可能なことなのであろうか。

ちっぽけな人間のちっぽけな人間らしさのいくらかを前面に出して生きることすら許容できない世の中や社会へと、前向きな人間たちは率先して向かっている。ちっぽけな人間のちっぽけな人間らしさのいくらかを前面に出して生きることすら許容できない世の中や社会へと、前向きな人間たちは追いやられている。ほとんど人間らしい人間らしさのない人間として生きることを、人類の歩みの突端で人間たちは激しく欲望しているのだ。

ある程度のこの世の中や社会の成り立ちへの貢献をすると、その分だけ他者に対して不寛容になってもよいようだ。それが、この世の中や社会のルールのひとつでもある。

それを見えなくしているものは何か。暗いところに隠れ込んでいるから見えないのか。だが、そこにそれを追い込んでいるのは誰なのか。暗い狭い場所にしか居場所を与えていないのは誰か。厄介なものたちは厄介払いしておくのが一番だと考えているのだろう。見えなくされているのではない。最初から見ようとしていないのだ。

どうしようもなく孤独である。本当に、どうしようもない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
誰が孤独を歌うのか(四)
誰が孤独を歌うのか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 22:00
New Dawn and Fades(七)
New Dawn and Fades ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 03:29
New Dawn and Fades(六)
New Dawn and Fades ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 03:28
New Dawn and Fades(五)
New Dawn and Fades ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 03:27
New Dawn and Fades(四)
New Dawn and Fades ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 03:26
New Dawn and Fades(三)
New Dawn and Fades ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 03:25
New Dawn and Fades(二)
New Dawn and Fades ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 03:24
New Dawn and Fades(一)
New Dawn and Fades ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 03:23
誰が孤独を歌うのか(三)
誰が孤独を歌うのか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/01 10:00
誰が孤独を歌うのか(二)
誰が孤独を歌うのか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/01 23:00
Radiomaniac: Antenna Theory
Radiomaniac: Antenna Theory Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/08 02:00
誰が孤独を歌うのか(一)
誰が孤独を歌うのか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 02:00
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(四)
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/28 04:00
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉補稿(四)
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉補稿(四) 新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/04 01:00
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉補稿(三)
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉補稿(三) 新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/24 02:00
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉補稿(二)
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉補稿(二) 新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/14 23:00
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉補稿(一)
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉補稿(一) 新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/24 03:00
K-POP Recap 2012
K-POP Recap 2012 K-POP Recap 2012 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/20 03:00
Radiomaniac: 2nd Transmission (Single)
Radiomaniac: 2nd Transmission (Single) Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/01 03:00
Aurora: Occur outside of the binary field EP
Aurora: Occur outside of the binary field EP Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/07 02:00
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(三)
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(三) 新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 23:00
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(二)
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(二) 新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/23 23:00
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(一)
新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉(一) 新しいポップ文化とカワイイ感覚〈序説〉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/16 23:00
Radiomaniac: 1st Transmission EP
Radiomaniac: 1st Transmission EP Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 03:00
「K-POPかけ込み寺」 2012夏
「K-POPかけ込み寺」 @ 241FM 夏祭りスペシャル (2012.08.02) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/05 03:00
東京女子流が終わって、そしてまた東京女子流が始まる(二)
東京女子流が終わって、そしてまた東京女子流が始まる(二) 「東京女子流が終わって、そしてまた東京女子流が始まる」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/30 03:00
東京女子流が終わって、そしてまた東京女子流が始まる(一)
東京女子流が終わって、そしてまた東京女子流が始まる(一) 「東京女子流が終わって、そしてまた東京女子流が始まる」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/06/30 02:00
aym: kodomodamashi
aym: kodomodamashi aym: kodomodamashi MiMi Records mi191 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/30 22:00
Kimberley Chen: Kimberley
Kimberley Chen: Kimberley 陳芳語 (Kimberley Chen): Kimberley ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/13 11:00
真野恵里菜: More Friends Over
真野恵里菜: More Friends Over 真野恵里菜: More Friends Over ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/30 02:00
Rainbow: Over The Rainbow
Rainbow: Over The Rainbow Rainbow: Over The Rainbow ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/15 02:00
Cherry Belle: Love Is You
Cherry Belle: Love Is You Cherry Belle: Love Is You ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/30 03:00
New Pants: Sex Drugs Internet
New Pants: Sex Drugs Internet New Pants: Sex Drugs Internet 摩登天空 M060 2011年11月18日にリリースされた新裤子(New Pants)の通算七作目のアルバム。リリース元は、彼らがデビュー時から拠点としている北京のインディ・レーベル、Modern Sky(摩登天空)である。 New Pantsは、96年から活動を続ける北京のインディ・ロック・シーンにおける古株中の古株バンドだ。この新作アルバム“Sex Drugs Internet”は、そんな彼の地のシー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/15 03:00
The Cell #4: Scorching Heat
The Cell #4: Scorching Heat Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/19 02:00
20 K-POP Greats 2011 +
20 K-POP Greats 2011 + 20 K-POP Greats 2011 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/25 03:00
Baby V.O.X. Revisited ( II )
Baby V.O.X. Revisited ( II ) Babylon Revisited ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 05:00
Baby V.O.X. Revisited ( I )
Baby V.O.X. Revisited ( I ) Baby V.O.X. Revisited ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 05:00
Vasteras: Made of Reeds
Vasteras: Made of Reeds Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 04:00
Do you remember the 28th night of September (IV)
Do you remember the 28th night of September (IV) 11年の8月から9月にかけて、日本の音楽シーンではK-POPガールズ・グループによる注目のリリースが毎週のように続いていた。その一方で、やはり本国の韓国においても、相変わらず怒濤の如きリリース・ラッシュの状況は、当然のことのように継続されていたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 05:00
Do you remember the 28th night of September (III)
Do you remember the 28th night of September (III) そして、9月最終週の水曜日、28日には、T-araがシングル“Bo Peep Bo Peep”で日本デビューを果たした。あの必殺のねこダンスという飛び道具をいきなり使ってくるとは、イメージ戦略的にも実に心憎いものがある。アイドル・グループの女の子たちに猫耳に猫の手でニャオニャオ踊られたら、どう考えても無条件に可愛らしくなるに決まっているのだから。 T-araは、この9月に日本でのリリースのあったガールズ・グループたちと同期の09年にデビューした七人組である。結成時には五人組であったが、活動初期... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 04:00
Do you remember the 28th night of September (II)
11年の9月は、日本でのK-POPのガールズ・グループのリリースが毎週のように続く、これまでにないほどに話題が盛り沢山の一ヶ月となった。だが、これだけあれこれとスペシャルなものが続くと、新しいものばかりに注目してしまい、ひとつひとつのリリースに向けられる意識が、どうしても散漫になってしまったりもする。この9月の段階で、すでに前の月にリリースされたシークレットやアフタースクールのシングルは、かなり過去のことのように思えてしまってもいた。それぞれの山が相当の高さであるために、そう簡単に全体を眺められ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 03:00
Do you remember the 28th night of September (I)
Do you remember the 28th night of September ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 02:00
Neko Nine: Summer is you
Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/25 03:00
2011, Back To Black PS IV - ii
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/20 05:00
2011, Back To Black PS IV - i
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/15 04:00
2011, Back To Black PS III
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/05 04:00
2011, Back To Black PS II - ii
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/30 05:00
2011, Back To Black PS II - i
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/25 03:30
2011, Back To Black PS I
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/20 03:00
2011, Back To Black
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 17:00
2011, Back To Black VII
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/10 03:00
2011, Back To Black VI
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/05 03:00
2011, Back To Black V
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/30 06:00
2011, Back To Black IV - iv
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 18:00
2011, Back To Black IV - iii
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 03:00
2011, Back To Black IV - ii
2011, Back To Black ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/15 03:00
2011, Back To Black IV - i
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/10 03:00
2011, Back To Black III - iii
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/05 15:00
2011, Back To Black III - ii
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/30 16:00
2011, Back To Black III - i
2011, Back To Black ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/25 04:00
2011, Back To Black II
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 04:00
2011, Back To Black I
2011, Back To Black ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/15 17:30
Nice Wings, Icarus!: Nice Wings, Icarus!
Nice Wings, Icarus!: Nice Wings, Icarus! Clinical Archives ca437 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/15 07:00
Rainbow: 2nd Mini Album SO女
Rainbow: 2nd Mini Album SO女(本文) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/01 04:00
The Sun Will Rise
The Sun Will Rise An Inter-Netlabel Compilation for Japanese Relief ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/22 03:30
Rainbow: 2nd Mini Album SO女
Rainbow: 2nd Mini Album SO女 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/20 03:00
Tinavie: Augenblick
Tinavie: Augenblick tinavie.bandcamp.com Electronica e23 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/10 03:00
Inter-Netlabel Compilation For Japanese Relief
Inter-Netlabel Compilation for Japanese Relief http://internetlabelcompilation.blogspot.com/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/25 03:00
Magic Studio: Flash In The Dark
Magic Studio: Flash In The Dark mystery-studio.blogspot.com(Magic Studio) Super Magic Records ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/20 04:00
Buono!: 雑草のうた
Buono!: 雑草のうた ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/05 04:00
Scarm: Several Minutes Of The Man
Scarm: Several Minutes Of The Man Happy Puppy Records hpr045 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/25 04:00
Panorama: Tapete Rojo
Panorama: Tapete Rojo Series Media SERN33 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/10 04:00
Mademoi Selle: Bipolar Disorder
Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/25 02:00
VA: Indonesian Netlabel Mixtape: Perempuan
VA: Indonesian Netlabel Mixtape: Perempuan Hujan! Rekords Hujan011 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/15 04:00
20 K-POP Greats 2010
20 K-POP Greats 2010 01 Narsha: Mam Ma Mia 02 Rainbow: Mach 03 SNSD: Oh! 04 2NE1: Can't Nobody 05 4minute: Muzik (Japanese Version) 06 Sistar: Push Push 07 E.via: Shake! 08 Secret: Magic 09 IU: Good Day 10 f(x): NU ABO 11 KARA: Lonely 1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 23:00
aym: franshitai
aym: franshitai MiMi Records mi160  ポルトガルのネットレーベル、MiMi Recordsからの新作。aymによるアルバム“franshitai”である。リリース日は、10年12月13日。  aymは、岡山のアユミ・ドイ(Ayumi Doi)によるソロ・プロジェクトである。通常、ドイは、翳という名義で活動を行っているようだ。しかし、今回のリリース作品は、aymによるものと公式には発表されている。これは、もしかすると、ポルトガルのMiMi Records... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/30 23:00
Wacky Southern Current
Wacky Southern Current: Like The Wind Within The Hollow Tree No Source Netlabel NS021 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/20 04:00
rodototoed: Relatos de poder
rodototoed: Relatos de poder Clinical Archives ca409 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/10 04:00
Pet Slimmers Of The Year: ...And The Sky Fell
Pet Slimmers Of The Year: ...And The Sky Fell Lost Children LostChildren083 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 22:00
Chico Mann: Analog Drift
Chico Mann: Analog Drift Wax Poetics WPR010  チコ・マン(Chico Mann)は、ブルックリンのホットなライヴ・シーンから登場した大所帯のアフロ・キューバン・ファンク・バンド、アンティバラス・アフロビート・オーケストラ(Antibalas Afrobeat Orchestra)のギタリスト、マルコス・ガルシア(Marcos Garcia)によるソロ・プロジェクトである。本作は、07年にオランダのKindred Spiritsより発表された“M... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 22:00
E.Via: Via Polar
E.Via: Via Polar ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 23:00
曾檐: 愛夢遊
曾檐: 愛夢遊 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/20 23:00
モモヨ: 百夜独演音曲集
モモヨ: 百夜独演音曲集 Super Fuji Disc FJSP-104 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/10 04:00
Rimi: Rap Messiah
Rimi: Rap Messiah ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/30 04:00
San E: Everybody Ready?
San E: Everybody Ready? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/25 04:00
Secret: Madonna
Secret: Madonna ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/20 04:00
Entertainment For The Braindead: Trivialities
Entertainment For The Braindead: Trivialities eftb.bandcamp.com ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/15 04:00
Brown Eyed Girls: Abracadabra
Brown Eyed Girls: Abracadabra ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/10 04:00
VA: Shangaan Electro
VA: Shangaan Electro: New Wave Dance Music From South Africa Honest Jon’s Records HJRCD52 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/01 03:00
少女時代
少女時代 Premium Show Case Live in Ariake Colosseum 2010年8月25日 有明コロシアム ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/30 04:00
M.I.A.: /\/\ /\ Y /\
M.I.A.: /\/\ /\ Y /\ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 04:00
VA: Up Our Legs Now
VA: Up Our Legs Now Up Your Legs Forever uylf001 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/30 03:00
Capullo: Informatica romantica para avanzados (2)
II ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/11 03:00
Capullo: Informatica romantica para avanzados (3)
III ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/11 03:00
Capullo: Informatica romantica para avanzados (1)
I ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/11 03:00
Etza Meisyara: Collapse
Etza Meisyara: Collapse Inmyroom Records StoneAge Records SAR 012 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/15 04:00
Las Robertas: Cry Out Loud
Las Robertas: Cry Out Loud lasrobertas.bandcamp.com ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/29 04:00
Neko: My Stars
Neko: My Stars Mimonot Records ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/15 04:00
VA: NetLabel Coalition Volume 1
VA: NetLabel Coalition Volume 1 WM Recordings WM107 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/01 04:00
Antipas Group
Antipas Group: Wa Tsumugareru Inochi No Wa MiMi Records Mi130 Antipas Group: Utau Kanaria MiMi Records Mi131 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/21 03:30
Cults: Cults 7"
Cults: Cults 7" cults.bandcamp.com ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/04/09 04:00
Milhaven: Milhaven
Milhaven: Milhaven 12rec 12rec.061 Valeot Records valeot #007 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/22 03:00
Entertainment For The Braindead: Roadkill
Entertainment For The Braindead: Roadkill Aaahh Records aaahh 009 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/10 22:00
Saffron Slumber/Specta Ciera/Carl Sagan's Ghost
Saffron Slumber/Specta Ciera/Carl Sagan's Ghost: Myth Of The Near Future Split EP Circlesandlines Recordings candl15 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/02 04:00
Slow: Flora & Fauna
Slow: Flora & Fauna Audiotalaia at028 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/22 04:00
James McDougall
James McDougall: Mountain Upon A Phosphorescent Sky Impulsive Habitat IHab005 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/15 03:03
B For Brontosaurus: Home EP
B For Brontosaurus: Home EP No-Source Netlabel NS004 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/12 04:00
Foundsound Travel Agency: Mugla
Foundsound Travel Agency: Mugla Konkretourist ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/01 04:00
Lindstrom & Christabelle: Real Life Is No Cool
Lindstrom & Christabelle: Real Life Is No Cool P-Vine PCD-93296 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/24 04:00
Sandro Marinoni: Borderline
Sandro Marinoni: Borderline Clinical Archives ca321 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/10 04:00
James McDougall: Double Tilde
James McDougall: Double Tilde Mandorla MANDORLA019 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/29 04:00
The Lucy Show: ...Undone
The Lucy Show: ...Undone A&M 395 088-1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/18 04:00
VA: Hey You, Choose Your Own Adventure
VA: Hey You, Choose Your Own Adventure No-Source Netlabel NS001 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/10 04:00
Anata Wa Sukkari Tsukarete Shimai: Horror Punks EP
Anata Wa Sukkari Tsukarete Shimai: Horror Punks EP Rack & Ruin Records RRR141 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/21 04:00
Lindstrom & Prins Thomas: II
Lindstrom & Prins Thomas: II Eskimo Recordings 541416502702 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/07 04:00
Celer: Sunlir
Celer: Sunlir Expanding Electronic Diversity eed0023 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/17 20:00
Stillborn Blues: The Same Old Failure (2007-2008)
Stillborn Blues: The Same Old Failure (2007-2008) Eg0cide Productions Eg0_009 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/06 21:00
Simon Whetham: Ratcha Anachak Thai
Simon Whetham: Ratcha Anachak Thai CONV cnv55 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/19 21:00
Jenifer Avila: Demo #1
Jenifer Avila: Demo #1 Enough Records enrmp196 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/09 21:00
Part Rocket: Sparks And Beams
Part Rocket: Sparks And Beams Lost Children LostChildren069 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 21:00
Part Rocket: In Limine
Part Rocket: In Limine Lost Children LostChildren052 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/25 21:00
Surtsey: Symphony No. 1 For Strings: Antarctica
Surtsey: Symphony No. 1 For Strings: Antarctica Test Tube tube171 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/15 21:00
Sylvie Walder & Entia Non: Bewilderment
Sylvie Walder & Entia Non: Bewilderment Resting Bell rb059 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/06 21:00
900piesek: Blinded .Tale From The Underworld
900piesek: Blinded .Tale From The Underworld This Plague Of Dreaming plague034 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/05/29 20:30
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/19 20:00
Klotzsch & Krey
Klotzsch & Krey: Through All These Years Of Trying To Belong 12rec. 12rec.056 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 21:00
Diskomplex: Diskophilia
Diskomplex: Diskophilia Nonstopnonsense.netLab nnnl.21 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/27 21:30
Anois: Tree House Whispers
Anois: Tree House Whispers Aerotone aer017 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/19 21:00
James McDougall: An Opening In The Canopy
James McDougall: An Opening In The Canopy Compost And Height ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/09 21:00
Nobara: Trail EP
Nobara: Trail EP Intervall-Audio IA.005 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 21:00
PJE: Into The Quiet
PJE: Into The Quiet Elpa Music Elpa17 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/29 21:00
中山双葉: つづく
中山双葉: つづく P-Vine PCD-18556 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 20:00
Nina Baku: Pure
Nina Baku: Pure Whispering NetLabel WG01 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/15 03:33
Simon Whetham: Night Of The Owl
Simon Whetham: Night Of The Owl Compost And Height ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/04 21:00
The Red Crayon Aristocrat Club
The Red Crayon Aristocrat Club: The Red Crayon Aristocrat Club EP Zorch Factory Records ZFR010  09年2月2日、オーストリアはニーダーエーステライヒ在住のSkeksis86によって制作された、全10曲収録のコンピレーション作品『Vol.4: United Gothic Underground』が発表された。Skeksis86は、Myspaceに登録している、残念ながらまだまだ無名のバンドやアー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/21 21:00
Entertainment For The Braindead: Hydrophobia
Entertainment For The Braindead: Hydrophobia Aerotone/Aaahh aer014/aaahh002 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 21:00
Pet Slimmers Of The Year
Pet Slimmers Of The Year: Pet Slimmers Of The Year EP Lost Children LostChildren060  UKのエクスペリメンタル〜ポスト・ロック専門のネットレーベル、Lost Childrenからの60番目の作品。これは、ペット・スリマーズ・オブ・ジ・イヤー(Pet Slimmers Of The Year)による、全3曲を収録したデビューEPである(リリース日は、09年1月15日)。ペット・スリマーズ・オブ・ジ・イヤー(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/01 21:00
Wacky Southern Current
Wacky Southern Current: Ageless Calm In Times Of War Petcord pc1208-01 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/24 21:00
The Fine Fifteen 2008
The Fine Fifteen 2008 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/10 21:00
Arthur Russell: Love Is Overtaking Me
Arthur Russell: Love Is Overtaking Me P-Vine PCD-17251 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

2008/12/28 21:00
Octave One: Summers On Jupiter
Octave One: Summers On Jupiter P-Vine PCD-93180  90年にデリック・メイ(Derrick May)の主宰するレーベル、Transmatよりシングル“I Believe”でデビューを果たした、ローレンス(Lawrence Burden)、レニー(Lenny Burden)、ライネル(Lynell Burden)のバーデン3兄弟からなるファミリー・ユニットのオクターヴ・ワン(Octave One)。そのデビュー曲“I Believe”は、同年に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 21:00
Kriss: No.Mad E.P.
Kriss: No.Mad E.P. Unfoundsound unfound38 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/20 21:00
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/13 21:00
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/11 21:15
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/09 21:00
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/07 20:15
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 21:00
Uncle Owen Aunt Beru: Black Seas
Uncle Owen Aunt Beru: Black Seas Awake and Asong ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 20:40
Lindstrom: Where You Go I Go Too
Lindstrom: Where You Go I Go Too P-Vine PCD-93163 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/10 21:29
Morgan Geist: Double Night Time
Morgan Geist: Double Night Time Musicmine FICC-1003 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/29 20:52
Vanessa Rossetto: For Quiet Room
Vanessa Rossetto: For Quiet Room Compost And Height ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/22 21:03
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/15 21:10
Seetyca & Etheocles Stevens: Sulphur III.
Seetyca & Etheocles Stevens: Sulphur III. Golden Pollen Otium OTR046 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/08 21:15
Jeph Jerman and Tanner Menard: The Now of Sound
Jeph Jerman and Tanner Menard: The Now of Sound Archaic Horizon AH026 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/01 21:13
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 21:38
Distel: Unsentimental
Distel: Unsentimental Amplified Music Pollution amp019 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 22:41
湯川潮音: 灰色とわたし
湯川潮音: 灰色とわたし EMI Music Japan/Capitol TOCT-26518 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/01 21:10
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/21 20:05
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/11 02:40
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/01 02:56
The Heavens: The Heavens EP
The Heavens: The Heavens EP www.theheavensband.com ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/20 21:06
The Cutest Puppy In The World: A Warm Winter
The Cutest Puppy In The World: A Warm Winter Zeromoon ZERO 092 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/15 21:14
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 21:32
Kaede Mira: Divertimento 1
Kaede Mira: Divertimento 1 MiMi Records Mi085 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/30 22:24
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/20 21:36
溝!だより
溝!だより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 21:29
Dan Electro: Bite The Hand That Feeds You
Dan Electro: Bite The Hand That Feeds You P-Vine PCD-93098 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/04/20 21:34
VA: Darjeeling Field Recordings
VA: Darjeeling Field Recordings Hippocamp hc118 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/20 21:22
Jerry Butler: Just For You
Jerry Butler: Just For You Dynasty DY 7302 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 20:58
Jason And The Argonauts: While You Were Sleeping
Jason And The Argonauts: While You Were Sleeping EP Redevice rdv005 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/23 21:15
Lydia Lunch/13.13: 13.13
Lydia Lunch/13.13: 13.13 Line LILP 4.00096 J ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/16 21:38
D-Click: Waveforms Part 1
D-Click: Waveforms Part 1 Stir Sound stir026 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/09 05:25
Ian McCulloch: Proud To Fall
Ian McCulloch: Proud To Fall WEA YZ417T ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/29 23:18
Oxy: Rved. Tha EP
Oxy: Rved. Tha EP Musica Excentrica exc011 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/21 21:44
MissB: No Stress Operator
MissB: No Stress Operator Sweet Smelling Surfaces sss051 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/14 21:29
Eric Gale: Multiplication
Eric Gale: Multiplication Columbia JC 34938 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/07 21:25
Cindy Lee Berryhill: Naked Movie Star
Cindy Lee Berryhill: Naked Movie Star Rhino R1 70845 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/31 04:07
VA: Freie Liebe
VA: Freie Liebe Mixotic Mixotic 082 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/27 05:28
Delta 5: See The Whirl
Delta 5: See The Whirl Polystar Japan 25S-55 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/19 02:09
The Harmony Ambulance: Nature's Way
The Harmony Ambulance: Nature's Way Rough Trade 45rev17 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 23:35
Zero Crossing: My Foolish Dreams EP
Zero Crossing: My Foolish Dreams EP Perfect.Toy PT024.EP ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 02:27
Sound Of 2007: The Fine Ten
Sound Of 2007: The Fine Ten ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/01 21:38
AB Project: Get Real
AB Project: Get Real Black Out BLACKOUT 12003 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/30 21:33
International B.K.: International B.K.
International B.K.: International B.K. Rebel Rec. RE 0012 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/28 22:12
D.O.T.: Say Your Prayers
D.O.T.: Say Your Prayers Twisted Nerve TN 012 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/26 21:38
Pulse 8: Radio Morocco
Pulse 8: Radio Morocco 4th & B'way 440 504-0  Island傘下の4th & B'wayより89年にリリースされた、パルス8のシングル。パルス8は、80年代初頭よりRed Flameにおいてシンセ・ポップ界の歌姫、アン・クラークのプロデューサーとして活躍をしていたデイヴィッド・ハーロウ(自らの作品もリリースしアーティスト活動も並行して行っていた)のプロジェクトである。この“Radio Morocco”は、元々はUKのNationより89年に発表... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/24 21:37
VA: Crying On The Dancefloor (Xmas Mix)
VA: Crying On The Dancefloor (Xmas Mix) www.pitchforkmedia.com ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/22 21:24
Ornamental: Crystal Nights
Ornamental: Crystal Nights One Little Indian 18TP12 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/20 21:07
Sally Shapiro: I'll Be By Your Side
Sally Shapiro: I'll Be By Your Side Diskokaine DK002 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/18 21:59
Human Touch: Love Glove
Human Touch: Love Glove Active 0-66356 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/16 21:49
The 5 Stairsteps & Cubie: Our Family Portrait
The 5 Stairsteps & Cubie: Our Family Portrait Buddah BDS 5008 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/14 21:53
Junkie Sartre & Hexaquart: Ignorance
Junkie Sartre & Hexaquart: Ignorance Force Tracks FT19 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/12 21:41
Alicia [White Trash] Bostock: La Crise Economique
Alicia [White Trash] Bostock: La Crise Economique C'est Fantastique Cunt CUNT 12 001 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/12/10 21:12
Deep Joy: Fall
Deep Joy: Fall Brainiak Braink 05 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/08 16:28
David D'or: Yad Anugah
David D'or: Yad Anugah Turnstyle 0-10062 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/06 16:26
Die Patinnen Teil II: Maske EP
Die Patinnen Teil II: Maske EP Bruchstuecke 11 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 15:04
Tiffany Page: Old Friend
Tiffany Page: Old Friend www.tiffanypage.co.uk ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/02 04:40
SeNil: GAGA
SeNil: GAGA Haknam Haknam.Digi02 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/30 03:52
Pacific Blue: Argentina Forever/You Gotta Dance
Pacific Blue: Argentina Forever/You Gotta Dance Prelude PRL-D 153 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 04:28
Fetchin Bones: Monster
Fetchin Bones: Monster Capitol C1-90661 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 21:27
Restless Soul: After Ours
Restless Soul: After Ours Chillifunk CF 016 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/22 14:05
Little Annie: This Town
Little Annie: This Town Restless 7 72911-0  リトル・アニーことアニー・アンザイエティ・バンデズが、94年に発表したシングル。これは、同年にUSのRestlessよりリリースされたアルバム『Short, Sweet and Dread』からのシングル・カット。このUS盤の『Short, Sweet And Dread』というのは、元々は92年にOn-U Soundよりリリースされていたアルバム『Short & Sweet』に94年発表のシングル「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/21 01:52
Moonflowers: Get Higher
Moonflowers: Get Higher Heavenly HVN 512 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/19 21:38
Chaser: Tall Stories
Chaser: Tall Stories Soma SOMA 080  99年にSomaより発表されたチェイサーのシングル。“Tall Stories”は、前年に発表されていたアルバム『Game On!』からのシングル・カットである。  チェイサーは、スコットランドのグラスゴーを拠点に活動するファンク・ディヴォイドのラーズ・サンドバーグと、ロンドン〜NYと拠点を転々としながら様々なアーティストとのコラボレーションを繰り返し、ソロ作品はオーストリアはウィーンのレーベル、Sunshine ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/16 19:35
Kompis & Erlend Oye: All Ears
Kompis & Erlend Oye: All Ears Off The Wall OTW002 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/15 18:50
Dakar & Grinser: Stay With Me - The Remixes
Dakar & Grinser: Stay With Me - The Remixes Disko B db94 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 19:03
Lowtec: Going Nowhere EP
Lowtec: Going Nowhere EP Broque brq 25 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/13 02:22
10 Inches Of Blue Eyed Soul: Angel/Strawberry Mess
10 Inches Of Blue Eyed Soul: Angel/Strawberry Message 44 Southern Fried ECB 061 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/11/12 03:06
Miss Kittin & The Hacker: Hometown EP
Miss Kittin & The Hacker: Hometown EP GoodLife GL29 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/08 14:55
VA: Ralph Lawson's 2020Vision
VA: Ralph Lawson's 2020Vision P-Vine PCD-93026 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/07 02:48
Stex: Still Feel The Rain
Stex: Still Feel The Rain Some Bizzare SBZ12 002 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/05 03:38
Hannah Jones: In A Broken Dream
Hannah Jones: In A Broken Dream The Master Recording Company 12TMRC 4 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/02 14:09
Pop Dell'Arte: Querelle
Pop Dell'Arte: Querelle bloop bloop12003 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/01 02:45
VA: Rekids - Mixed by Radio Slave
VA: Rekids - Mixed by Radio Slave P-Vine PCD-93006 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 02:33
Auch: Krautrock
Auch: Krautrock Audio.nl 009 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/29 14:44
Jupiter Black: Hold Me
Jupiter Black: Hold Me Clone C#49 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 18:03
Paulussen & Cali: Sinistra/Destra
Paulussen & Cali: Sinistra/Destra Lo-Fi Stereo LO-FI 042 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/25 05:19
Weirdo Police: Full Moon & Thunder
Weirdo Police: Full Moon & Thunder Redux REDUX003 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/24 04:22
Italoboyz: Viktor Casanova
Italoboyz: Viktor Casanova Mothership MSHIP 001 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/23 17:30
A Mountain Of One: Brown Piano
A Mountain Of One: Brown Piano AMO AMR 03 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 02:25

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

溝! 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる