アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Mizou」のブログ記事

みんなの「Mizou」ブログ


Radiomaniac: Radiomaniac EP

2017/05/16 02:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Radiomaniac: Radiomaniac EP
レディオマニアック「レディオマニアックEP」

画像



Artist: Radiomaniac
Title: Radiomaniac EP
Genre: Post-Rock/Shoegaze/Noise

Tracklist:
01. Knock (Стучит)
02. Saved (Спасён)
03. Leaving (Покидаем)
04. Inversion (Перевёрнуто)

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
Radiomaniac is a four men band based in St. Petersburg. They are trying to break the horizon of shoegaze with an emotion intersected lively ensemble. The band grows at the appropriate time. Even in the frozen ground that closed every existence down in the long winter. A young post rock band jumped out of Sakhalin where the nothing flowed, did across the continent and flowed into the second largest city of Russia, where the band faced the wide wild world for the first time. Everywhere the nihilism is waiting with opening its mouth. Globalism is going to cover contemporary civilization with dark clouds. Can we escape from the complex despair of the 21st century. However, in such a world, the music of Radiomaniac increased its depth and taste, became simpler, and began to cut into objects that can not be determined easily. The evolving sound will pierce through the darkness and stick into the place it should reach.

Album Description:
From A to B and backward these. Simplicity is followed by something complicated and after it its goes something simpler. This music is not going to increase your appetite and not going to help you identifying yourself in individual realistic life. But it definitely pet you gently. Mild noisy guitars, moderately loud bass, immeasurably big heart of musicians with inclosed souls. Mysteriously something propagates whenever this music is played. Don't leave this transcendent sound without your attention.

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

Band members:
Yuri Che - Vocal, Guitar
Vladimir Gorbachev - Guitar
Egor Rychkov - Bass, Vocal
Evgeniy Martynov - Drums

画像



For more information
http://www.lastfm.ru/music/Radiomaniac
https://www.facebook.com/radiomaniacband
http://www.facebook.com/groups/274072889367290
https://twitter.com/radiomaniacband
http://instagram.com/radiomaniac_band
http://www.youtube.com/user/RadiomaniacOnAir
http://vk.com/radiomaniacs
http://www.discogs.com/artist/Radiomaniac
http://radiomaniacs.tumblr.com

Creative Commons License


Radiomaniac: Radiomaniac EP
Mizou MZ016

The world that we knew well is now going to break down very rapidly. Shattered fragments are shattered more micro, everything is arbitrarily connected to each other to the wrong side, the common sense from the past does not work at all, it is going to be formed a flimsy world where the lies infested.
Radiomaniac is singing like a groan in such a time of the world. Their songs on blurring blood that filled with blur frustrates are sounds like a new century blues. Radiomaniac, which started as an instrumental-oriented post-rock band in Sakhalin, then moved to St. Petersburg, being self introducing the vocal expression, experienced member changes, became four pieces unit, has grown up as the band to sharpening its music. The number of sounds is well reduced and arranged, and noisy guitars are not unnecessarily swayed, but those presences are pushed forward with a precise point. The rhythm by the bass and drums is sparkling distinctive personality even during suppression. With this release, space of musical expression is going to spread its scale to the full extent. And just like the land that was devastated by that merciless totalitarian, might be washed away with a divine heavy heavy rain and be cleaned it all.
Radiomaniac which had never hidden aggressive aggression, is now heading toward a deeply depressed sounding deep inside of human. Some wonder whether these changing is coming from this era of confusion. The reality of the harsh society mercilessly torment people who has a head, this usual situation is repeated infinity. Where is the music have to be shot out towards, in the situation of where is the tomorrow is not known by us all. Radiomaniac have created first self-titled ep, is trying to find a part of something like an around the big answer. There is no any certain answer here. Once it was said by a young poet that it was blowing in the wind in the past. However, in the age of post-truth, it is only the cheap copy of flame marketing that is blowing in the wind.

かつてわたしたちがよく知り親しんでいた世界は、今まさに急速に壊れ去ろうとしている。砕け散った破片までが粉々になって、何もかもがあべこべに恣意的に接続された、これまでの常識が全く通用しない嘘がはびこる真実味の薄い世界が形成されようとしている。
レディオマニアックは、そんな時代の中にあって呻くように歌い続けている。焦燥に満ちた叫びに血が滲み出しているような深い内面から絞り出される歌は、新しい世紀のブルースのようにも聴こえるだろう。サハリンでインスト主体のポストロック・バンドとして活動を開始したレディオマニアックは、サンクト・ペテルブルグに拠点を移し、ヴォーカル表現を導入し、メンバーチェンジを経験して四人組となり、その音楽性を研ぎ澄ませてバンドとして成長してきた。音数は削られ整理されて、ノイジーなギターも無駄に振り回されることなく、的確に急所を突いて繰り出される。ベースとドラムスにによるリズムは、抑制の中にも際立つ個性を煌めかせる。表現の空間は、どこまでも広がる。あの無慈悲な全体主義者によって踏み荒らされた大地を、神的な豪雨で一気に洗い流して浄めるように。
かつてはアグレッシヴな攻撃性を隠すことのなかったレディオマニアックが、今では深く内省の奥底に沈み込むようなサウンドに向かっている。これもまた今という混迷する時代がそうさせているのであろうか。過酷な社会の現実が、容赦なく詩人の生を苛む、相変わらずの状況がまた繰り返されているだけなのか。明日がどちらにあるかわからない状態で、音楽はどこに向かって放たれるべきなのか。レディオマニアックは初のセルフタイトル作品で、何か大いなる答えの一端を掴み取ろうとする模索を試みている。ここに答えはない。大昔にはそれはそこら辺で風に吹かれていたという。しかし、このポスト真実の時代においては、風に吹かれているのは炎上マーケティングのネタばかりなのである。

Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


mini netlabel Mizou

2017/05/01 03:00
mini netlabel Mizou


Mademoi Selle: Bipolar Disorder (MZ001)

画像

Artist: Mademoi Selle
Title: Bipolar Disorder
Genre: Jazz/Experimental/Electronica
Country: Indonesia
Release date: 2011.01.25

Tracklist:
01. Anima Delusions
02. Hazardous
03. Psyche's Key
04. Himitsu
05. Manic Depressive

All music played by Mademoi Selle
All song written by Mademoi Selle,
except "Himitsu" written by Shiina Ringo
"Himitsu" originally performed by Tokyo Jihen
Produced by Etza Meisyara
Artwork by Etza Meisyara

more detail
download


Neko Nine: Summer is you (MZ002)

画像

Artist: Neko Nine
Title: Summer is you
Genre: Post Metal/Post Rock/Electronic/New Prog
Country: Russia
Release date: 2011.10.25

Tracklist:
01. Breathe In
02. Some people are not like me
03. Summer is you
04. What can you feel when the day dies
05. Supernova
06. NeverNeverNever
07. Ayumu (interlude)
08. Let me explode
09. I wanted to be
10. Breathe Out
11. My stars I - Shining
12. My stars II - Colours of your little universe
13. My stars III - My stars so cold
14. My stars IV - Birds come home

Produced by Neko Nine
Mix & Mastering by Neko Nine
Artwork by Neko Nine

more detail
download


Vasteras: Made of Reeds (MZ003)

画像

Artist: Vasteras
Title: Made of Reeds
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock
Country: Russia
Release date: 2011.11.28

Tracklist:
01. Jah
02. The Children of Birobidzhan
03. Adult Movies
04. On the Surface
05. Britney
06. From Dusk Till Dawn
07. You don't believe in tears (Shura cover)

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

more detail
download


The Cell #4: Scorching Heat (MZ004)

画像

Artist: The Cell #4
Title: Scorching Heat
Genre: Visual-Core/Post-Hardcore/Nu-Matal
Country: Russia
Release date: 2012.02.20

Tracklist:
01. 011010#Error#
02. Grave of firefly
03. White curtain
04. Cutting edge
05. Dead past
06. Paper crane
07. Forgotten
08. Velvet dream on a water smooth surface

Produced by The Cell #4
Mix & Mastering by Semen 'Venomous' and GASWRENCH RECORDS
Artwork by Irina Guseva

more detail
download


Radiomaniac: 1st Transmission EP (MZ005)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: 1st Transmission EP
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Shoegaze/Noise
Country: Russia
Release date: 2012.08.27

Tracklist:
01. Gulliver (Side Effects Of Modern Psychotropic Substances)
02. It
03. You're On Air!
04. PS: Hallelujah
05. Radiomaniac (bonus)

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Aurora: Occur outside of the binary field EP (MZ006)

画像

Artist: Aurora
Title: Occur outside of the binary field EP
Genre: Post-Rock/Ambient/Experimental
Country: Russia
Release date: 2012.11.07

Tracklist:
01. A fight finishes
02. Bare feet in the clouds
03. Bright lanterns flash
04. Under the layer of north ices

Produced by Alexander Chernenko
Mix & Mastering by Klinovoy Stanislav, Alexander Chernenko
Artwork by Guborev Georgiy, Alexander Chernenko

more detail
download


Radiomaniac: 2nd Transmission (Single) (MZ007)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: 2nd Transmission (Single)
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Shoegaze/Noise
Country: Russia
Release date: 2012.12.01

Tracklist:
01. HTRK Sakhalin
02. Anti-Matter
03. Butterfly's Cry

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Radiomaniac: Antenna Theory (MZ009)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: Antenna Theory
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Noise
Country: Russia
Release date: 2013.10.10

Tracklist:
01. Radiomaniac
02. Gulliver: Side Effects Of Modern Psychotropic Substances
03. Human3D
04. It
05. It: Another Touch
06. Hollywood
07. PS: Hallelujah
08. Spear Of Mars And Belt Of Venus
09. Birds

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


Radiomaniac: Syndrome (MZ010)

画像

Artist: Radiomaniac
Title: Syndrome
Genre: Post-Rock/Experimental/Altanative
Country: Russia
Release date: 2014.10.10

Tracklist:
01. Endorphin
02. Nevazhno
03. Samozvantsy
04. Deti Tsvetov
05. Leto
06. Gorod
07. Sensatsia
08. 12.8 (~13)
09. Plohoy Otets
10. O4
11. Sindrom
12. Sad Zemnyh Naslazhdeniy
13. Vse Chto Ty Mog Skazat'

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

more detail
download


ETZA: Surreal (MZ012)

画像

Artist: ETZA
Title: Surreal
Genre: Electronic/Experimental/Glitch/Psychedelic
Country: Bandung, Indonesia
Release date: 2014.10.01

Tracklist:
01. Mischievous
02. Surreal
03. Marionette Opera
04. Karat
05. Lady Mercury

Produced by ETZA
All Songs by Etza Meisyara
Mix & Mastering at Escape Studio, Bandung, Indonesia
Artwork by Zico Albaiquni

more detail
download


Vasteras: Glamour EP (MZ013)

画像

Artist: Vasteras
Title: Glamour EP
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock
Country: Yaroslavl, Russia
Release date: 2015.01.25

Tracklist:
01. Glamour
02. The Shop
03. Yard
04. Paranoia
05. Touch Me

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

more detail
download


Starcardigan: Men EP (MZ014)

画像


Artist: Starcardigan
Title: Men EP
Genre: Electronic Pop
Country: Vladivostok, Russia
Release date: 2015.10.10

Tracklist:
01. Signal
02. Men
03. Raw
04. Taxi

Produced by Starcardigan
Mix & Mastering by Dmitry Tsyganok, Alexandr Frakiyskiy and Ivan Sosnovtsev
Artwork by Alexey Novikov

more detail
download


Starcardigan: Zhele (MZ015)

画像


Artist: Starcardigan
Title: Zhele
Genre: Electronic Pop, Synth Pop
Country: Vladivostok, Russia
Release date: 2017.04.01

Tracklist:
01. Gella
02. Birdie
03. Zhele
04. Tay-na
05. Lechi
06. Electrosemafour
07. Born (Rara Aviz Rework)
08. Taxi

Produced by Starcardigan
Mastering by Up! Up! Up! Music
Cover by Alex Zhu

more detail
download
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Starcardigan: Zhele

2017/04/01 02:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Starcardigan: Zhele
スターカーディガン「ジール」

画像



Artist: Starcardigan
Title: Zhele
Genre: Electronic Pop, Synth Pop

Tracklist:
01. Gella
02. Birdie
03. Zhele
04. Tay-na
05. Lechi
06. Electrosemafour
07. Born (Rara Aviz Rework)
08. Taxi

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
Floppy princes of pacific chill, Starcardigan (Electronic Pop, Synth pop) - one of the most progressive Russian band. Starcardigan's music is modern electro-dance and sentimental dance. Vladivostok city (East Russia) is the homeport for the band.

Album Description:
Zhele is the brand new release from Starcardigan. It is the first time they release the album. The most of album track were made by band while touring great China during from summer to autumn in 2016. You can enjoy the tastes of eight rich electronic pop. It is a mixture of soulful vocal and emotional eclectic band sound. When a deep drum beat synchronized with the human heart beat is engraved, the integration is sublimated to pure musical bliss.

Produced by Starcardigan
Mastering by Up! Up! Up! Music
Cover by Alex Zhu

Band members:
Ivan Sosnovtsev: Vocal, Synth, Guitar
Alex Zhu: Synth, Keyboard
Alex Zolotukhin: Drums
Konstantin Loskutov: Guitar

画像



For more information
www.facebook.com/Starcardigan
vk.com/strcrdgn
soundcloud.com/starcardigan
www.youtube.com/channel/UCTyKKTQbp3V0jBpaAnKBvzg
musicmama.ru/musician/STARCARDIGAN

Creative Commons License



Starcardigan: Zhele
Mizou MZ015

Starcardigan is four piece electronic rock band that active based in Vladivostok, Russia. This new one following "Men EP" released in 2015 is the first album from the band. Eight songs are recorded for the album "Zhele", and almost all of them are truly new songs. Just one last track "Taxi" which was included in "Men EP" is also appearing here. The band has frequently conducted tours in the last few years and has dramatically improved the musicality to the sound that appeals to the audience on that practical live stage training. The band who has been active in East Asia such as Korea's Indy Music Festival, participation in the outdoor big festival in China and Russia, has gained popularity in various cities and has been enthusiastically reacted. And, the most songs of album were written while the band were touring great China during from summer to autumn in 2016.

The characteristic of the sound of Starcardigan is in the fusion of electronic sound production and sentimental and emotional melody. And now more soulful melody on the vocals are prominent. Its deeply songs that appeals to the emotion gives a special taste to the sound of Starcardigan. It is obvious if you listen to the album "Zhele" that actively incorporates acoustic musical tones and that the beautiful and dreamy band sound of Starcardigan is refined. There is a dramatic music world filled with much sounds elements waiting for you. It is this Starcardigan' album that declares the beginning of the 21st century electronic disco soul music.

スターカーディガンは、ロシアのウラジオストックを拠点に活動する四人組のエレクトロニック・ロック・バンドである。15年にリリースされた「Men EP」につづく待望の新作は、スターカーディガンにとっての初のアルバム作品となる。アルバム「ジール」には、八曲が収録されており、そのほとんど全てが新曲である。前作に収録されていたお馴染みの“Taxi”が、ここにも収録されている。バンドは、ここ数年頻繁にツアーを行っており、その実践的な武者修行の中において聴衆の心と体に訴えかけるサウンドへとバンドの音楽性を格段に向上させてきた。韓国のインディ音楽フェス、中国やロシアでの野外フェスティヴァルへの参加など、東アジアの各地を精力的に回ってきたバンドは、行く先々で好評を博し、熱烈な反応によって迎えられてきた。そして、本アルバムの楽曲も、そのほとんどが16年の夏から晩秋にかけてバンドが中国をライヴ・ツアーした際に書かれたものとなっている。

スターカーディガンのサウンドの特徴は、エレクトロニックなサウンド・プロダクションと人間臭い感傷的で感情的なメロディとの融合にある。そして、ここにきてますますソウルフルなメロディのヴォーカルが際立ちつつあるのだ。その情感に訴えるような歌が、スターカーディガンのサウンドに特別なテイストを与えている。アコースティックな楽音も積極的に取り入れ、スターカーディガンの美しくドリーミーなバンド・サウンドに磨きがかかっていることは、このアルバム「ジル」を聴けば一目瞭然であろう。そこには様々な要素が入り混じるドラマティックな音楽の世界があなたを待ち構えている。21世紀のエレクトロニック・ディスコ・ソウルの幕開けを高らかに宣言するのは、間違いなくこのスターカーディガンのアルバムである。

Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Starcardigan: Men EP

2015/10/10 01:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Starcardigan: Men EP
スターカーディガン「メン」

画像


Artist: Starcardigan
Title: Men EP
Genre: Electronic Pop

Tracklist:
01. Signal
02. Men
03. Raw
04. Taxi

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
Electronic music band Starcardigan is homeporting the city of Vladivostok, Russia. Members of the band name themselves as the floppy princes of the pacific electro music.

Album Description:
Men EP is the second release by Starcardigan. Four different songs are presented with sentimental character, those sounds so melancholic but powerful in the electronic music style.

Produced by Starcardigan
Mix & Mastering by Dmitry Tsyganok, Alexandr Frakiyskiy and Ivan Sosnovtsev
Artwork by Alexey Novikov

Band members:
Ivan Sosnovtsev: Voice, Guitars, Effects.
Aleksandr Frakiyskiy: Keyboard, Software service
Alexandr Zolotukhin: Drums
Konstantin Loskutov: Guitar

画像



For more information
www.facebook.com/Starcardigan
vk.com/strcrdgn
soundcloud.com/starcardigan
www.youtube.com/channel/UCTyKKTQbp3V0jBpaAnKBvzg
musicmama.ru/musician/STARCARDIGAN

Creative Commons License



Starcardigan: Men EP
Mizou MZ014

Starcardigan is an electronic rock band that formed at Vladivostok of Russia, now four members belong to this group. Band members are Ivan Sosnovtsev on vocal & guitar, Aleksandr Frakiyskiy on keyboard, Alexandr Zolotukhin on drums, and Konstantin Loskutov on guitar. "Men EP" was released in summer of 2015, it is the second EP from Starcardigan. This release is the latest work of the band, it might be the uppermost sample to hear the sound of the current Starcardigan. By the way, Their debut EP "Tash" have been released in last year. (In the near future, this EP is going to be re-released from Mizou.)

The sound of the Starcardigan is characterized in the fusion of electronic sound production and sentimental emotional melody. Electronic pop since the 1980s, a wide range of rock music from country to psychedelic, further techno and ambient, so many musical elements are combined, Starcardigan did create a unique beautiful and dreamy band sound. In the four songs have been recorded for this "Men EP", and you will be able to take listening to the abundance of style and the huge size of variety of the sound. A dignified strength, a floating of melancholic feelings, a frustration like standing hangnail, a pathos at dusk, a hope like shuguang of the sunrise. Starcardigan show us the various expressions in each song. They have a great drawer as the band. As there was U2 or Stone Roses in the era of the 20th century, it will become a sound like Starcardigan when the good meaningful music is expressed by young sense of this era.

The popular music in this century continues to be updated on a daily basis. The responsibilities of such a big undertaking is on a highly creative young artists like the Starcardigan, it is no doubt.

スターカーディガンは、ロシアのウラジオストックを拠点に活動する四人組のエレクトロニック・ロック・バンドである。メンバーは、ヴォーカル&ギター担当のイワン・ソスノフツェフ、キーボード担当のアレクサンドル・フラキースキー、ドラムス担当のアレクサンドル・ゾロトゥヒン、そしてギター担当のコンスタンティン・ロスクトフ。「Men EP」は、15年にリリースされた、スターカーディガンにとっての二作目のEPとなる。このリリースが、バンドにとっての最新作であり、現在のスターカーディガンのサウンドを知るための最上の資料となるはずである。ちなみに、デビュー作の「Tash」は14年にリリースされている(近いうちに、ミゾウから再リリースされる予定である)。

スターカーディガンのサウンドの特徴は、エレクトロニックなビートやサウンド・プロダクションと感傷的で感情的なメロディとの融合にある。80年代以降のエレクトロニック・ポップ、カントリーからサイケデリックまでの幅広いロック、さらにはテクノやアンビエントなど、実に多くの音楽的な要素を取り入れて、スターカーディガンは独特の美しくドリーミーなバンド・サウンドをクリエイトしている。この「Men EP」に収録されている四曲においても、そのサウンドのヴァラエティの広さやスタイルの豊富さを聴き取ることができるだろう。凛とした力強さやメランコリックな浮遊感、ささくれ立つような焦燥感、うらぶれた哀感、朝日の曙光のごとき希望など、スターカーディガンは曲ごとに様々な表情を見せてくれる。非常に器の大きいバンドである。20世紀という時代にU2やストーン・ローゼズがいたように、今のこの時代に今のこの時代の若い感性を音楽にして表現するとスターカーディガンのようなサウンドとなるのであろう。

毎日のように時代の中でポップスは更新され続ける。その大きな仕事の一端を担っているのが、スターカーディガンのような創造性豊かな若いアーティストたちであることは間違いない。


Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Vasteras: Glamour EP

2015/01/23 03:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Vasteras: Glamour EP
ヴェステロース「グラマーEP」

画像



Artist: Vasteras
Title: Glamour EP
Genre: Brit-pop/Alternative Rock/Indie Rock

Tracklist:
01. Glamour
02. The Shop
03. Yard
04. Paranoia
05. Touch Me

Cover Image

Download
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Band Description:
We are the group of absolutely four different people of the city of Yaroslavl, and we are doing one common serious work under the name Vasteras. Lyrics contain laughter, fun, grief, mockery, absurdity, idiocy - you will find all these elements in our songs. We don't want to be identified in any certain style, and we will turn it out. As it manages - to be judged already precisely by you all our listeners. Our songs aren't enclosing a message to something, everyone finds the reasonable meaning if there is a will to find out it.

Album Description:
This is the 2nd EP from Vasteras. Mizou and the rest of the world had to wait about three years from the previous EP. We are able to hear the more solid sound of the band in this brand new release.
Very crispy five new songs have been recorded. There is no significant change in the characteristics of the aggressive pop music of Vasteras. The phrasing of the guitar and vocal melodies increased more mature taste. Rhythm section works strictly for the music that are tighten and skillfully.
So vivid authentic rock sound from Russian ancient city Yaroslavl. This will give a little impact to the good rock music listeners of world wide.

Produced by Vasteras
Mix & Mastering by Denis
Artwork by Denis

Band members:
Denis - Guitar
Alex - Bass
Nastia - Vox
Slava - Drums

画像

(L→R) Slava, Nastia, Alex, Denis

For more information
vkontakte.ru/vasteras
twitter.com/VasterasRock
soundcloud.com/ganich-1
www.facebook.com/pages/Vasteras_band/1452902301638229

Creative Commons License


Vasteras: Glamour EP
Mizou MZ013

Vasteras is one of the band that have had the most rock 'n' roll right now. We do not know what is the certain meaning to having the rock 'n' roll in this 21st century world. However, to have the rock 'n' roll would have been required any meaning or something. In any time of the era, to rock 'n' roll was only to rock 'n' roll without having any purpose. It has changed nothing from the origins of rock 'n' roll until now.

Vasteras is a band to rock strongly in instinct. They do not care about the quality of style, nor saving the appearance. As sobering four young man/woman of Yaroslavl, they sing their song and play their rock music. You do will understand, currently this is the most rock 'n' roll-esque activity. Would you think to rock 'n' roll is mostly outdated? If you listen to the Vasteras, it will be answered to the questions for the present rock 'n' roll immediately and surely appreciated.

The sound of Vasteras has a very aggressive pop taste. Its flesh is one in which have followed the texture of fresh expressions that learned from Brit pop of the nineties. Nothing is novelty at here. But, it's enough groovy and melodic pop rock. We wonder this just have all needing elements already. Is it still missing something?

This glamorous EP may give just a little impact to the world. Vasteras is trying to quest new phase with this Glamour EP.


Supervised by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Radiomaniac: Syndrome

2014/10/09 01:30
Mizou mini netlabel proudly presents

Radiomaniac: Syndrome
レディオマニアック「シンドローム」

画像



Artist: Radiomaniac
Title: Syndrome
Genre: Post-Rock/Experimental/Altanative

Tracklist:
01. Endorphin
02. Nevazhno
03. Samozvantsy
04. Deti Tsvetov
05. Leto
06. Gorod
07. Sensatsia
08. 12.8 (~13)
09. Plohoy Otets
10. O4
11. Sindrom
12. Sad Zemnyh Naslazhdeniy
13. Vse Chto Ty Mog Skazat'

Cover Image

Download
And also, Visit
Archive.org

Album Description:
This is a NEW album of Radiomaniac. And also, for the Radiomaniac, it is the album that consists the vocals on their music for the first time. We encountered the SONG of Radiomaniac here. What about it. Radiomaniac have been transformed into the top level alternative rock band in the world suddenly. Emotional vocals ride on a heavy sound with much dignity. Here is a new royal road inherit the edgy rock sound, you've heard so far from London, New York, and Seattle, US west coast. Newly born Radiomaniac is trying to convey something actively to us with nature given songs. Open up the ears. The radio wave syndrome has been originating from Sakhalin.

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

Band members:
Vladimir Gorbachev - Guitar
Yuri Che - Vocal
Egor Rychkov - Bass
Danil Khazhainov - Guitar
Andrey Tryastsin - Drums

Band Description:
Radiomaniac is fivesome from the island of miscegenation. These talented dudes have a variety of differences of the complexed roots. A rare musicality has been established by the each band member who brings their piece up to the one place. They are inspired by Dali paintings, vinyls of Sonic Youth and Nirvana, video clips of The Prodigy, David Lynch movies, factories, mines, urbanism, sound effects, untuned guitars, defective sound receivers, happening art, endless night conversations, music of Mogwai, Radiohead, 65daysofstatic, Joy Division, Pink Floyd, HTRK, Velvet Underground, Television. In general, the band's aim of sound seems to be if Thom Yorke, Thurston Moore, Dominic Eitchison and Stephen Morris play together just like 65dos covering Nirvana in the spirit of NIN. Radiomaniac try to create it with mixing the textural noisy guitars, powerful drum, dope bass lines and twisted electronic sounds.

For more information
http://www.lastfm.ru/music/Radiomaniac
https://www.facebook.com/radiomaniacband
http://www.facebook.com/groups/274072889367290
https://twitter.com/radiomaniacband
http://instagram.com/radiomaniac_band
http://www.youtube.com/user/RadiomaniacOnAir
http://vk.com/radiomaniacs
http://www.discogs.com/artist/Radiomaniac
http://radiomaniacs.tumblr.com

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Radiomaniac: Syndrome
Mizou MZ010

2014年、レディオマニアックはバンドとして新たな段階に突入した。これまではサハリンを拠点とする四人組のポストロック・バンドとして活動してきたわけであるが、彼らは今そのポストロックというもののさらなる先へと大きな一歩を踏み出しつつある。
このセカンド・アルバム“Syndrome”の制作が開始された時期、レディオマニアックはバンド内に大きな変化の動きを抱えていた。まずは、新たにギタリストのダニル・カザイノフ(Danil Khazhainov)をメンバーに迎えて、五人組のグループへと増員されたのである。そして、この新メンバーの加入に伴い、これまでギターや時にはベースを担当していたユーリ・チェ(Yuri Che)がヴォーカルに専念することとなった。さらには、バンド結成時からのメンバーであったベーシストのアンドレイ・R(Andrey R)がバンドを去り、新たにイゴール・ライチコフ(Egor Rychkov)がライン・アップに加わっている。現時点でのレディオマニアックは、ギターは元々デヴィルディテイルズと名乗っていたウラジミール・ゴルバチョフ(Vladimir Gorbachev)とダニル・カザイノフの二人が担当しており、ベースにはイゴール・ライチコフ、ドラムスにアンドレイ・トリアスツィン(Andrey Tryastsin)、そしてヴォーカルがユーリ・チェという編成となっている。
ファースト・アルバム“Antenna theory”のリリース以降、ハードでヘヴィなサウンドを身上としインストゥルメンタル曲を主体とする制作を行ってきた四人組のポストロック・バンドに、非常に大きな変容のときが訪れていたのである。五人組となったレディオマニアックは、サウンドの緩急や音色の強弱だけに特化した方向性ではなく、言葉や歌声やメロディという面にもバンドの音楽表現を拡大させてゆく道を選択したのである。
今回のアルバム“Syndrome”は、レディオマニアックにとって初のヴォーカル入りの楽曲で構成されたアルバムとなった。ユーリ・チェのヴォーカルを前面に押し出した新たな五人でのサウンドは、やはりかなりこれまでのレディオマニアックとは趣きを異にしている。奔放に暴れ回るノイジーなギターが印象的であった、複雑に絡み合うフレーズと劇的な展開によって構成されていた楽曲は、しっかりと歌を聴かせることに重きを置いたメリハリのある構成が整然と展開されるものとなっている。そういう意味では、少しばかり大人しくなってしまっているように思われてしまうかも知れない。しかし、実際にはこれは、これまでは終始全力で情感を楽音に込めてほとばしらせるアンサンブルを得意としていたレディオマニアックが、ユーリ・チェのヴォーカル転向とともに人間の声という究極のアコースティックな音響を中心に据えた一歩進化したサウンド表現を身につけることへと向かったということなのである。怒濤の放出感を抑制しながらも音で微細で繊細な情感を伝える表現力が、新たなレディオマニアックの作品には備わっている。ただし、楽曲中の熱い盛り上がりを見せるパートでは、実にレディオマニアックらしい天を衝くが如きアグレッシヴなバンド・アンサンブルやすさまじくフリーキーなサウンド・プロダクションも聴くことができるであろう。レディオマニアックは、サウンドの緩急や幅や奥行きの表出にさらなる磨きをかけているのである。
また、ユーリ・チェによってロシア語で歌われるメロディは、ゆったりと流れる川のような穏やかさをたたえながらも、アジア的な哀愁や細かな感情のうねりを表出させるものとなっている。このようにバンドのサウンドが主としてメロディアスな指向性をもつようになったことで、独特のクールさをもつサイケデリックな色合いや一種のドスのきいた情感の深みのようなものも前面に出てくるようになってきている。こうした点も注目に値するだろう。レディオマニアックは、より深い味わいのあるサウンドを獲得しつつある。
ユーラシア大陸の東の端、世界の中心から遠く離れた島、サハリンで歌われるロックは、この場所でしか歌われないであろう歌となる。しかし、それをレディオマニアックは、敢えてモダンなオルタナティヴ・ロックの様式や語彙を使って歌ってみせるのである。そこには自分を受け入れてくれない世界があり、自分を見捨てて通り過ぎてゆく世界があり、くだらない現実があり、くそったれな社会があり、自由を与えない国があり、地下世界の自由があり、キチガイだらけの街があり、飛び出した家があり、ギクシャクした親子関係があり、欲望があり、冷ややかな視線があり、愛があり、憎しみがあり、現実逃避があり、アンビヴァレントな感情がある。レディオマニアックは、それを真摯かつ丁寧に歌い上げ、時にセンセーショナルな言葉を使って対象に向かって深く鋭く切り込んでみせる。その様式は、実にロック的なものだといえる。わたしたちが、これまでに聴いてきたロックの系譜にそのまま通ずるもののように聴こえたりもするだろう。だが、それが、あの島で歌われるときには、それはやはり特別な歌とならざるを得なくなるものがある。それはレディオマニアックがそこで歌うことに対して、どこまでもついて回る宿命にして、宿業でもある。ロシアの国旗の色に塗られたバスが街を走る。大いなる父は、島を見捨てようとする。小さな子供の碧眼に消しがたい悪が宿る。
ポストロックのその先には、やはりオルタナティヴ・ロックの王道がまだ続いていて、レディオマニアックはそこに激情と叙情が交錯するサウンドを携えて足を踏み入れた。サハリンという極東の島が世界的なレヴェルのオルタナティヴ・ロック・バンドを輩出しようとしている。そんなことは、にわかには信じがたいだろうか。だが、このアルバム“Syndrome”を聴けば、今実際にそこで何が起きているのかがわかるはずである。レディオマニアックは、明らかに殻を突き破って世界を/世界へと飛び出そうとしている。
レディオマニアックは、まだデビューから僅か二年でありながらも実に大きな変化/進化を遂げてきた。もしかすると数年後には今とは全く異なるサウンドを出しているかもしれない。レディオマニアックとは、常に変化するバンドである。ゆえに、その変わりゆく過程を追い、現在進行形の今をとらえ続けてゆくことが重要となる。この“Syndrome”は、レディオマニアックの現在のサウンドと、2014年における最も良質なオルタナティヴ・ロックのひとつのエピックを聴くことのできるアルバムである。

Liner notes by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ETZA: Surreal

2014/10/05 17:00
Mizou mini netlabel proudly presents

ETZA: Surreal
エツァ「シュルリアル」

画像



Artist: ETZA
Title: Surreal
Genre: Electronic/Experimental/Glitch/Psychedelic

Tracklist:
01. Mischievous
02. Surreal
03. Marionette Opera
04. Karat
05. Lady Mercury



Cover Image

Download

Produced by ETZA
All Songs by Etza Meisyara
Mix & Mastering at Escape Studio, Bandung, Indonesia
Artwork by Zico Albaiquni

Band members:
Etza Meisyara - Vocal, Sound Electronica & Guitar
Adityo Saputros - Guitar, Sound Ornament & Backing Vocals

ETZA is a music & sound project that combines all the possibilities of any musical genres.

ETZA is a project by Etza Meisyara and Adityo Saputros. At 2009, they had a Swing / Jazz band which named Shaftesburry. After the band were break up, Etza Meisyara created a postrock, ethnic & shoegaze band (Resiguru) as a guitarist and vocalist. Adityo also made a psychedelic rock band (Fa'al) and joint in a Swing band (Under My Pillow) as a guitarist. Since March 2014, they have been trying to combine all the possibilities of any genres as they were experience before. Psychedelic, Shoegaze, Ethnic, Jazz and Electronic Glitchy beats.

They also have an interest in Sound art. They were gradueted from Art & Design college. Etza Meisyara had gradueted from Intermedia New Media Art ITB and Adityo had graduated from Product Design ITENAS. So besides by playing music on the stage, they have any method by doing an experiment in music at the public space and at the art gallery to create an ambience.

They had a collaboration with the musician & experimental artist. As they did before in Singapore with Arif Ayab (Reef) and Jordan on The experimental event "Terra Clout Union" & There were also join the Sound Performance with Gulayu Arkestra at Lassale College of Art Singapore. After that, they were also had a collaboration with Kubilai khan Project from France on the event "Constellation". They were also had a collaboration with Sergey Onischenko a solo project from Ukraine "Make like a tree". They were performing at Aliwall Street Singapore, Lasalle Collage of Art, Lawangwangi Art Space, Institut Français d'Indonésie, and many more.

http://etzaproject.wix.com/etza

画像


ETZA is a unit consisting of Etza Meisyara and Adityo Saputros. This is the debut EP for this experimental psyche electronic music duo.
Adityo and Etza have done a significant activity in the indie rock scene of Bandung for the past few years, as the solo artist and also as a member of post-rock, shoegaze, psychedelic rock bands in each. However, two talented artists who had been a member of the same swingy jazz rock band once, resumed musical collaboration again in this year. Old fellows summarize the results of the new collaboration, it becomes this Surreal EP.
Etza Meisyara is supposed to do an artist residency program of experimental art in Iceland from this fall. Therefore, this Surreal EP is going to be the culmination of the time being for her activities as an indie artist in Bandung.
ETZA's fine psychedelic rock serenade would invite you to the ocean of images. There is the deeply, the jelly-like, the full of color world. Time turn the screw. Consciousness confused. The beyond the sound of the surreal, it would be heard the illusion of 4AD and Creation from ancient ages. Experimental music spirit of the 21st century found a horizon that are trying to extend from the inside alternative rock tradition. Sounds are awakening. ETZA echos transboundary.

ETZA 2014
All Rights Reserved
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Radiomaniac: Antenna Theory

2013/10/08 02:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Radiomaniac: Antenna Theory
レディオマニアック「アンテナ理論」

画像


Artist: Radiomaniac
Title: Antenna Theory
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Noise

Tracklist:
01. Radiomaniac
02. Gulliver: Side Effects Of Modern Psychotropic Substances
03. Human3D
04. It
05. It: Another Touch
06. Hollywood
07. PS: Hallelujah
08. Spear Of Mars And Belt Of Venus
09. Birds

Cover Image

Download (MP3 + Image)
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Album Description:
"Antenna theory" is a formal first album for the Radiomaniac. The album has all nine songs, which consisted of five new songs and four previously released songs (including re-recording version of the band's theme song "Radiomaniac"). Finally, Radiomaniac give a light to the whole musical picture. The neigh of electric guitars and the heavy rhythms are echoing from the subterranean of Sakhalin. Tune in to the radio noises.

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

Band members:
Andrey R - Bass Guitar, Guitar
Yuri Che - Guitar, Bass Guitar
DevilDetails - Guitar, Kaossilator
Andrey Tryastsin - Drums, Samples
Danil Khazhainov - Guitar, MIDI-controller

画像


«In our time, it is difficult to be astonished by a combination of aggressive distorted guitars and elements of club electronics. Some artists have live component as a dominating foundation and combine it with synthetic sounds. However, they are a sort of rockers who use electronics. Others have electronic beats and melodies as basis, and try to give some liveliness to their music by using guitars, bass, even bagpipe sounds. But they are electronics in fact. And it is close to impossible to determine the basis of some others. Radiomaniac might be labeled as these "others". Sometimes it is not clear whether it is a guitar or not - so unusual sounds it was made to emit. High technologies are connected with slightly underground quality. Was it done intentionally or not - doesn't matter - everything sounds organically. Some unique madness is woven into all four tracks - as a protest against the music canons, and at the same time using them.» © “Lestnica” Sakhalin journal.

For more information
http://www.lastfm.ru/music/Radiomaniac
https://www.facebook.com/radiomaniacband
http://www.facebook.com/groups/274072889367290
https://twitter.com/radiomaniacband
http://instagram.com/radiomaniac_band
http://www.youtube.com/user/RadiomaniacOnAir
http://vk.com/radiomaniacs
http://www.discogs.com/artist/Radiomaniac
http://radiomaniacs.tumblr.com


Creative Commons License


Radiomaniac: Antenna Theory
Mizou MZ009

Radiomaniac, live transmission. Listen to the silence, let it ring on.

Radiomaniac advocates "Antenna theory" for the first full length album. This nine songs album has four new songs. And, the remaining five songs are which have been previously released. But, it includes the newly studio rerecording version of the band's theme song "Radiomaniac" for the commemorable album opener.
The characteristic hard edge and melodious sound get more shine. The tension of the musical performance generally high, the ensemble playing by five members is condensed to one point, and it expand. With the full of the feeling of freaky and the noisy groove, "Human3D" has become a song that show off the height of the musical concentration of the band, in particular. "It: Another Touch" is a mutated different version of the song "It" that are included on their debut EP "1st Transmission". Twisted rushing sound of the original song are increased in the groove with more complexed phrases. The atmosphere of "Hollywood" with lyrically and poetic, is subducting to the ocean of distorted noise so gently. They has declared that they do not do the redundant song more than six minutes (really?), and then the five and a half minutes of the massive sound eruption "Spear Of Mars And Belt Of Venus" is going to be their nearly longest repertoire. Such as the big wild bird is shaking off the gravity and emits a queer voice and fly away spread its wings widely, the last song "Bird" is a very dramatic post-rock performance.
Finally, Radiomaniac take off the mysterious veil. The neigh of electric guitars and the rumble of heavy rhythms are roaring from the subterranean of Sakhalin. This dynamic sounds update the power map of 21st century alternative rock music.

No language, just sound, that's all we need know, to synchronize. And we could dance. Dance, dance, dance, dance, dance, to the Radiomaniac.


レディオマニアックのファースト・アルバム“Antenna Theory”(邦題「アンテナ理論」)を、ここに紹介します。まずは、このアルバムをMizouよりリリースできることを光栄に思います。これは、とても素晴らしいアルバムです。レディオマニアックの音楽は、溢れかえるようなインスピレーションと鋭いセンスのきらめきに満ちている。彼らは本気で何か全く新しい他の誰とも違った話法を編み出して、レディオマニアックならではの(ポスト)ロックを奏でようとしているようにも見える。
レディオマニアックは、サハリンのユジノサハリンスクを拠点に活動するポストロック・バンドである。メタリックな硬質さとフリーキーかつフリーフォームな柔軟さを併せもち縦横無尽に駆け回るギターと機械の如くタイトにヘヴィなビートを打ち出しウネるようなグルーヴを生み出すベースとドラムスが、このバンドのサウンドの大きな特徴である。ハードでありながら緻密でもあり、繊細なメロディからのたうち回るような拉げたノイズまで、レディオマニアックのサウンドは様々な表情を見せながら変化し、目まぐるしく展開してゆく。そして、くどくどと同じことを何度も繰り返すことなく、アッサリとピークにまで上り詰め、まさに目にも止まらぬほどの勢いで通り過ぎてゆくのである。
12年8月、レディオマニアックは5曲を収録したEP作品“1st Transmission EP”でデビューを果たしている。そして、その年の12月には3曲を収録したシングル“2nd Transmission (Single)”をリリースしている。さらに、13年3月にはロシアのネットレーベル、Flowers Blossom In The Spaceよりアルバム“Antenna Theory”をリリースし、デビュー以来とても順調にリリースを重ねている。これは、このバンドが常態的にリハーサルと曲作りを行っており、非常に旺盛な創作意欲をもっていることの表れでもあるだろう。そして、そのバンドそのものもまた止まることなく前進を続ける意欲に満ちあふれた、非常によい状態あることが分かる。
このアルバム“Antenna Theory”の制作段階から、レディオマニアックには新たなメンバーが加わっている。それがギターとMIDIコントロールなどのエレクトロニクスを担当するダニル・カザイノフ(Danil Khazhainov)である。この新メンバーの加入により、これまではギターとキーボードの演奏を兼任していたユーリ・チェ(Yuri Che)が、主としてギターの演奏のみに専念できるようになった。そしてまた、バンドのサウンドにシャープな切れ味を加えるエレクトロニクスの導入も、それを担当する準専属のメンバーを迎えたことにより、これまで以上にスムーズに行われるようになった。四人組から五人組となったことで、レディオマニアックは、さらにバンドとしての完成形に近づいたといえるであろう。
また、レディオマニアックは13年9月にモスクワとサンクトペテルブルクにて開催されたヨーロッパ各地のポストロック系バンドを招聘したFlowers Blossom In The Space主催のフェスティヴァル、Astral Festivalに参加するなど、極東の辺境の島であるサハリンを飛び出して精力的にライヴ活動を行うようになってきてもいる。バンドの創作のペースが順調であれば、その音楽的に非常によい状態をステージでのパフォーマンスを通じて多くの人々の前で披露したいと思うようになるのも至極当然のことであろう。
そんな思いきり上り調子で勢いに満ち満ちているレディオマニアックは今、日本の地においてライヴを行うことを熱望している。それもそのはずである。サハリンからモスクワに行くには、同じロシア国内とはいえ約七千キロもの道のりを移動して広大なユーラシア大陸を横断しなくてはならないのである。だがしかし、ユジノサハリンスクから東京までの距離は約千キロちょっとなのだ。彼らにとって最も身近に感じられる大都市は、宗谷海峡を挟んで隣り合う日本という国の東京や大阪や名古屋であり、そして札幌なのである。ファースト・アルバム“Antenna Theory”をリリースし、その活動にも本格的にエンジンがかかってきたレディオマニアックが、近い将来に日本を訪れてライヴ・パフォーマンスを行うことは、それほどハードルの高い夢のまた夢のようなことではないのではなかろうか。今はまだ九分九厘以上の人々はレディオマニアックの音楽について何も知らないであろうし、聴いたこともないという人が殆どであるだろう。このアルバム“Antenna Theory”からでもレディオマニアックについて知り、その音楽を聴き、このバンドに興味をもってくれる人々が一人でも多く増えることを願ってやまない。そんな人々の中からレディオマニアックのライヴを実際に見てみたいという声が高まってくれば、彼らの夢でもある日本公演が実現する可能性も大きく膨らんでくるはずである。Mizouは、レディオマニアックの日本公演の実現のための最大限のサポートを行うことを約束している。もしも、この五人組バンドの音楽を聴いて気に入ったら、彼らの夢が叶うように応援してもらえるとありがたいです。そのために、まずは北海道よりもほんの少し北に位置するサハリンに、こんなにもノイジーでハードなオルタナティヴ・ロック・サウンドを奏でる強烈なバンドが存在することを、ひとりでも多くの人に知ってもらえるように努力したい。サハリンの音楽は、決して遥か遠い国のものではない。それは韓国や台湾や中国の音楽と同じくらいに近いものなのである。レディオマニアックとわたしたちが追いかけている夢は、東アジアの音楽の豊かな未来への大いなる希望そのものでもあるといえる。

“Radiomaniac”
デビュー作“1st Transmission EP”にボーナス・トラックとして収録されていた楽曲。レディオマニアックのバンド名をそのままタイトルに冠した、このバンドのテーマ曲ともいえる一曲である。“1st Transmission EP”ではボーナス・トラックということもあり、最後の最後にオマケとしてスタジオでのライヴを一発録音したような荒々しくも臨場感溢れる音質で収録されていたのだが、ここでは新たにスタジオ録音されたヴァージョンで聴くことができる。ささやかなノイズから始まり最終的には天地に響き渡るかのような壮大な広がりのある演奏へと一気に駆け上がってゆく、凄まじいまでに一点集中したサウンドが、実にレディオマニアックらしい。

“Gulliver: Side Effects Of Modern Psychotropic Substances”
こちらも“1st Transmission EP”に収録されていた楽曲。疾走感のあるビートとうねりながら天まで突き抜けんばかりにグングンと上昇してゆくギターのフレーズ、そしてそこに絡み付くエレクトロニック・ノイズといった、レディオマニアックというバンドのもつポスト・ハードコア/ポスト・インダストリアル的なサウンドの特徴を顕著に聴き取ることのできる一曲である。間違いなくレディオマニアックの代表曲といえる一曲である。

“Human3D”
新曲。躍動感のあるドラムスによるビートがワイルドなグルーヴを叩き出し転げ回る横で、地を這いずるようなベースが唸りをあげる。ギターのフレーズは終始哀感をたたえており、泣き咽びノイジーかつフリーキーに高らかに嗚咽しながら堂々巡りを繰り返して反復される。終盤の全ての楽音を凝縮してゆく猛烈な熱量が充満したバンド・アンサンブルは、この五人組の音楽的な集中力の高さを如実に示している。

“It”
こちらも“1st Transmission EP”に収録されていた楽曲。猛然とラッシュし立ち止まり再び駆け出す緩急を繰り返すビートに、ソニック・ユースやニルヴァーナ、ナイン・インチ・ネイルズあたりの血を引くある意味でポップな質感をもつ多彩なメロディとフレーズが重層的に散りばめられる。非常に鮮烈なキレのあるメロディアスなサウンドは、レディオマニアックのもつ独特の歌心を前面に押し出したものといえる。

“It: Another Touch”
新曲。これは前曲の“It”から派生した、その続編というか、そこからより前進し進化を遂げた改作曲である。そのサウンドは、さらに緻密になり、大味なポップさすら醸し出していた伝統的なクリシェを排し、よりレディオマニアックの独自の話法に近づいているといえる。切り貼りされていたメロディとフレーズはさらに細切れにされ、うねりを増したビートのスピード感と同調して、次々と投げかけられては過ぎ去ってゆく。執拗な反復により、突進力が増大しており、そしてそこには分厚い壁の外に突き抜けようとする意思が渦巻いている。

“Hollywood”
新曲。ノイズと混沌の下地はしっかりと残っているものの、レディオマニアックの楽曲としては珍しく叙情的な部分が大きく前に出てきている一曲である。スピーディな勢いや瞬発的な熱の放出ではない、ジワジワと浸食してくるような展開が、新鮮で衝撃度も高い。聖なる巨木が穏やかに細かな粒子状になったノイズの海原に足許から飲み込まれてゆく。

“PS: Hallelujah”
こちらも“1st Transmission EP”に収録されていた楽曲。低く重くゆったりと前進するドラムスとベースの上空に、ノイズ混じりのギターのフレーズが拉げながら天高く駆け上がってゆく。四方八方にエレクトロニック・ノイズが飛び交い、レディオマニアックならではの縦方向にエクスパンドする壮大なサウンドが独特の緊迫感の中に展開される。

“Spear Of Mars And Belt Of Venus”
新曲。全編に渡りメロディアスに展開される進歩的なロックの構成を取り入れた実験的な楽曲。イントロと導入部があり、どっしりと据わったビートを軸にジワジワと展開しながら、ひとつの流れが作り出され、そこにひと捻りが加えられ、前段とは裏返しの流れが作り出される。そして、捻れを抱え込んだままの状態で、その流れはもんどり打つように変則的なカタルシスへと強引に持ち込まれる。完全には燃焼し切らず、何の解決も出口も示されないままに、静かに楽曲はフィニッシュを迎える。6分以上の冗長な曲はやらないと宣言しているレディオマニアックにとって、この5分26秒の一曲は現時点では最長のレパートリー曲となる。

“Birds”
新曲。こちらも前曲に続きメロディアスなパートからなるプログレッシヴ・ロック的な組曲構成のサウンドが展開される一曲である。ゆったりと羽を広げ飛び立つ準備を始める序盤。そして、重力を撥ね付けるように飛び上がり、大きく奇声を発して勇壮に羽ばたきながら野生の鳥は飛行を開始する。その宙空でのたうつように怪鳥が歪んだノイズにまみれながら飛び去ってゆく、実にフリーキーな飛行姿勢は、とてもレディオマニアックらしいものである。アルバムのラストを飾るに相応しい非常に劇的なポストロック曲となっている。

もしかするとすでにお気づきの方がいるかも知れないが、このアルバムには“1st Transmission EP”からの楽曲は四曲も収録されているが、レディオマニアックの第二弾リリースであった“2nd Transmission (Single)”からの楽曲は一曲も収録されていない。これが、どういった意図によるものなのかは定かではない。しかし、おそらくはこのファースト・アルバムを、これまでのレディオマニアックの歩みを総括し、そこに新たに録音した楽曲を付け加えただけのよくありがちな体裁の作品にはしたくなかったのであろう。楽曲集のコンセプトとして“2nd Transmission (Single)”に収録されている三曲は、“1st Transmission EP”から“Antenna Theory”へと流れる系譜とは少し異なる場所に位置しているものであるのかも知れない。もしも、このアルバム“Antenna Theory”を聴いて、ここでは聴けなかった“2nd Transmission (Single)”の楽曲の存在も気になってくるようなことがあったら、迷わずに作品をダウンロードして耳にしてもらいたい。“2nd Transmission (Single)”は、12年12月にMizouよりリリースされている。

レディオマニアックは、早くも次のアルバムのレコーディングに取りかかろうとしている。これは、それだけ五人組の新体制となりバンドとしての輪郭や方向性がより明確となり精力的に創作活動に励んでいるということの表れでもあるのだろう。彼らは次々と湧いて出てくるアイディアや曲想を基に様々な音楽的実験を行い、猛烈なペースで曲作りの作業に打ち込んでいる。今年すでにアルバムを一枚発表していながらも、それから約半年で次のアルバムの制作に取りかかれるほどに新たな曲の素材が手許にストックされつつあるのである。もしかすると早ければ来年の初頭あたりには、レディオマニアックのセカンド・アルバムを聴くことができるのではなかろうか。
そして、その新しいアルバムのリリースの前か後あたりに、Mizouではレディオマニアックの独自企画作品のリリースを計画している。これは、アルバムの音源だけでなく、さらにレディオマニアックのダイナミックなサウンドに親しんでもらうための作品となる予定である。詳細は追々発表します。

本作を含む今後の全ての作品のリリースは、レディオマニアックの日本公演を現実のものとするための重要なプロモーション活動としてなされるものでもある。もしも、このアルバムを聴いて、このサハリンのバンドの音楽を気に入ってくれたならば、是非とも手厚いサポートをお願いしたいところであります。

Liner notes by Masaru Ando
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


Radiomaniac: 2nd Transmission (Single)

2012/12/01 03:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Radiomaniac: 2nd Transmission (Single)
レディオマニアック「第二トランスミッション」

画像



Artist: Radiomaniac
Title: 2nd Transmission (Single)
Genre: Post-Rock/Experimental/Electronic/Shoegaze/Noise

Tracklist:
01. HTRK Sakhalin
02. Anti-Matter
03. Butterfly's Cry

Cover Image

Download (MP3 + Image)
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Album Description:
2nd Transmission is the second release of Radiomaniac. This is a single that was recorded scrupulously the growth of the band sound in a short period of time. The beautiful melody and noise encrusted stunning three new songs have been recorded. The mass of the united sound would break through that thick wall.

Produced by Radiomaniac
Mix & Mastering by Radiomaniac
Artwork by Radiomaniac

Band members:
Andrey R - Bass Guitar, Guitar
Yuri Che - Guitar, Bass Guitar, Keybords
DevilDetailz - Guitar, Keybords
Andrey Tryastsin - Drums, Samples



«In our time, it is difficult to be astonished by a combination of aggressive distorted guitars and elements of club electronics. Some artists have live component as a dominating foundation and combine it with synthetic sounds. However, they are a sort of rockers who use electronics. Others have electronic beats and melodies as basis, and try to give some liveliness to their music by using guitars, bass, even bagpipe sounds. But they are electronics in fact. And it is close to impossible to determine the basis of some others. Radiomaniac might be labeled as these "others". Sometimes it is not clear whether it is a guitar or not - so unusual sounds it was made to emit. High technologies are connected with slightly underground quality. Was it done intentionally or not - doesn't matter - everything sounds organically. Some unique madness is woven into all four tracks - as a protest against the music canons, and at the same time using them.» © “Lestnica” Sakhalin journal.

For more information
http://www.lastfm.ru/music/Radiomaniac
http://www.facebook.com/pages/Radiomaniac/319451094811325
http://www.facebook.com/groups/274072889367290
http://vk.com/radiomaniacs
http://www.youtube.com/user/RadiomaniacOnAir

Creative Commons License


Radiomaniac: 2nd Transmission (Single)
Mizou MZ007

Radiomaniac, live transmission. Listen to the silence, let it ring on.

This is the second release of Radiomaniac, a post-rock band based in Sakhalin, Russia. The single entitled "2nd Transmission" obtains these stunning three new songs.

The sounds of Radiomaniac are becoming more dynamic and full of energetic than its previous EP. If you listen to the great first song "HTRK Sakhalin", you will understand it immediately. On this song the peculiar land called Sakhalin has been depicted in the style of totally hard edge sound. Second song "Anti-Matter" shows the clash of frenzy. Matter and Antimatter. Inorganic and organic. Third song "Butterfly's Cry" is a pure heavy elegy in post-rock style. We hear here is a cry that have not a voice of a beautiful butterfly fluttering in gruesome battlefield. It could pull out the history of stupid discord from the brink of oblivion.

Look to the north. The key to solving tangled yarn of all matters is hiding there.

No language, just sound, that's all we need know, to synchronize. And we could dance. Dance, dance, dance, dance, dance, to the Radiomaniac.


サハリンのポストロック・バンド、レディオマニアックから届けられた第二のトランスミッション。この四人組バンドにとってのデビュー作となった前作の“1st Transmission EP”は、ボーナス・トラックも含めて全五曲を収録したEP作品となっていたが、今回はシングル形式での作品のリリースとなる。ここには、レディオマニアックからの第二のトランスミッションとしての全三曲の新曲が収録されている。
現在、レディオマニアックはライヴ活動を中断し、非常に限られた活動のみを行っている。これは、バンド内にロシアの男性市民の義務である兵役に就いているメンバーがいるためであり、これによって日常的にバンドで集まってリハーサルを行ったりライヴ演奏を行うことは不可能となってしまっているのだ。このバンド活動が限定的なものにならざるを得ない状況は、しばらくの間続くことになる。
ロシアの兵役の期間は通常で一年間である。だが、その間、各メンバーのスケジュール調整が難しいことを理由に、バンドの活動を完全に休止したままにしてしまうのはもったいない。そこで、レディオマニアックは、このスローダウンの期間を曲作りとスタジオでのレコーディングを中心とする活動に充ててゆくことに決定したようである。
前作“1st Transmission EP”のリリース(12年8月)とほぼ同時期にレディオマニアックは、初のアルバムの制作に取りかかっていた。だが、その予定は急遽変更され、アルバムのレコーディングの過程で最初に完成した三曲が、まずシングルという形式で先行発表されることになった。スタジオでの作業において、ここに収録された三曲が、ひとつのコンセプトの下にまとめられる作品群として、明確に切り取ることのできるものであったのだろう。
レディオマニアックのアルバム制作の作業は、このシングル用の楽曲の完成以降も予定通りに続けられている。現時点ですでに新たに七曲のレコーディングが完了しつつあるという。かなり順調にレコーディングは進行しているようだ。このペースでゆけば、アルバムの完成もそう遠いことではないのではなかろうか。おそらく、早ければ来年の春あたりにレディオマニアックのファースト・アルバムを聴くことができるのかも知れない。

デビューEPとファースト・アルバムの狭間の期間に、わざわざ予定を変更して新曲の三曲がシングルとしてリリースされたことには、やはりそれなりの意味があるものと思われる。アルバム用の楽曲としてレコーディングしていた三曲であったにも拘わらず、それらはメンバーが聴いても少しばかり飛び抜けて驚くべき仕上がりのものであったのだろう。
ここに収録された三曲には、デビューEP以降のバンドの新しいサウンドの形が、はっきりと現れて/表されている。つまりバンドの成長の跡を証立てする三曲なのである。レディオマニアックの音は来るべきファースト・アルバムへと向けて、少しずつ劇的に変化・進化している。その変化・進化する過程のサウンドを記録したものが、このシングルとなる。そして、その驚くべき動きを報告・伝達するための新たなトランスミッションとして、ここに“2nd Transmission (Single)”はリリースされたのである。

この“2nd Transmission (Single)”の冒頭を飾る楽曲のタイトルは、“HTRK Sakhalin”となっている。サハリンというバンドの活動拠点の地名の前にアルファベット四文字が冠された、何かの記号のようなタイトルである。これは何を意味しているのか。まず関連性を探り出せそうなのは、ラジオ・サハリンとしても親しまれているユジノサハリンスクの短波・中波ラジオ局、GTRK Sakhalinの名称である。もしかすると、サハリンに暮らす人々であれば、このサハリンという地名の前につく「HTRK」という四文字のアルファベットから、すぐにラジオ・サハリンのステーションID(?)である「GTRK」をイメージするのかも知れない。彼らのバンド名がレディオマニアックであることも、この楽曲のタイトルがラジオ局の名称を捩ったものであることにイメージが繋がる重要なファクターとなるはずだ。
では、なぜここでは元々の「GTRK」という文字列が「HTRK」へと変更されているのであろうか。ここに登場している「HTRK」とは、オーストラリアのメルボルンで結成されたエクスペリメンタル・エレクトロニック・ロック・ユニット、HTRKの名称を、そのままもってきたものと思われる。ちなみに、レディオマニアックのメンバーは、このHTRKを影響を受けたバンドのひとつとして挙げている。HTRKとは略称であり、元々のフレーズは「Hate Rock」だ。つまりこれは、アンチ・ロックンロールの姿勢を全面に押し出した、極めてポストロック的なバンド名なのである。レディオマニアックは、その反ロックンロール的な姿勢に共鳴し、それを意味通りのフレーズとしてここに引用しているのではなかろうか。
さらに、このタイトルの“HTRK Sakhalin”とは、サハリンのヘイト・ロックという意味に読み取ることもできそうである。これは、レディオマニアックが20世紀的な古いスタイルのロック音楽との間に明確に一線を画すポストロック・サウンドを、バンドの音楽性として標榜しているという姿勢を表明している楽曲のタイトルであるのかも知れない。そして、そのロックへの愛憎渦巻くフレーズの横にわざわざサハリンという土地の名前を並記してみせるところに、彼らの故郷である極東の島に対するアンビヴァレンスな心情が透けて見えるようでもある。
このサハリンというバンドの出身地であり拠点となる場所の名称がタイトルに入った楽曲は、おそらく今後の地元でのライヴ・パフォーマンスには欠かすことのできない一曲になってゆくのではなかろうか。そして、ゆくゆくはレディオマニアックの代表曲となってゆく楽曲であるのかも知れない。
“HTRK Sakhalin”は、冒頭から威勢よく駆け込んできて、そのままどこまでも疾走し続けるドラムスが印象的な楽曲である。まるで肩ならしをするような助走から一気にビートの急流に飛び込んでゆくギターが、拉げるノイズと目の覚めるようなフレーズを矢継ぎ早に繰り出してゆく。重くうねるベースも流れの早さに押し流されまいと動き回る。短いタームで目まぐるしく展開してゆく曲調の中で、全ての楽音がひとつにまとまり音の塊となって猛進してゆく。そして、その硬質で眩い光を放つサウンドは、そのままある種のカタルシスに到達して美しく果てる。

二曲目は、“Anti-Matter”。アンティマター(Antimatter)と綴ると、これは反物質のことを意味する。この“Anti-Matter”も発音は同じであるので、このタイトルを耳できいた者はそのまま反物質という意味で受け取ることになるだろう。しかし、ここではこのアンティマターという語がハイフンで区切られ、「Anti」(反対)と「Matter」(問題、事項、事柄)のふたつの語がハイフンで繋がれていることに注目したい。このように表記すると、アンティマター(アンティ・マター)という語は、事件や事柄、すでに起きてしまったこと、そしてその記録、記録されているものに反対するということを意味するようにもなる。ただし、これは、起きてしまったことの全て、つまり全ての過去を否定するものではない。実際には、過去のうちには記録(記憶)されることのなかった膨大な起きてしまった事件や事柄も含まれているはずなのである。そうした、過去に起きた本当の意味で過ぎ去り忘れ去られてしまったものを掴み出してきて、現在において「Matter」(問題、事項、事柄)とされているものの上にぶちまける。“Anti-Matter”とは、記録されなかった過去による記録された過去に対する逆襲なのである。
ひんやりとしたインダストリアル調のビートのループに導かれて滑り出す、機械的な反復を繰り返す導入部。その整然とした音の連なりを突き破るように野性的なドラムスと荒々しくノイジーなギターが乱入してくる。縦横無尽に暴れ回り転げ回る凶暴なサウンド。通奏低音としてうねりの狭間をぬって走るベースライン。アヴァンギャルド色の強い前半を駆け抜けたレディオマニアックは、さらに激しい動きをみせる後半の展開へと、もう一段高く駆け上がってゆく。粉々になるまで粉砕されてゆく事項と事柄。その闘争の行き着く先は反物質的な無音の世界である。

三曲目は、“Butterfly's Cry”。蝶の泣く声。この楽曲には、すでにレデオマニアックによってMVが制作されている。そこでは、非常に悲惨な前世紀の戦争の記録映像からコラージュされた大量破壊兵器による殺戮の場面や人間でありながら人間として扱われることのない兵士たちの姿が、レディオマニアックのヘヴィな楽曲にあわせて次々と写し出される。そして、そこで連想されるのが映画『西部戦線異状なし』(All Quiet on the Western)の蝶が登場する印象的なラスト・シーンである。戦場の蝶。とても不釣り合いな両者であるが、それぞれが正反対のイメージをもつゆえにか、ともに互いを強く引きつけ合い結びつけ合うものをもってもいる。この“Butterfly's Cry”のMVは、そんなことを思い起こさせてくれる。そこで、蝶の存在が訴えかけているもの。それは、紛れもなく反戦であり切なる平和への願いである。ひらひらと優雅に飛び舞う蝶の発する声にならない叫びに耳を傾ける。
レデオマニアックの活動拠点であるサハリン・樺太は、19世紀後半から帝国主義へと傾く時代の流れに飲み込まれた日本とロシアの間の覇権争い/領土争いの舞台となり、幾度となく凄惨な戦場となった。そして、そこで、両国の兵士、両国の市民、移住者として戦争に巻き込まれた朝鮮人や中国人、そして先住民たちに多くの犠牲者を出してきた歴史をもつ。この戦争の歴史は、日本とロシアの間だけの問題ではなく、中国や韓国・北朝鮮、そしてアイヌ民族といった東アジア全体を巻き込むものであるだけに実に根が深い。あの日、あの血塗られた戦場に舞い飛んでいた蝶は、今どこに行ってしまったのだろう。あの蝶は、今もきな臭い大地の上を飛んでいる。声にならない叫び声で平和への願いを訴えかけながら。
重苦しくメランコリックなムードを漂わせながら、地を這うように滑り出すサウンド。歪みきったギターが、ジリジリとした電子音とともに焦れるように旋回し続ける展開の中で、呻き声を挙げる。うなるベースラインは、淡々と蝶の物語を語り続ける。鬱々と沈み込んでいった果てに、醒めきったサイケデリアによる張り詰めた音世界が待ち構えている。突き抜けてゆくレディオマニアック。儚く舞い漂う旋律を掻き消すような轟音のノイズの渦巻き。一瞬にして世界は崩れ落ち、やはりまた何事もなかったかのように静寂に包まれる。

前作“1st Transmission EP”のレコーディングから、わずか半年あまりの期間を置いて制作された本作“2nd Transmission (Single)”であるが、バンドのサウンド面での成長や進化には、著しく光るものがある。全体的に音のレンジや幅が格段に広くなっているような印象を受けるのは、単なる錯覚ではないだろう。非常に細かい部分まで充溢し躍動感がみなぎっているバンド・サウンドは、より大きく鮮烈なる動きへとつながる全体的な音のダイナミズムをも生み出している。また、レディオマニアックのサウンドの要であるギターの存在感もこれまで以上に増しており、エッジの効いた鋭くハードなリフやメロディ、ノイズの凶暴性や荒々しさにも、一段とすごみが増してきているのだ。打ち込みのビートや大胆に導入されたエレクトロニックな音響との有機的な融合も進み、楽曲によっては、これまでのハードでアグレッシヴな側面に加えてポップなノリのよさといった部分も身につけつつある。ある意味では、ここにきてレディオマニアックらしいサウンドの完成度が、かなり高まってきているともいえるであろう。
さらに、そこではレディオマニアックのメンバーが「集合住宅と工場の間をつなぐように広い道路が走っているだけの味気ない殺伐とした風景」と語った、サハリンのユジノサハリンスクの空疎で淀んだ空気感が、よりハッキリとサウンドで表現されるようになってきているようにも思われる。それをまざまざと感じ取れるのが、このシングルの一曲目の“HTRK Sakhalin”である。このように、このバンドならではの特色を表に出してゆくことによって、より確実に独自のポストロック・サウンドへと近づいてゆけるようになるのではなかろうか。
明らかに、レディオマニアックはレディオマニアックにしか醸し出せぬ雰囲気をもつサウンドを表出させつつある。そのことを、ここに収録された三曲のサウンドは、色濃く物語っている。これが、いかに現在制作中のアルバムで、さらに進展/発展し、つまらない壁や枠組みをぶち破って、新たな音の地平を切り拓いてゆくものになってゆくのか。非常に楽しみである。

Liner notes by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Aurora: Occur outside of the binary field EP

2012/11/07 02:00
Mizou mini netlabel proudly presents

Aurora: Occur outside of the binary field EP
オーロラ「新生起 EP」

画像



Artist: Aurora
Title: Occur outside of the binary field EP
Genre: Post-Rock/Ambient/Experimental

Tracklist:
01. A fight finishes
02. Bare feet in the clouds
03. Bright lanterns flash
04. Under the layer of north ices

Cover Image

Download (MP3 + Image)
Visit Archive.org (Free Download & Streaming)

Album Description:
«Aurora» the music project from Khabarovsk release its debut EP «Occur outside the binary field». EP includes four tracks as the result of the merger of night contemplation from four «Aurora» band members. The sounds represent the aura of the Far East, in the style of experimental post rock under the influence of ambient music. The band instruments creates a deep feeling of warmth, weightlessness and mystery.

Produced by Alexander Chernenko
Mix & Mastering by Klinovoy Stanislav, Alexander Chernenko
Artwork by Guborev Georgiy, Alexander Chernenko

Band members:
Alexander Chernenko - Guitar, Keys
Konstantin Loskutov - Guitar, Keys 
Ivan Burtsev - Bass
Kirill Ganin - Drums

画像


For more information
http://soundcloud.com/aurora_post-rock
http://vk.com/auroraband
http://www.lastfm.ru/music/aurora_post-rock

Creative Commons License


Aurora: Occur outside of the binary field EP
Mizou MZ006

There is a town on the east side of big river. How far have that flow continued. Transcontinental railroad. Transcontinental road. The radiance of aurora in the winter night sky.

This is the debut release of the band based in Khabarovsk, Russia. Four men band Aurora is expanding the post-rock sounds close in ambient music with dreamy & psychedelic feelings. Impressive gently twin guitar play is located in the heart of its lyrically soft sounds. So tight & delicate rhythm section is shaping the flow of sedate sounds such as the great river Amur. And then, faint electronic sounds as the secret ingredient are accompanying in there.

It occurs outside of the binary field. The world alienated from the digital data and any kind of idealism. Post-rock towards to the flow of natural sounds. The sounds continue to occur, that flows outward from the outside to the outside. It is the sound of the ambience.

オーロラ(Aurora)は、ハバロフスクを拠点に活動する四人組のバンドである。ハバロフスクは、ロシア極東部の政治・経済の中心的都市である。アムール川とウスーリ川というふたつの大河の合流地点の東側に形成された平地に南北に伸びる市街地は、19世紀以降ロシアによる開発によって極東地域の交通の要衝として発展してきた。後に極東部のシベリア横断道路やシベリア横断鉄道もハバロフスクを拠点にして整備され、バルト海に面したサンクトペテルブルクからモスクワを経由して日本海に面したウラジオストクまでのロシアの東西を繋ぐ一万キロを越える道が完成することになる。近代までほとんど手つかずのままであった豊富な自然の資源を蔵する大地に周囲を取り囲まれたハバロフスクでは、林業、木材業、機械工業などの商業・工業が急速に発達した。現在のハバロフスクは、ロシア南東部一帯のハバロフスク地方の州都というだけではなく、連邦大統領によって任命された代表が直接管轄を行うロシアを八つの行政管区に分けた連邦管区の中でも最も広大な面積を有する極東連邦管区の本部が置かれた都市でもある。政治面でも経済面でも地方の中心的役割を担っているハバロフスクは、ロシア連邦極東部の首都として機能しているといっても言い過ぎではない。

そんな人口約60万の都市、ハバロフスクにおいてオーロラは結成された。メンバーは、音楽仲間として知り合った、ギターとキーボードを担当するアレキサンダー・チェルネンコ(Alexander Chernenko)とコンスタンティン・ロスクトフ(Konstantin Loskutov)、ベースのイワン・ブルツェフ(Ivan Burtsev)、そしてドラムスのキリル・ガニン(Kirill Ganin)の四名。
ロック・バンドであるオーロラにヴォーカリストは存在しない。そのアムール川の如く穏やかに流れるサウンドは、ツイン・ギターを擁する四人組の編成による、アンビエント・ミュージック的な方向性をもったポスト・ロックの表現を指向している。ポスト・ロックというだけに、それはロック音楽以降の音楽形態を目指すものであり、もはや旧来のロック音楽のスタイルとは簡単に相容れるものではない。オーロラの楽曲には、基本的に歌がない。これは、それまでのロック音楽の定型としてのヴォーカリストとバック・バンドのふたつで一組となる編成での表現から脱却することで、ヴォーカルの歌う歌詞・言葉による生々しくも不安定な描写に頼ることなく、より音楽そのものによる表現の深みへと向かおうという意志の表れでもある。
ヴォーカルというパートを排することで、その楽曲からは人間の声で歌われる歌というものが排除されている。しかし、それは楽曲・音楽におけるメロディの放棄を意味するものではない。オーロラの楽曲に歌は存在しないが、そこでは非常に深いメロディ性の追求がなされている。それは、極めて叙情性の高いサウンドであり、流れる音・メロディによって新たな視覚の扉を開き、そこに純粋に音楽によるストーリーを浮かび上がらせるようなものとなっている。
音楽から言葉を排するということは、常にあやふやなものである言葉の意味というものをメロディによる表現から遠ざけ、楽曲を言述による意味とは反する方向へと大きく開くことに通ずる。歌のないメロディは言葉の意味とは無縁であり、その連なりからは言葉の意味を放棄したメロディのライン・線だけが浮かび上がってくる。そして、その反意味的に揺らめき漂うメロディの線そのものが、詩的な表現へと突き抜けてゆくのだ。
オーロラのポスト・ロックにおいては、詩的なメロディ表現の、その徹底的に研ぎすまされたものとしての旋律群が、閃き、絡み合い、交錯する。楽音による表現は、繊細なる響きの空間的な広がりの中でミスト状に拡散して、ただ舞うように漂っている。それは、密度を高める方向へは向かわない。ゆったりとしたビートに誘われて、一瞬だけ交わることはあっても、決してどこかに集約してゆくことはない。全ては静かに渦巻き沸き立つような音の波の中に溶け込んで、消えてゆくのである。その穏やかなサウンドは、自然な音響となってアンビエンスからアンビエンスへと寄せては返す。

“Occur outside of the binary field EP”は、オーロラにとっての初のリリース作品となる。ここには、四人のメンバーがオーロラとして初のレコーディングに臨んだ全四曲が収録されている。いずれも現在のオーロラの音楽をバンドのサウンドのみで描ききることが試みられた大変な力作揃いである。その迫真のサウンドには、一瞬の緩みすら見受けられない。オーロラの音楽は、非常にタイトである。まるで、厳しい寒さとなるハバロフスクの冬にアムール川の川面の一面を覆い尽くす真っ白な分厚い氷のように。
作品のタイトルは、バイナリ・フィールドの外側での発生。つまり、コンピュータで処理できる領域の外側にそれはある。その外側とは、ヴァーチャルな世界でも観念や概念の世界でもない。それは、外側で発生する。自然の中で生起する音として。「世界は、世界の外そのものである」。音は外側の世界で生起し、音があるところは全て世界の外側となる。音には、内側も外側もない。音そのものにとって、世界は全て外側そのものであり内側でもあるのだから。そして、それは常にその外側のアンビエンスへと完全に開かれている。オーロラによって新たに生起された外側への音響の放出。それが、この“Occur outside of the binary field EP”となる。

1曲目は、“A fight finishes”。闘いの終わり。緩やかで穏やかなトーンのギターとともに滑り出すイントロ部。そのやや湿りがちで鬱屈が募るような流れを振り払うように、中盤からは軽やかなビートに導かれ、明瞭なるサウンドの世界が次々と開けてゆく。円やかで優しいギターのフレーズに、ささやかな粘稠の電子音が絡む。自由を抑圧する闘争の段階は終わり、全く新しい段階の生が眩い光の中で花開く。ほのかに輝きを放つ美しいオーロラが、柔らかにうねりながら夜空を彩る。何もなかった空間に音楽が生起し、そこからオーロラのポスト・ロックが放出される。5分。
2曲目は、“Bare feet in the clouds”。裸足で雲の上。ゆったりとしたビート、ふわふわと空間に漂うような緩やかなフレーズとアルペジオを奏でるツイン・ギターの絡み。中盤からは、徐々に演奏の熱量が高まってゆく。裸足で白い柔らかな雲の上に立ち、その感触を楽しみ、駆け回り、跳ね回り、転げ回る。静かにかすかに雷鳴のように轟くドラムス、天高く突き抜け光の矢となって四方八方に飛び散るギター。雲の中で浮遊感のある揺らめく音響がこだまする。そして、遊戯の時間は一旦終了し、あたりは先ほどまでの白い柔らかな一面の雲の海へと戻ってゆく。きっと、そこにまたいつか誰かが裸足で降り立つのであろう。天空世界の醒めたサイケデリア。夢現のサウンド。6分44秒。
3曲目は、“Bright lanterns flash”。明るく点滅する提灯。実にオーロラらしいポスト・ロックの詩的叙情性が炸裂する一曲である。美しいギターの調べが、ゆったりとした旋律を奏で、澄んだ光と闇のアトモスフィアを構築する。溜めるだけ溜めて力強くエモーショナルに音を放出するリズム・セクションも秀逸である。静かにランタンが揺れている、誰もいない夜に。風の音は聞こえない。ただ静かにランタンが揺れている。悲しげに明滅する灯り。寂しげに揺れる灯り。誰もいない夜に、ただ静かにランタンが揺れている。冷たい闇に消え入りそうな微かな灯火。揺れる灯り。それを吹き消そうとしてるのは誰か。誰もいない夜に、静かにランタンが揺れている。どうかその灯りを吹き消さないで。風よ、そのランタンを揺らさないで。静かな夜に、深い闇の前に明滅するランタンの灯り。寂しげに揺れて、悲しげに消え入る。7分14秒。
4曲目は、“Under the layer of north ices”。北国の氷の層の下に。冬期には、氷点下30度以下に冷え込むこともあるというハバロフスク。北の国の真っ白に凍てついた景色。大河アムール川も一面が氷に覆われる。分厚い氷が何層にも重なり合い、全てが氷に閉ざされてしまう。氷の層の下に閉じ込められたハバロフスク。北の国の冬は長い。暗く冷たく重苦しい季節。しかし、それでも分厚く冷たい氷の層の下で、アムール川は滔々と流れ続けている。氷に閉ざされていても、全てが止まってしまったわけではないのだ。微かなノイズの中をゆったりと滑り出すバンド・アンサンブル。轟音とともに力強く立ち上がろうと試みるが、最初は分厚い氷の層に阻まれる。再びゆっくりと時間をかけて立ち上がり、渦巻き逆巻くようなギターのサウンドに導かれて、氷の層を突き破って進んでゆく。オーロラは、ロシアの大地の上で力強くたくましくうねるアムール川の流れとなって、天と地の狭間を不死の竜の如く駆け続ける。7分37秒。

オーロラのデビューEPは、全四曲が全て5分を越える楽曲となっている。これは、この四人組が基本的に大作志向であることを明示しているようにも思える。今回は初のレコーディング作品ということで、その制作作業にもかなり手探りな部分があったのではなかろうか。最初は、何曲か試しに録音をしてデモ作品を制作する予定であったともいう。もしかすると、書き上げた楽曲を自分たちの思い通りに録音物として残すことだけで精一杯であったかも知れないが、何とかレコーディングを完了させた四曲をハバロフスクのStudio 1347においてリマスタリングし、12年9月にこのデビューEPを完成させた。おそらく、録音や制作の作業に慣れてくれば、より作品にオーロラというバンドの持ち味を色濃く表出させてゆけるようになってくるのではなかろうか。瞬発力や勢いや激情をスタジオで吐き出すだけでなんとかなるようなサウンド・スタイルのバンドではないだけに、今後のじっくりと時間をかけた熟成に期待したい部分は大いにある。
穏やかな起伏を伴いつつ進行するゆったりとしたビートは、決して先の展開を急ぐことがない。性急さの欠片もなく、じっくりと時間をかけて展開してゆくメロディ。オーロラの楽曲は、実に慎重に次に進むべき道を流れの中に引き出してきて、時に迂回や往復を繰り返しながら目的地を目指して歩んでゆく。四人のメンバーによる、非常によく練り込まれたコンポージングと楽曲の構成が、独特の音の世界を生み出しているのだ。それは、まさにオーロラのように決まった形/定形をもたずに常に揺れ動き続ける浮遊感を最大の特徴としている。オーロラのサウンドとは、静謐かつ柔軟なアンビエント的なものにしてアンビエンスへと向かって溢れ出し続けるものでもある。そして、そこに立ち現れる深い叙情性が、今後のバンドの成長とともにどれほどにスケールを大きく広げた味わい深い音世界を描き出してゆくことになるのかも実に楽しみである。

Liner notes by Masaru Ando
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
Radiomaniac: 1st Transmission EP
Radiomaniac: 1st Transmission EP Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 03:00
The Cell #4: Scorching Heat
The Cell #4: Scorching Heat Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/19 02:00
Vasteras: Made of Reeds
Vasteras: Made of Reeds Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 04:00
Neko Nine: Summer is you
Neko Nine: Summer is you Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/25 03:00
Mademoi Selle: Bipolar Disorder
Mademoi Selle: Bipolar Disorder Mizou mini netlabel proudly presents ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/25 02:00

トップへ | みんなの「Mizou」ブログ

溝! Mizouのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる